2020年01月06日

新年の高揚感

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本にいる友人が、明日から講義と知らせてきた。新年早々ご苦労様である。
一昔前なら、正月明けの講義再開は1月8日からと決まっていたし、帰省やスキー旅行やらで、現実には10日を過ぎないと、学生の多くは登校してこなかった。正月休みの後の講義再開日が早くなる流れは、セメスター制が確立され、半期15週間の講義日程の確保の重要性が、私学や国立の差なく意識されるようになったこととも深く関係しているように私は考えている。加えて正月休みが、かつてのように絶対的なものではなくなり、休みの取り方も多様化してきたことも要因だろう。先日書いたような、正月を迎えての高揚感が、少しずつではあるが減ってきているからかもしれない。大仰に表現するなら、趣味・娯楽の多様化が、正月を特別なものと考えなくなったから、とでもなるのだろう。
ところでここシンガポールの旧正月、公式的な休暇は日本同様三が日ながら、現地の人の言によれば、15日間が正月祝いの期間だそうである。さらにはマレー系のシンガポール人なら、モスリムの正月ハリラヤは、一か月近く高揚感を持ち続けているという。極めつけは、フィリピン人に対するクリスマスは、月の名にerのつく、9月から12月までというから4か月の高揚感なのだそうである。
ちなみに私の高揚感は、6日の今日もまだかすかに残っている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187000663
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック