2009年12月15日

09 サンフランシスコ紀行 6

⇒⇒⇒⇒⇒ ブログ村投票!
「地下鉄で,サンフランシスコまで行くちゅうのは・・・?」
の小生の問いには,NY君が
「バートで行っても,そこからケーブルカーに乗ったりしなくてはあきませんから!」
と,Door to door van を主張。
「そんでどこで乗るねん?乗り場は上の階か?」
の問いには,
「この階の外,あそこに・・・。」
とWDさんが指を指す。
それならと4名そろって,旅行鞄を引き摺りながらの移動となる。
実は小生,この集団行動も美的感覚からあまり好みではない。それにアジア系の人種が集団で行動していると,
「眼にとまるのではないか?」
「いいかもと狙われるのではないか?」
といった懸念も先に立つ。とはいえ,ここサンフランシスコは,比較的治安も良いので,まぁそういった不幸は起こらないだろうと,自身に言い聞かせる。
回転ドアをくぐって戸外に出れば,霧雨であろうか,かすかながらも雨を感じる。委細かまわず,WDさんは自身で指をさしたバスの待合風の建物に突き進む。
「そこ横断歩道と違うのに!」
と,NY君がほとんど独りごち風につぶやいている。
待合室風の建物を覗きこんでいたWDさん
「Door to door van の乗り場ここじゃないですね。」
とポツリ。NY君の上の階じゃなかったですか?の一言で,我々はまたもと来た道を戻る。今度はWDさん,案内係受付に直接歩いて行って尋ねている。そして
「やっぱり上の階です。」
という事で,我々は上の階に向かう。
運良くというべきだろうか,見慣れたの濃紺の車が停まっており,あれだ,あれだ!と駈けつければ,黒人の受付係がどこに行きたいのか?と尋ねてくる。
lanking.gif
クリックして投票を!



posted by zen at 08:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34207924
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

サンフランシスコの最近の出来事など
Excerpt: サンフランシスコの最近の出来事などを探してみました。
Weblog: サンフランシスコ大好き!
Tracked: 2009-12-26 07:08