2020年06月29日

思い出話 93

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
卒業研究のために配属された、研究室での思い出をつづっている。
大学四年生、1972年の秋から1973年春先までのことをあれこれと思い出している。
工学部電気系の研究室なのに、博士課程の先輩7人の内、5人までが相対論的な電磁界理論に関わっているという、大いにユニークな研究室であった。かくいう私もそんな先輩達にあこがれ、いっぱしの理論研究志向だったから、今から考えるとお恥ずかしい限りである。ただあの頃は純粋だったうえ、怖いもの知らずであった。
ファインマンの力学を読んでいた日、
「あれ、重力だって伝搬するんだろうか?」
と不思議に思い、声を出して質問、というより自問に近い形で口走ったら
「善さん、それが重力波なんや!」
と、何人から異口同音に答えが返ってきて、
「東北大学の、千葉先生がウエーバーの追実験やってるんやで!」
と教えてくれた。
一年後の秋、電気学会の電磁界理論研究会でその千葉先生にお会いする機会があったけれど、東北弁訛りがきつくどちらか言うとおとなしい御仁で、なんだかうだつの上がらない先生だなぁというのが第一印象であった。
話は変わるが、相対論的電磁回路論に関しての研究は、私が大学院に入学する頃から下火になり、直接指導してくれていたTKさんからも
「善さん、博士課程まで進学する気やったら、長くできるテーマ考えた方がええで!」
と助言された。
電磁界理論の枠組みの中、何をやればという模索が修士課程に進学して始まった。
TKさんからは
「善さん計算力あるし、四年の卒研の経験が生かせるんがええやろ。相対論ちゅうても、境界値問題解いただけやしなぁ。弾性表面はなんかどうかなぁ?」
とも助言を受けた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187646274
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック