2019年04月27日

エルニーニョ真最中

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
理解違いでないなら、現在エルニーニョの真最中の筈。
実際ここシンガポールでは、今年この時期、例年に比べて雨の日が少ない。
エルニーニョといえば、TRMM衛星が上がって二三年して、この付近の雷放電を解析したことがある。丁度インドネシアから博士課程に入学してきた学生がいて、東南アジアの雷活動を調べてもらうと、国に帰ってもあれこれできるだろうとの判断もあってのことである。話が前後するけれど、TRMM 衛星にはLISと呼ばれる雷放電のセンサー、降雨レーダ等が搭載されていたのである。
本来エルニーニョの頃には、ジャワ島からマレーシア半島辺りの降水が少なくなることは分かっていたので、当然雷活動も少ないだろうと予想していた。ところが雷放電の回数に限っていうなら、エルニーニョ期のほうが多いという結果が出た。だから何度か解析の点検を助言した。併せて、搭載されているレーダによる降水も調べてもらった。宇宙からの観測だけに、同じ地域を雨・雷放電と同時に観測できているので、こんな有り難いことはなかった。
ところがである、降水日の統計量は、エルニーニョ時期に矛盾しない「例年に比べ少ない」という結果が出た。
「降水日が少ないのに雷放電がかえって多い!」
雨も降らないのに雷活動家、まさか青天の霹靂でもあるまいしと大いに悩んだ。
留学生はとうとう
「搭載されている、装置がうまく較正できていないのでは?」
と疑いだす始末で、いやそれなら
「レーダーとLIS 統計解析ではなく事例ごとに比較してみよう。」
ということを思いつき、雲と雷放電の対応を降水雲(雷雲)毎丹念に比較したところ、
「降水雲の出現は確かに少ないし、そんなときには雷活動もあまり活発でない。ところが稀に雲頂の非常に高い積乱雲が出現、さらにその時の雷活動が半端じゃない。」
ということが明らかとなった。エルニーニョのこの時期この界隈では、降水日の総数は減るけれど、一度降り出すと非常に活発まさに「降れば土砂降り」状態であることが明らかとなった。ちなみにこの成果、電気系の研究者のエルニーニョに関して論文と自慢の種なのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185917814
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック