2013年05月13日

シンガポール紀行1

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日からシンガポールに来ている。
とはいっても,帰路の機中泊含め三泊四日の駆け足訪問である。
ご常連様の何人かは,記憶の端っこに留め置いて下さっているかも知れない,シンガポールで展開させて頂いている,VHF波帯干渉計プロジェクトの総仕上げ。大阪大学を定年退職して,時間や雑務に縛られなくなった自由人として,長年育ててきた干渉計を実用システムに仕上げ,実用に供することができるように努力したいというのが本音なのである。私自身,干渉計には単なる思い込みだけでなく,ある意味雷放電を観測する装置として,信頼と自信がある。一方この装置のひ弱さも認めており,だからこそこれから数年意欲的に関わってみたいと考えているのである。
有難いことに,我が国有数のメーカーの一部門が,干渉計に興味を持ってくださり,三年ほど前からシンガポールでのプロジェクトを立ち上げている。メーカーとしても,そろそろ成果,結果を出すべき時期に差し掛かっており,私の専念可能な時期とうまい具合に重なることになった次第なのである。
シンガポールには,関西空港からの直行便シンガポール航空便を利用してやって来た。関西空港を離陸したのが,午前11時頃で,この便には実は思い出がある。最初に利用したのが,まだ伊丹空港からの便であった1989年一月。この地で,昭和天皇の崩御を聞いた。さらに強烈な思い出は,1995年1月17日。阪神大震災の日で,すでに関西空港はその前年9月に開港しており,大地震の影響もあって6時間遅れの離陸となった。ただ500席のその便は,さすがにほとんど客が無く,50人程度の乗客という有様であった。
ただ昨日は,平穏無事なフライトで,定刻通り午後4時半にシンガポール・チャンギ空港に到着したのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67247234
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック