2020年07月25日

アリスの受難

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
夕方、愛犬のアリスを連れて散歩に出た。
日中には大雨だったので、パシリス公園までの散歩は諦め、隣のコンドミニアムのまわりを周回する散歩にした。
一周だといささか物足りなく、二周すると結構汗ばんでくる。
ただ夕方の時間帯は、皆さま御同様で犬を連れての散歩が多い。
そして我がアリスは、極めて社会性の低いお犬様で、他のお犬様に会おうでもしたなら、文字通り尻尾を巻いて逃げ出してしまう。
今日も小型のコリー犬に出くわし、果たして回れ右をしてもと来た道を戻ろうとする。コリー犬は、当然ながらかさにかかって吠えたてている。
あまり吠えたてるので、いささか癪にさわってしまい、大人げないと思いつつも、私はそのコリー犬に向かって、大声で
「ワゥー!」
と言ってやったら、一瞬ひるんで静かになった。
それでもアリスは尻尾を巻いたままである。
「ほうらな、アリス。あの犬も怖がっとるやないか。君も負けずにワンいうたれ!」
とはっぱをかけてやったが、全く態度は変わらない。一方コリー犬、しばらくひるんではいたが、またほえたて始めた。
と、コリー犬のリードを持った飼い主の方が、眼で合図を送ってきた。
「お互いしっかりリードを持って、すれ違いましょう。」
我が方はしっかり持とうが持つまいが、コリー犬を攻撃する筈もないが、判りましたの合図を送れば、先方はリードを極端に短くしてこちらに進みだし、小径ながら両側に分かれてのすれ違いとなった。その間もそのコリー犬威勢良く吠えたて、アリスはといえば金縛りにあったごときの意気消沈ぶりであったのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187730628
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック