2013年03月23日

博多紀行

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
羽田空港で知り会って以来,すっかり仲良くなってしまった福岡・博多在住のHさんに誘われて,昨日から福岡に来ている。一泊二日の修学旅行といったところである。
「今年の福岡の桜開花も早いので,花見を楽しみましょう」
が,Hさんのお誘いの言葉。その後メールでやりとりをして,今回の運びとなったのである。
ところが生憎というべきだろうか,博多の街に入った頃から雨。
約束の三時半に大濠公園に出かけるころは本降り,それでも舞鶴公園,西公園と案内して頂いて,雨中の花見と相成った。そんなわけで,定年退職秒読みは中断して,博多紀行をお届けしたい。
昨日の意地悪な雨は,さすがに今朝目覚めればすでにやんでいた。
昨日の打ち合わせでは,海岸沿いにドライブして唐津まで案内して下さるということになっていた。目的の一つは,海岸沿いにある漁港の牡蠣小屋で,焼き牡蠣を楽しむ事。時分どきには行列ができるとかで,少し早目の11時過ぎに,岐志漁港の牡蠣小屋に到着。殻付牡蠣を炭火にかけて焼いて頂くのだが,いやはやこれは最高。ただときどきはじけて,ところ構わず牡蠣の汁を飛び散らすのは,有難くない。牡蠣小屋では,その対策用にであろう,ウインドブレーカーを準備してあった。
もう一つの目的は,道沿いの風景や桜を楽しみつつ,唐津にある鏡山での花見。
唐津への道中,深江の鳴き砂に立ち寄った。鳴き砂はともかく,浜辺は大阪界隈ではとても期待できないほどきれいであったのは,驚きであった。打ち寄せる波は,もはや春のそれで,のたりのたりの表現にぴったりであった。
最終目的地の鏡山は,屋島壇ノ浦のような台地で,頂上まで車で上れるし,その展望台からの眺めは絶景。それに唐津には虹の松原という海水浴場があり,そこも訪ねたかった場所の一つで,鏡山から眼下に一望できた。鏡山では,ハングライダーやパラグライダーが空中散歩を楽しんでいて,唐津はもう春爛漫といったところであった。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63986204
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック