2019年11月15日

大学入試共通テスト 5

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
義務教育の期間に身に着けておくべき、会話力、文章力、高校卒業時点で身についている筈の、会話力、文章力、さらには大学卒業時点での、会話力、文章力、だれが標準を決めるかはともかく、それぞれ年齢相応であるべきなんだろう。
こう考えだすと、大学の教養課程廃止が、今更ながら歯痒くなってくる。
欧米のやり方を礼賛つもりは毛頭ないけれど、彼らの大学教育の場合リベラルアーツの上に立っての専門教育を行っているので、俗にいう専門馬鹿を輩出してはいないための配慮はなされている。欧米から大学教育のありかたを輸入し、第二次大戦の敗戦を経て大学教育の見直しを行ったとき、我が国は欧米のリベラルアーツ教育を、大学教養課程として取り入れた。一方、大学人が評価されるのは、研究成果があってのことで、教養課程の教育はついつい疎んじられる傾向にあったのは、否めない。それが戦後40年ほどを経て、高度成長が陰りを見せ、その責任の一端を大学が背負わされた時、こともあろうに大学人達は
「教養課程なんぞ必要ない。高校から大学に入ってきてすぐにでも専門教育をする。まさに鉄は熱いうちにうてである。」
なんぞと結論した。いやこういった暴挙に反論する大学人もいたけれど、大勢はいかんとも代え難かったのである。だから大学卒業生に会話力や文章力がないと短絡的には結論できないとはいえ、一方で日本の大学ではこういった教育をまともにやってこなかったことも事実なのである。(この稿続く)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186806488
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック