2019年03月28日

臆病者アリス

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
臆病者のアリスのことである。
今朝出かけに作業していると、近寄って来て寝そべっていた。私の出かけるのがなんとなく分かるらしく、出かける前にしばらく相手をしろという意思表示である。
「仕事に行く準備が終わったら、遊んだるからちょっと待っといて!」
という私に、尻尾を振ってこたえている。
と、客用の寝室で大きな物音、多分風で何かが落ちたことに違いないのだが、その時のアリスのリアクションが興味深かった。
飛びはねて私の後ろに回り込み、その後けたたましく吠え立てた。
「アリスなんか落ちたんやでぇ。、見に行くから。そこまで怖がらんでも。」
と言いながら、立ち上がる私の前を客用の寝室向かって一目散に、相変わらず吠えながら走っていく。
果たして扇風機が、風のせいでお落っこちただけのこと。
「な、アリス。扇風機が落ちただけやんか。」
という私にようやく吠え立てるのを止めた。目が会う頃には、おなかに抱え込んでいた尻尾を盛んに振っている。
「お前ほんまに怖がりやなぁ。一人で留守番してるときどうしてんね?ずっとひやひやしてんのかぁ?」
と声をかけ、ふと浮かんだのはアリスの留守番に関しての疑問である。散歩中の突風や落ちてくる葉っぱにも驚くほどのアリスである。一人の留守番の間中、緊張しっぱなしなのに違いない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185777692
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック