2019年11月08日

酔わない梅酒

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今週初めクアラルンプールに出張した。
今回は、しばらくぶりの一人旅である。
考えてみれば、シンガポール・クアラルンプール間は、300km程度だから、目と鼻の先。航空機で一時間足らず。自動車なら三時間あまり乍ら、クアラルンプール市内の朝夕の渋滞は半端ない。だからというわけでもないが、今回は航空機での移動である。
さてその航空機、後ろの座席の二人連れから、懐かしい大阪弁が聞こえてくる。
早い話、日本人らしい。話の内容は聞いても全く頓珍漢で、わかる筈もなく、やがて眠りに落ちた。そして気が付けば、着陸態勢である。
その二人と、イミグレーションで一緒になった。聞けば酔わない梅酒の販売元だの駐在員だそうな。
「モスリムの国やし、梅酒売れるかいな?」
との問いには
「中華系もいますし。それに免税店では結構売れるんです。」
との答え。二人連れの内の一人はシンガポール滞在10年というから、この爺より長い。もう一人は、着任後で、中国は上海からのスライドとおっしゃる。上海でも酔わない梅酒も、酔う梅酒も売れているんだろうな。
ちなみにこの会社、本社が大阪府の河内界隈で、工場が和歌山や三重にあるという。
通関後この爺はタクシー乗り場へと向かい、彼らは免税店で市場調査(?)と相成った。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186780695
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック