2022年09月28日

東南アジアに雷観測装置を

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
シンガポールに戻っている。
昨日午前には、JICA, UTeM そしてUNITENによる合意文書の調印が行われたので、SATREPSのこのプロジェクトは、もう後戻りすることはないだろう。
これまでにも何回か書いているように、弟子の恩で、東南アジアに阪大のグループが開発してきた、VHF Lightning Channel ImagerやLF Lightning Channel Imagerを敷設、稼働するという長年の夢が、一歩近づいたことは紛れもない事実であろう。いやはや嬉しい限りである。私が大阪大学を定年退職して、このシンガポールに来たのが2013年の9月だから、坪井栄さんの「二十四の瞳」の掻き出しを真似るなら、
「十年を一昔というなら、この話はまさにその一昔前にさかのぼる。」
ということにでもなろうか。
まさにその一昔前、2012年の秋の事である。
日本有数の重電機器メーカーの事業部長から
「国際会議で河崎先生に出会ったという、シンガポールの雷害対策関連の会社社長が来日しており、先生に会いたいというので、池袋の事務所に来ていただけませんか?」
と連絡があった。定年退職を半年後に控え、エジプトの二年間の滞在から帰国した直後でもあり、私なりには多忙だったけれど、
「まぁ、請われるなら出かけて行こう!」
と、急ぎ上京する旨の返事をした。
大阪大学の吹田キャンパスは伊丹空港まで車で20分足らず、私は午後二時の便で東に向かた。池袋の事務所に着いた頃は、もはや黄昏時だったろうか。
そして事務所に到着した直後
「シンガポールのお客様が、鰻を食べたいというので、夕食は鰻にしましょう!」
と、池袋界隈のうなぎ屋に出向くことになった。
そしてウナギを食べながら、私の進路が大きく舵を切って代わることに事になるのであった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雷人独白
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189837399
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック