2018年12月02日

5年前の今日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
5年前の今日
小中学校の運営,早い話校長先生,を民間人から採用するちゅう,わいに言わしたら,暴挙をやった首長さんがおったなぁ。この首長さんは,何でもかんでも効率的にとか,行政の無駄を省くんやちゅうて,一時(いっとき)えらい人気やったなぁ。
行政の無駄を省く
いうようなお題目唱えたら,それ一般大衆に受けるわなぁ。一般論で考えたら,
行政の無駄を省く
ちゅうのんは,一か零かちゅう二元論でいうたら,そら絶対正しい主張やもんなぁ。
「あの首長さんは,あの手の猫だましほんまに得意やねん。」
ちゅうのが,わいの本音であんまし好きになれへんね。まぁ首長さんやるよなエライ先生やから,わいに好かれよが好かれよまいが,まぁ大きなお世話ちゅう様なところやろなぁ。
ただな,わいは
「教育ちゅうのんは,ある意味無駄も無かったらあかん。効率だけで考えたらようない。」
とも考えてるねん。
実はな,十日ほど前にやな,企業の研究所から大学の教授になって来はった人と話しする機会があったんや。その時その先生がや
「大学で教えていて,学生の反応の悪いのには失望します。後ろの席に座っている生徒の中には,寝ている子もいますし・・・。」
ちゅうてこぼしやったんや。いや,その先生のおっしゃってることは,『後ろの席に座っている生徒の中には,寝ている子もいますし・・・。』,ちゅう内容も含めて大体はただしいこというてはるんやが,一番根本のとこ学生は育てるものちゅう理解が,若干欠如してるなぁと思うたんや。大体や教育水準,理解力がそろてる筈の大学生でこんな具合やから,小中学校なんてもっとや
つまりや,教育ちゅうんは,寝てるよな子ぉが目ぇ覚まして聞くようなことをやらなあかん事もあるねん。それも一回ではだめな場合は何回もかけて根気ようや。そう考えると,ほんまに非効率や。教育はその非効率をやらなあかんちゃうやろか。そのことを忘れて,
「一般企業の効率主義を,小中学校に導入」
ちゅう様な暴挙は,ある意味亡国に繋がるんちゃうやろうかというのが,わいの理解や。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185112538
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック