2019年03月18日

国民の代表ちゃうで!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
東京新聞の記者さんと、官房長官の関係がますます悪うなっとる。
もう二年ほど前からかなぁ、結構鋭い質問しやるねん。これは皆知っとる通りや。ただ今の政権は、都合の悪い質問にはまともに答えよらん。記者の質問だけとちゃうで。国会の質疑応答にも、数に物言わせてちゅうたらええんかな、ともかくはぐらかしやるねん。国会の質疑応答はまぁ置いとくとして、新聞記者の質問にまともに答えへんちゅうのは、やっぱしあかんやろ。政権はマスコミ報道に叩かれることで、道を踏み外さんように、国の舵取りできるんや。
せやのにこの頃は
「国民の選挙で選ばれた国民の代表が、一般人の質問に答える必要がない!」
ちゅうような、無茶苦茶な論理を押し通すんやもん、ほんまにかなわんな。
それにしても甚だしい勘違いやで。
まず選挙で選ばれるちゅうことは、
「国民の代弁者になってもらいましょう。」
ちゅうことで、
「あんたのやりたいようにやってもらっていいよ。」
ちゅうわけや決してないで。政治家センセイの質が下がったちゅう話がよう出てくるけど、質が下がれば下がるほど、思いあがりがますますで、増長しまくりなんや。
ほんまに難儀なことになってるなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185728054
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック