2022年11月01日

キキちゃんロス

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨夕、一か月近くお預かりしていたキキちゃん(トイプードル)が帰って行った。
飼い主さんが迎えに来られ、大喜びしていた。
何度かこのブログにも掲載しているように、家人もこの爺も犬好きで、アリスとシロ(トイプードルの母娘)が、同居している。だから10月は、三匹のトイプードルと人間二人の我が家であった。確かにキキちゃんのやってきた日には、シロが手荒い歓迎をしていたが、二日目にはすっかり落ち着き、一週間ほどしたらキキとシロは一緒に遊ぶようにもなっていた。母犬のアリスは少し距離をおいていたけれど、よくよく考えればキキの方がアリスよりも一二歳年上ではなかったろうか?それでもキキとシロの仲良しぶりは(?)、或る意味微笑ましく感じるようであった。
そして昨夕、キキちゃんを送り出した後、シロの挙動が何やら微妙。戻ってくることを期待してか、ドアの方に向かって寝そべっている。
「キキちゃんもう帰っちゃったんだよ!」
と説明しても、アリスは理解しているようながら、シロには通じないようであった。
やがて就寝の時刻になっても、われわれとアリスは寝室へ移動したのに、シロはキキの寝そべっていたカーペットの上に寝そべり、ドアの方も向いたままなのである。俗にいう
「キキちゃんロス」
といったところであろうか。家人が抱き上げて寝室に連れて行っても、すぐに居間に戻ってキキを待つ風である。やむを得ず消灯し、
「そのうち寝室に来るやろう!」
と、アリスを含め我々三人は眠った。
私は午前三時ごろ目を覚ましたけれど、シロはまだ居間でキキちゃんを待っている風。
そして夜が白み始めたころ、ようやく諦めたのか寝室にやってきのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189901292
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック