2020年02月25日

思い出話 33

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
この歳になってしみじみ考えることがある。
私のあの時の恋愛感情は、いったい何だったんだろう?
年上の女性の掌で、右往左往していただけだろうという人もいようが、初心な高校生の私が、弄ばれたわけではなかったと信じている。
一方あの頃、年長のその人に夢中になっていたことで、「得」(というと不謹慎ながら)をしたことがある。それは岸高で、やけにもてるようになったことである。留年して全員が私より、年少となったこととも関係があったのかもしれないが、放課後帰ろうとすると、下級生の女子が教室に入って来て、化学やら数学やらを教えろとせがんだものである。ただ私は一向に、そういう下級生達に興味を持てなかったのは事実で、結果的には「得」をしたわけではないのである。
「年長の彼女に夢中で、周りの女の子たちに無関心だった、少なくとも無関心だと皆には思えたからだったんだろう。」
とは、後になっての自己分析である。
年が明けての朝の出会いは、三学期の始業式の日であった。例によって南海貝塚駅までの短い間ながら、
「今年は大学の入学試験やね。まさか東大ちゃうやろうね。」
と尋ねられ、
「地元の国立大学を受験するつもり。」
「合格するといいね。」
「箕面に親類、亡くなった母親の従姉の家があるので、受験の日には泊めて貰う予定なんやけど。試験は二日間やから、前の日から行って三泊するのかなぁ?」
「ふうんそうなん!通うんやったら途中まで一緒かなぁなんて考えてたのに。」
と話が進んだときは、少し気分が高揚し
「通えないこともないし、そんなら毎日通ってみようかな。」
といった考えが、頭をよぎった。
「となると、水鉄電車始発やなぁ。」
と思案していたら、
「私と一緒やったら、集中でけへんやろうから、やはり泊めてもらいなさい。」
の一言で、この件は沙汰止みとなった。
南海貝塚駅のホームを急いで歩きながら、その人は本当にさらりと
「入学試験の前に、もう一度デートしよう。」
といったので、私は驚いて彼女の顔をまじまじと見つめた。
「難波に出て来れる日を作ってよ!」
と言い残して、その人は急行に乗り込んだ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187198149
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック