2020年06月24日

思い出話 88

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
三日前の夏至の日、日本では日食があったそうだ。
日食といえば、1958年4月19日小学校の校庭で、日食の観測をしたっけ。
当時私は、小学四年生だった。私の記憶に残る最初の日食である。


卒業研究が本格化して、研究室にいる時間がさらに長くなった。
ただGM 君は、大学院入学試験が終わると
「善さん、僕10月からは泉佐野から通うんで、下宿引き払うわ。」
と、あっさり下宿生活を止めしまい、私達は午後9時頃に研究室を後にすることが多くなった。
泉佐野まで帰るには、それより遅く研究室を出ると、南海電車の最終の急行に間に合わなくなるからである。そして私は彼と別れて、下宿の部屋に戻るのであった。
余談ながら一二か月前に紹介した、二年前に北陸旅行で知り合った関東の女の子が、大阪を訪ねてきたのがこの頃だった。
私は、その人からの葉書を気にしながらも、さらに一か月以上が過ぎた。
11月の声を聞く頃には、GM君は大型計算センターに入りびたりとなった。GM君を直接指導していた博士課程学生の、今は鬼籍に入られてしまったOMさんが、変分法という数値計算で、光ファイバーの伝送特性を解析するという研究をしており、GM君は数値計算の実施を指示されていたのである。あの頃は大型計算機万能の時代で、同じ研究室に属する4年生8名の内、6名が大型計算機センター通いをしていたと記憶している。
私はといえば、午前中には電磁理論の英語の教科書を読み、午後は指示された計算式の理解に七転八倒していた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187629303
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック