2019年06月08日

100m 9.97秒

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今朝飛び込んできたニュース。
「サニーブラウンが、100mで9.97秒の日本新記録」
いずれ出るだろうとは考えていたけれど、意外と早かった
アメリカ・フロリダに拠点を移して2年目、全米大学選手権決勝での記録。東京オリンピック2020年に備え、国をあげてメダル獲得のための支援があってのことだろう。
2020年のことはさておき、この爺が高校1年生だった1964年の東京オリンピック、あの頃は陸上競技でメダル獲得なんて、素人目にはとても考えられなかった。とはいえ後にプロ野球に代走の専門家として入団することになる飯島選手がいて、少しは期待もしていたけれど、準決勝どまりではなかったろうか。そして飯島選手の師匠が第二次大戦前「暁の超特急」と呼ばれた吉岡隆徳で、ベルリン大会ではメダルをと期待されていたとも聞く。以来一世紀近くを経て、ようやく我が国の単距離走も、世界レベルとはいかないまでも、届きそうな雰囲気が出てきた気がする。そのきっかけが数年前の桐生選手、サニーブラウンには抜かれたけれど、日本人として初めて9秒台を出した選手。ほかにも数名有力選手がいて、だから互いにっ切磋琢磨して全体的なレベルが上がっていくに違いない。しばらくは楽しめそうである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186110512
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック