2018年12月13日

寝過ごし救済バス

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の朝日新聞・天声人語氏の内容は面白かった。
師走のこの時期とも関連して、「終電に飛び乗ったのに眠りこけて、乗り越したり終着駅まで乗ってしまった。」話題を取り上げていた。その話題のきっかけは、東京八王子の西東京バスが、金曜日の夜に限って「寝過ごし救済バス」を走らせることになったことから。ちなみにこの爺は、若い頃にはあまり飲まなかったこととも関係してか、このような経験が一度もない。
さて深夜の救済バス、平均で30名程度の利用者があるらしいとはいえ、
「これでは儲けにはならないだろう!」
何ぞと、ついつい考える。そして
「そういやぁ、大阪吹田の千里では阪急バスが深夜バスをサービスしてたっけ?!」
と思い出した。もう十年も以上も昔のことで、今も続いているのか否かは不明。ただあのサービスは年末限定ではなかった。なにせ吹田千里地区はかつては「ニュータウン」と呼ばれた、俗にいう人工都市。深夜ともなれば、陸の孤島とは言わないまでも、結構不便をかこっていた。ただニュータウン建設後50年近くを経て住民も高齢化し、あの頃10年前はそれなりの需要があったのだろう。はてさて
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185190808
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック