2019年02月05日

統計資料

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
厚生労働省の統計収集作業に問題がありいや捏造に近いと、国会論戦が活発になっている。
この本題に入る前に、戦後間もないころのマッカーサーと吉田茂のやり取りが記載されていたので、まずこの場で紹介しておきたい。
マッカーサー:こんな統計資料では、日本への援助はできない。本当に杜撰だ。
吉田茂:我が国がきちんと統計を取っていたら、戦争には負けていないよ。
ブラックユーモアすぎるなぁ。

さて本題である。
色々な政策決定に必要な国の統計資料が杜撰ということで、野党が追及している。
早い話、雇用統計、物価統計、給与統計等々全く信用できないという。それでよくまぁ、「イザナミ景気」何ぞと言っておれるものだと、この爺だって癇に障ってならない。
当然野党は、責任あるお役人様の国会招致を要求。ただ担当者は、すでに責任を取って辞任している。ということで、与党は招致に反対。もはや部外者になった人に質問はできないというのである。
しかし虚心坦懐に考えるなら、
「それって不正隠しちゃうんか?」
と、疑念が沸く。
疑念はさておき、与党の圧倒的多数を背景に、何でもかんでも思いのままにというこういった態度は、民主主義の原則を全く無視するやり方で、この爺は合点がいかない。いやそれは今回に限ったことではなく、ここ数年の国会の決議のありかた、数を力という現政権の悪弊となっていて、非常に不愉快である。
マッカーサー、吉田茂の会話が、戦後70年以上もたった今日でも改善されていないようで、悲しい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185506047
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック