2020年07月28日

梅雨末期

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
天気図で見る限り、日本の梅雨明けは近そうな感じである。
ただ天気予報だと、ここ数日はまだ大雨に注意とある。
梅雨末期の豪雨は、もうたくさんと言いたいところである。
そしてこれまでに河川の氾濫で被害を被った地方は
「もういい加減に止んで欲しい!」
というのが本音だろう。
とはいえ、自然は意地悪で、平気に弱り目に祟り目を強いてくる。
ところで、私の生まれ育った大阪府南部の泉州地域は、自然災害には無縁とは言わないまでも、あまり大きな災害を被らない。私の知る限り、昭和36年(1961年)9月の第二室戸台風以後、大きな災害は知らない。二年ほど前だったっけ、関西空港橋に船がぶつかって大きな被害を出した時も、故郷の町内では停電が二日で復旧したと聞いた。大阪府の南部は、和泉山脈、金剛山脈、生駒山脈で囲まれていて、おまけに支脈が市毎の谷を形作っていることも、雨や風等の災害に強い一因となっている。加えて活断層もあるにはあるが、地震被害にもあまり遭わない。これは奈良県大和盆地も同様で、大和政権が誕生したのと無縁で無いような気がしている。こんなことを考えながら、故郷の夏を思い出している。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187744039
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック