2020年08月09日

長崎原爆忌

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
長崎原爆忌かつシンガポール建国記念日
今日は長崎で追悼式典、原爆投下は75年前の午前11時2分に投下された。
天声人語氏によれば、アメリカ合衆国はその威力を明らかにするため、それまでに空爆をあまり行っていない都市を選んだという。これはよく知られていることだろうが、当日は北九州小倉が標的だったそうだが、曇天のため目標を急遽長崎に変えたという。このことはアメリカ合衆国公文書館で確認できるそうだから、かの国の残虐性にいらっとしながらも、そんな文書すら残しておくという姿勢に、敬意も感じてならない。これが我が国なら、都合の悪い文書はすべて破棄あるいは改ざん、いや最近は議事録さえ残そうとしない姿勢まである。
それにしても、曇天で投下すべき場所が見ええないからという理由で、原爆被害に遭った長崎の武子の民七万余、人間の営みはある意味残忍でさえある。それも長崎が投下候補地の一つに加えられたのが、七月下旬だったというから、気紛れなお天気に翻弄されたというべきだろうか。そしてそんな原爆投下を
「戦争終結を早めるために必要だった!」
と信じているアメリカ合衆国国民の多いこと。
この議論をすると、米国の友人は、
「日本はだまし討ちに近い形で真珠湾を攻撃した!」
といらだつけれど、あれで犠牲になった人の大多数は軍人の筈である。一方広島や長崎の犠牲者の大多数は、一般市民なのだから、同列に論じることなどできはしないのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187787876
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック