2019年05月21日

プールの事故

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
インターネット版の新聞で、
「プールでの飛び込み事故」
の記事を読んだ。飛び込みは禁止されているらしいが、それでも飛び込んでプールの底に激突、脊髄を損傷という記事である。記事に出ていたのは随分と前の事故とその当事者ながら、この種の事故は今日でも後を絶たないらしい。そしてこの爺にも、58年も昔の苦い思い出がある。思い出があるというよりは、正確にはこの記事を読んで思い出がよみがえったのである。
この爺の育ったのは大阪府南部の田舎都市で、中学校に入るまでプールなんぞというハイカラなものはなかった。だから夏ともなれば、池や川で泳いだものである。それが中学2年だったか3年だったかの夏に、通っている中学校の向かい辺りに市営プールができた。そもそも池や川で泳ぐことは禁止されていたのだが、子供達はそんなことにはお構いなしで遊んだものだ。ただプールの開設と同時に、中学校の教師の締め付けが一層厳しくなり、我々悪童たちは炎天下を30分ほど歩いてプールに出かけることを余儀なくされた。
その最初の日、私はプールの底に激突したんこぶを作った。ただ泳ぐための飛び込みで比較的鋭角で飛び込んだことも幸いし、脊髄損傷といった事態には至らなかった。
このことを思い出したのと同時に、脊髄を損傷するほどどうして強く激突するのだろうと、いささか不思議にも思った次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186026071
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック