2019年09月25日

ヘイズ禍

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ヘイズの日が続いている。
新聞やテレビによれば、最近三年間で最もひどいらしい。確かに、もう何日も青い空を見ていない気がする。マレイシアやインドネシアの焼き畑農業が原因なのだが、両国が互いに責任をなすりつけあっているとも聞く。ネット新聞によれば、インドネシアでは乳幼児に死者まで出ているというからすざましい。
「焼き畑農業」という言葉を初めて知ったのは、中学校の地理の授業だったろうか?あの頃は決して否定的なイメージではなく、開発途上国の手段と、むしろ肯定的に教えられた。だから1995年、豪州ダーウィンで雷観測を実施した時、ジャングルが燃えているのを見て、ある意味感激したものである。ちなみにブラジルの熱帯雨林の火災も、同様に問題となっている。
昨日このブログで、近所の小学生の意識の高さを紹介したけれど、いやはや雲泥の差である。教育効果といってしまえばそれまでだが、結構高い教育を受けている筈の、ドナルド・トランプ大統領の例もある。さらにはそれに忖度する、我が国首相の例もある。大人達は、まだまだ大丈夫何ぞと、高をくくっているのだろうか?悲しい現実である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186600965
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック