2019年05月31日

豚肉じゃないと思えば?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「豚肉じゃないと思えば?」
と、モスリムに告げたというインターネット版の記事をよんだ。そして
「モスリムのことを、知らなさ過ぎた!」
という自己反省の分析も記載されていた。
これはとある日本の会社で、同僚にモスリムがいて食事時だろうか、ふと口をついて出た言葉なのだろうと、推測している。確かに、モスリムに豚肉を食べるよう強要するのは、明らかに間違った行動だろうと確信する。豚肉の摂取を禁止する文言が、彼らのコーランにあることも事実で、子供の頃からそのように教えられてきているので、豚肉に対しては乗り越えがたい障壁のあるのは事実だろう。
それでもとこの爺は考える。
豚肉を受け付けないのは、結構精神的なものであろう。実際わが国でも、明治維新の頃には牛肉を食する英米人を見て気持ち悪がったという話を聞く。それとモスリムの豚肉に対する障壁を同一視はできないけれど、一方モスリムの言う豚肉は体に悪いという論理は全くなりたたない。だから彼らも、豚肉に対する偏見を捨てることができたらよいのになぁと、この爺は考えている。というのも、かつてある晩さん会に招待されたモスリムの友人が、何も考えず飲み込んだという話を聞かされたことがあり、
「気持ちは悪かったけど、病気にはならなかった!」
と、付け加えていたから。宗教上のこういった禁忌は、論理的には無意味に違いない。ついでに言うと、ヒンズーの、牛肉だって・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186071897
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック