2020年07月01日

10年前の今日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
10年前の今日
思い起こせば、フロリダ大学に短期留学していた愛弟子のYS君に会いに行ったんだ。
速いもので、もうあれから10年か!

成田を飛び立てばシカゴ・オヘア空港まではおおよそ11時間。
インターネット万能ともいえるこの時代に,機内に11時間も閉じ込められるというのは,如何にもそぐわない。
実際,成田空港でフロリダに居るYS君から,
「天候次第では,ジャクソンビル空港には行けないかもしれません!」
とメールが入り,実時間に近い形で
「レンタカーで宿泊先のホテルまでは車を転がして行くよ!」
と返事をしているのだから,その後に長旅を強いられるというのでつい愚痴が先に立った。とはいえシカゴや最終目的地のフロリダは,日本から見ればほぼ裏側に位置するだけに,物理的に移動するには長時間の旅も止むを得ないのは判っている。
何度か申し上げている様な気もするけれど,私は海外出張の長旅では機内でひたすら眠る様に努めている。機内食もあまり頂かず,キャビンアテンダントには,
「起こさないで!」
のお願いをしておくのが常。
ただ昨日は成田空港での乗り継ぎ時間が短い事もあって,搭乗前に胃袋を満たしておく時間が無く,
「今回は信念を少し曲げ,先ずは少々(?)のアルコールと機内食を!」
と腹ごしらえは機内でという事に相成った。
とはいえ習い性とでもいおうか,機内食を頂いているうちに前後不覚となり,気がつけば機内は暗くなっており,見ていた筈の機内映画は既に終わっていて,エンジン音が耳の奥に鳴り響いているといった具合。
キャビンアテンダントに確かめると,
「シカゴまでの行程の,おおよそ半分を飛びました。」
とのこと。そして引き続けての
「おやすみでしたから,デザートはお配りできませんでした。何か召しあがりますか?」
との問いに,それならウイスキーの水割りと何か果物をとお願いした。
さらに5時間近くは眠らねばならないから・・・。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187653870
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック