2019年05月24日

まことに小さな国が 2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
江戸時代250年間我が国は鎖国をしていた。
この鎖国に関しては、あれこれ批判もある反面、独特の文化を熟成できたと私は考えている。。例えば江戸の町の識字率、世界に類を見ないほど高かったと聞く。
国を閉ざして見分を海外に広めない代わりに、高い教育水準を達成していたのである。
そんな国民が、維新を経て「四民平等」を告げられたのだから、多くの若者達が坂の上の雲を目指したに違いない。そして国是を、「良い国、強い国造り」としたのだから、贔屓の引き倒しでなく、奇跡的な成長を成し遂げ得たのではなかろうか。ただその成長が今度は仇となり、国を滅ぼしてしまうような戦争を世界を相手にしたのだが、それは今回の主題ではない。主題はなぜ我が国は植民地にならなかったという点。
江戸の高い教育水準に加え、欧米列強に見習って、弱い国を踏み台にしたことも大きかろう。具体的には日清、日露の両戦争を経て、大陸に居留地を作り、半島を併合した。これで欧米列強は、我が国にちょっかいを懸けなくなった。加えて明治維新の頃のアメリカ合衆国は、南北戦争を終えたばかりで、自国の運営に重きを置かねばならぬ状態だったことも大きかろうとおもう。早い話、いろいろな要因があって、我が国は明治維新ののち植民地化されずに済んだのである。僥倖というべきか、それが仇で国がなくなる寸前まで行ってしまったというべきか。というのも、今日の我が国確かに経済的には恵まれてはいるけれど、ついつい本当にこれでいいのかと、考えさせられることが多いからである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186039367
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック