2019年07月20日

京都アニメーション事件

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
京都アニメーション、放火されて34名が犠牲となり、33名が重症。
ガソリンをまいての放火で、一瞬のうちに火が回っての大惨事である。
多数の死者が出たのは、一酸化中毒らしいと報道にある。
そしてネット新聞の記事では
「立ち上がってきた一酸化炭素を吸い込んだ。31名が折り重なるように倒れていた。」
とあった。
あまり良いたとえ話ではないけれど、かつて昭和の中頃までは、都市ガスによる中毒が事故や自死を併せて、それなりに沢山あった。そして一酸化ガスは空気より軽いという話が報道されていて、よく知られていた。
その後都市ガスの主成分が天然ガスとなり、随分と一酸化炭素中毒死が少なくなったというのが私の理解で、近年では
「一酸化炭素は、空気より軽い。」
といった常識が、常識でなくなってしまっていたようだ。
話題を、放火事件に戻す。
それにしても34名の死者、大量の殺戮でまさにテロ行為。その背景は現時点では明らかにされていないけれど、日本の誇る「アニメーション」が大被害で、国家的損失という記事まである。げんに諸外国からもメッセージがあれこれ届いているようだし、アップル社のCEOでさえツイッターに追悼文をあげている。あとはアメリカ合衆国西洋花札大統領の反応を知りたいものである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186300011
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック