2019年02月21日

ハヤブサがんばれ!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
小惑星リュウグウに今日着陸予定だったハヤブサ2が、正午現在まだ下降を開始しないという気がかりな情報。なにせおおよそ30億キロの飛行を続けての後だけに、予期せぬ問題が起こっているのだろう。ちなみにリュウグウまでの距離は、3億キロだそうだから、信号を送ってから反応を受け取るまでおおよそ一時間かかる筈。せっかちなこの爺としては、いやせっかちでなくても、スイッチポンの後反応が戻って来るまでに小一時間なら、本当にイライラものだろう。昔の蛍光灯ランプは点灯までに数秒ほどかかるのが普通で、反応の悪い御仁を「蛍光灯」と揶揄したものである。今日なら立派なパワーハラスメントだろうが・・。いかにはるか離れたといっても、その蛍光灯の100倍以上も遅い反応だけに、大いにつらいものがある。それに今回夕方までに着陸できなければ、次の機会は3月4日以降というから、この爺のようなせっかちには務まらないきがする。それでもぜひ着陸を成功させて、お土産を持って帰ってくれるよう、応援はできる。報道によれば夏ごろまでに都合三回の着陸を行って、2020年には帰ってくるというから、気長に応援するしかあるまい。
5時間遅れで下降を開始したというニュースが入りました。シンガポール時刻午後12:30
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185589198
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック