2020年01月25日

思い出話 10

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
夏休みに入るころから、同級生達は大学受験を意識するようになったのだろう、クラスの雰囲気が2年生の夏休みとは全く変わっていた。私といえば、大学受験を真剣に考えることが難しく、受験という意味では、まったくしまりのない夏休みを過ごしていた。それにそのころには目の検診は一か月に一度となっていたし、モータバイクに乗っての、プロパンガスの配達を手伝うようになっていた。だから育ててもらっている家の商売の手伝いが、夏休みの日課であったというのが正直なところである。
母の従弟のHちゃんは、神戸にある「お坊ちゃま大学」に入学し、毎日片道二時間半をかけて通っていたので、我々との関わり合いは、あの頃には減っていた。向かいのY君と隣村のR君はさすがに大学受験を意識してだろう、これまた頻繁には顔を見せなくなった。一人私だけが、ある意味高校三年生の夏休みの目標もなくなってはいたが、彼らの立場を慮って、意味もなく訪ねていくことは、少なくなっていた。
そんなわけで私の高校三年生は、高校としての充実感はなく、今でいうフリーターのごときであったのかも知れない。ただ読書だけは目に負担をかけない程度にというお墨付きをもらって、結構楽しんだ。夏目や芥川を読み漁り、下村湖人の次郎物語を読破したのもあの頃だったろう。三島由紀夫にも手を伸ばし、早朝の読書を続けていた。そして心の中では、「高校三年は留年して、来年もう一度高校三年生をやろう!」と考えていた。そう考えるとこの闘病も気楽に考えることができるようになった。とはいえ早寝早起きをしての、早朝読書、英会話の練習だけは続けていたのは言うまでもない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187078841
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック