2020年07月08日

大雨続く 2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本の大雨が続いている。
今朝のインターネット新聞では、大分県豊後三大温泉や岐阜県の飛騨川や下呂温泉の大雨による被害が報じられている。梅雨だから長雨と言ってしまえばそれまでながら、一週間以上も雨天の日が続いているという。一方、新型コロナの感染拡大も、東京の友人に言わせると
「確実に第二波が来ていますよ。」
ということだ。かくいう我が大阪もここ数日感染者数が二桁に届いたりしてるようだ。
我が国首相は
「新型コロナとの戦いに勝利して!」
なんぞと威勢の良い姿勢ながら、所詮勝利なんぞとはおこがましく、多くの研究者が言っているように、共存以外の道はないのだろうと、科学者のはしくれとして考えている。
おや、梅雨の大雨の話をしていたつもりが、いつの間にやら話題が変わってしまった。
そもそも言いたかったのは、大雨被害の避難から、俗にいう三蜜は避けられないだろうから、またぞろ感染者数が増加しないようにと言いたかったつもりなのである。
話を元に戻すなら、梅雨の大雨にしても台風の大雨にしても、半端なく限られた地域に降ることが多くなっているようではないだろうか?そしてその主たる要因が、気圧配置に因っているのだとしたら、昔と今日の天気図に、顕著な差が見て取れるのだろうか。専門家のセンセイ方なら
「そんなことは、とっくに確認済み!」
との返事も帰ってきそうながら、素人ながらに比べてみたい気もしている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187676469
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック