2020年08月26日

アリスとベッドシェアリング

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
フェースブックで、
「お宅の飼い犬は、御家族のベッドで一緒に寝ますか,それとも床の上で寝ますか?」
といった問いかけを見つけた。
実のところ我が家のアリスは、私のベッドで睡眠をとるのが、習慣である。
一昨年ブリーダーから買い求めた夕刻、かごに入れてベッドサイドにおいて寝転がったら
「クーン、クーン!」
と甘えた声を出すので、私自身の子供の頃の飼い犬のことを思い出し、ベッドに入れてあげたら、すやすやと眠った。それ以来の習慣である。当初はお漏らしをしたこともあったけれど、半年もすればそんな失敗もしなくなり、安心してッドシャアリングをしている。
人間的にいうなら、アリスはねごい犬で、夜10時を過ぎると、爺のこの目をじっと見つめてベッドに行きたがる。だからといって、自分だけで寝室に入るのは嫌なようで、一匹だけにしておくと吠えたてて、ベッドルームから不満げに出てくる。ということで12時近くまでは、爺のスタディルームでまどろんでいることが多く、真夜中を過ぎたら家人とアリス、三人で床に就く。眠りにつくまでは、アリスはベッドの長手方向とは垂直に、体をいっぱいに伸ばして寝そべるので、人間と犬とでアルファベットのHを構成、人間様より広い場所を占有する。ただ不思議なことに、気が付くとベッドの爺の足先の方に丸くなって寝ていることがおおく、この辺りは昔ながらの犬の習性を守っているようである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187844242
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック