2013年02月27日

加古川紀行2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
JR大阪駅を出れば,新快速は尼崎,芦屋と停まって三宮に。さらに神戸,明石,西明石が停車駅で,予想以上の短時間で加古川に至ることになっているものの,ちょっとした小旅行気分である。有難いことに明石に到着するまでに,一時的ながらも線路は,須磨の海岸線と並行に走っているから,瀬戸内海の眺めを楽しめる。もともと瀬戸内海は穏やかなのだろうが,2月末で春近しもあって,ひときわのったり感を漂わせている。ただ明石大橋の見えるころからやけに眠気が増し,ついうとうと。そして気がつけば,車内放送で次は加古川を告げている。それに乗客ももはやまばらで,やはり加古川は遠いんだを実感。それでも駅が近づき窓の外を見れば,地元百貨店なのだろうちょっとしたビルもあり,
「加古川って結構大きい街なんだ!」
と,加古川っ子に申し上げたら恨まれそうな印象を持った次第。何せ加古川の街は,私にとって初めての訪問なのだから,止むを無い印象なのである。
駅舎を出れば地方都市にはありがちな,ちょっと大きめのロータリーがあり,タクシーが何台も止まっている。
「これならK社に行くのも困らないだろう。」
と束の間の散策,といっても駅舎付近だけながら,を楽しむ。感激したのは,古びた石碑。
正面に,加古川驛の文字があり,左面と右面には西姫路驛,東神戸驛の文字がそれぞれ掘られている。背面はと見れば,これは残念ながら何もなく,それでも年代物には違いない。石碑のおかげで,少しだけうれしくなってタクシーに乗り込んだ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62954723
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック