2024年06月20日

MRTで

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
MRTで通勤途上の事である。
日本人会の図書館から借りてきた文庫本(宮部みゆき著・お文の影)を読んでいる。
隣の席の若者、タブレットで漢字ばかりの画面を見ている。が、どうも同じく小説らしい。
しばらくするとその若者から
「今読んでいらっしゃるのは、日本の小説ですか?」
と声をかけられた。
私は表紙を見せながら
「宮部みゆきさんという女性作家の小説です。
と返したところ、少し興奮気味に
「私の読んでいるのも、中国語に翻訳された同じ作家の『理由』という作品です。」
と仰っしゃって
「偶然にしては、面白い偶然ですよねぇ!」
満面の笑顔である。そして
「宮部さんは、私の好きな作家で、『火車』や『ソロモンの偽証』も読みました。」
と、続けられた。いやはや結構な宮部みゆき通の様である。
つまるところ、宮部みゆきさんの作品は、かなり中国語に翻訳されているというのである。
しかし、その若者が言うように電車の席で隣り合わせに座った、中国人と日本人が同じ作家の作品を読んでいるという偶然、不思議な気がした。
きけばその若者NTUの博士課程学生で、休暇で中国の生まれ故郷福建省に一時帰国するとの事。シンガポールに帰ってきたら、また会いましょうと約束して別れた次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190945684
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック