2013年04月16日

羽田空港で

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
京阪神地区私鉄ではPitapaと呼ばれているICカード,改札口ではピタッと読み取り機に当てるだけで,自動的に運賃を支払うことができる。支払うといっても,ポストペイ方式で,月末に一ヶ月分が自動的に引き落とされるだけの事。同じカードをJRで使うには,前もってチャージしておく必要があるけれど,改札口の通過の仕方は私鉄の場合と同様である。
このICカード,これまではそれぞれの地域でのみ利用可能となっていて,例えば私など東京近郊様にPasmoというのを別に持っていた。ところが,3月23日からだったろうか,国内全域で共通化された。早い話便利になったのである。
その全国統一化の案内広告が,羽田に掲げられていて,興味深かったのでこの場を借りて紹介したい。北海道のカードをクマが鮭を咥える絵で表し,仙台のカードを米所という意味からだろう山盛りのごはん,名古屋は味噌カツ,京阪神はたこ焼き,岡山・広島は桃そして福岡は明太子と,お国自慢を用いての宣伝である。羽田から東京に入る旅行客に,
「あなたのICカードで,鉄道運賃が払えますよ!」
と呼びかけているのである。他愛無いといってしまえばそれだけのことながら,私は思わず心の中でウフと笑ってしまった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64942695
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック