2019年04月29日

平成も後二日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
平成も今日を入れてあと二日。 
平成の30年間を振り返えるといった企画が、新聞やテレビで盛沢山なようだ。
野球狂・相撲狂のこの爺、平成の本塁打王は、平成の200勝投手は、何ぞといった統計には大いに興味がわく。まぁ相撲は、横綱白鵬の一人勝ちだろうから、見るまでもないだろう。
先日ネット新聞で見た企画では、
「平成年間の最高視聴率番組は?」
何ぞというのもあった。ちなみにその記事では、
「半沢直樹」
が一位だった。実際この爺も視聴率に貢献した一人。原作本も買って読んだほどである。
平成年間の自然災害に関しては、あれこれ考えさせられる。島原普賢岳の火砕流(1991年6月)に始まり、二日を残して北海道胆振地方の大地震(2018年9月)まで、本当に多かったとの報道もある。政治が乱れると自然災害が多発するとの迷信(?)もあるが、真偽のほどは定かでない。
多分ここ二日の間に、平成の十大ニュースなんてのもあるのだろう。
翻って、爺自身のことながら、平成元年(1989)年に名古屋大学から大阪大学に転任して、平成25年に定年退職したのだから、大阪大学教員として平成年間を過ごしたということになる。
それに在任中の2000年12月に教授昇進したので、面白がって
「前世紀最後の国立大学教授」
と言ったりしていた。昇進の日は確か海外出張していて、辞令を頂いたのが数日遅れ、正式な日付はともかくとして、辞令受領は大阪大学では一番最後、形式的には20世紀最後の阪大教授となった次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185926106
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック