2020年02月15日

思い出話 24

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日が代っての午前一時前、私は家に帰った。
田舎だけに、戸締りなんぞはしておらず、座敷の戸も開け放しておいたので、横になっても十分涼しかった。蚊取り線香の煙がゆらゆら薄明かりの中に見え、江州音頭は、かすかに聞こえていたが、眠りを妨げられることもなく、急激に記憶が薄れていった。
習慣とは不思議なもので、午前四時には目が覚めた。さすがに初日だけに、盆踊りの囃子はもう完全に止んでいた。三時間足らずの睡眠だったけれど、私の目覚めはすっきりしていた。それでも水道を思いっきり開け、顔をじゃぶじゃぶと洗った。朝の二時間半、私は大切にしたかったのである。五時を過ぎると東の空が明るくなり始め、またまた暑い日の来ることを予感させていた。私はその午後、相も変わらず忙しく過ごした。プールに行って泳ぎたいなとも考えたけれど、暇がないうえおばぁさんから
「善一郎、お盆に泳いだら足引っ張られて溺れるでぇ!」
と諭され、でも
「誰が足引っ張るねん?」
との問いには、答えが返ってこなかった。
その日、Y 君と私はやはり浴衣を着て踊り場に行った。しばらくは踊りの輪を見ていたけれど、輪の中にはその人はいないし、Y君から
「今日は、踊ってないなぁ。」
と念を押され、
「今日はけぇへんちゅうてたでぇ!」
と答えると、
「ほな今日は帰ろよ。」
と誘われ、早めの帰宅となった。帰り際Y君は
「明日会社の人と出かけるんで、盆踊り付き合えへんでぇ。また17夜一緒に行くわ。」
と告げられた。私は勝手に、女の子とどっかに行くんだろうなと想像していた。
翌16日は、さすがにお盆里帰りの最終日だけに、ガス配達の注文はあまりなかった。それでも夕暮れてから一二軒は有ったように記憶しているのは、江州音頭を聞きながら配達したことを覚えているからである。
私は夕食後は、自宅に行って浴衣に着替え、踊り場に行こうかどうかを迷っていた。彼女は今日の予定を何も教えてくれていなかったので、行っても会えるかどうかをも分からないし、相棒のY君のいないことも、決断を鈍らせている一因であった。
私は決断できないまま、それでも江州音頭を聞きながら、縁側に一時間ばかり座っていた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187161117
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック