2021年01月31日

一月は行く

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
睦月晦日
2021年の一月も、最後の日である。
ただこの地シンガポールでは、正月は二度ある。
カレンダーの正月と、彼らがChinese New Year と呼ぶ、旧暦の正月である。
そして今年は、2月第二週の週末が、それである。
ただ何度か書いているように、現地の人の気分の高揚は旧暦の正月の方がはるかに高い。
カレンダー通りの新年を祝うことに慣れてしまっている私には、いわく言い難いものがある。とはいえ、私にも旧暦の正月を祝う習慣のかすかな記憶がある。私の生まれ育った大阪府の南部は、1950年末頃は農業が中心の産業だった。そして農家にとって、旧暦の方が農作業のあれこれに便利だったから、年寄りたちは依然と旧暦に頼る毎日だったのだろう。例えば「節分」のことを、確か「年越し」と呼んでいる人もいたと記憶している。
そんな農業地帯にも「工業化」の影響が及び、勤め人が増えるようになって、いつしか旧暦のにおいがすっかり消えてしまったのは、東京オリンピック1964年よりは以前だったろうか。大阪湾沿いに、臨海工業地帯が出来上がったのは、私の記憶に間違いが無ければ、確かその頃なのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188356511
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック