2020年01月09日

イラン・米国小競り合い

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
イランが、イラクの米軍駐留基地を攻撃。
ソレイマニという名の、国民的英雄といわれる司令官の、米国による殺害事件を受けての報復だそうな。一部の過激な報道では、「すわ第三次世界大戦か?」なんぞと書き立てるマスコミ報道もあるようながら、当事者のアメリカ合衆国、というよりトランプ大統領自身は、戦争の拡大を望んでいないそうなのである。
「それならなぜ、相手国の司令長官を、おまけに真の意味での戦闘状態にあったというわけでもないのに、暗殺に近いやり方での殺人をしたのだ。
と問い質したい。僻んで言うつもりはないが、白色人種の我々有色人種への対応は、毎度かくのごとくで、はらわたの煮えくり返る気がする。つまり有色人種の命を奪っても、毛ほども心が痛まない様である。とはいえイラン側も全面戦争にまでしたくないのは当然で、米軍の駐留基地の何ヶ所かに報復のミサイルを撃ち込んだだけで、現時点では様子見といったところだろうか。
トランプ大統領は、アメリカ合衆国を分断させる形で当選した。アメリカファーストなんぞと題目を唱え、国民を内向きにすることでの当選であったのだろう。そして今度は、もう一期の当選を狙って、イランにちょっかいを出し、強い大統領であることをしめしたいのだ。こうなると大統領選に当選するための司令長官殺害で、いつもの持論ながら、理念があって大統領に再選されたいのではなく、再選されるためにはどう振舞えばいいのかということにしか意識がないと理解するのは、天邪鬼のこの爺だけだろうか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187013008
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック