2019年06月26日

聖なる牛を

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
インド系シンガポール人と、ひょんなことから親しくなった。
この国で圧倒的に多いのが中華系シンガポール人で、マレー系、インド系はそれぞれおおよそ10%程度だろうから、今までインド系の方と親しくなる機会の少なかったのは、止むを得ないところだろう。
さて今日の話である。
食べ物の話をしているうちに、その彼から
「私は、牛肉を食べる。うまいと思う。」
といった言葉が飛び出した。インド系といえばヒンドゥーで、牛は聖なる動物、口にすることはないと信じていただけに少し驚いた。そんな私の顔を覗き込むようにしながら
「むやみやたらと殺すわけではなし、おいしいものはおいしんだ。」
と言ってから、
「イスラムの人は豚肉は食べないけど、彼らのあの態度とヒンドゥーのは違うんだ。」
と若干言い訳めいたつけ足しである。
「あなたのように平気で牛肉を食べる知り合いはいるのか?」
の私の問いには、少し考えて
「あまりいないねぇ。でも何人かは知っている。」
との答え、そして
「イスラム教も、変わらなくては。豚肉を食べない論理がないもの。」
と若干過激な結論を主張していた。ちなにこの彼、当然ヒンドゥー教の信者だそうである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186189527
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック