2022年05月27日

爺版・折々のことば 22

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
雷に何度撃たれても、命に別状ないなんて特異体質があるわけないやん。高電圧に強い体質、ロボットや有るまいし。なんぼ視聴率の高い番組や言うても、その解説には出たないな。

私が現役の阪大教授だった頃、人気テレビ番組の取材を受けた。その際
「お隣の市、箕面市に特異体質の方がいらっしゃって、これまでの生涯に二三度直撃雷を受けられたそうです。雷の専門家として解説願えますか?」
ときりだされ、私の返答がこのことばである。それでも取材の担当者は
「実際しびれて気も失ったというので、落雷を受けたことは確実なんです。」
と食い下がった。この時私の頭をよぎったのは、「バカの壁」で一世風靡された養老孟さんで、研究室の学生に、ある宗教家の空中浮揚や水中での呼吸を、真剣に信じている学生が居て、大学教授という職業のむなしさを感じられたのか、退職されてしまったという話を思い出していた。
「わざわざ大阪まで来んでも、東京には電力中央研究所や東京大学の生産研に雷の専門家がいるから、そちらに行かれたら。」
と申し上げたら、
「箕面市の取材のついでです。」
とまたえらくドライなコメント。ともかく丁重にお引き取り願った。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年05月05日

夜明け前の雷雨

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ここ数日明け方の雷雨が続いている。
昨朝というべきだろうか、午前三時半頃遠くからの雷鳴と突風があり、風きり音で仔犬のシロが目覚めて大騒ぎしていた。私自身、それでも眠気が冷めやらず、シロの吠えたてるのを子守唄代わりに、薄情なようながらそのまま寝入ってしまった。
深夜の雨は、朝の気温をさらに下げるので、ともかく清々しくて凌ぎやすく有り難い。パシリスに住んでいた頃は、パシリス駅まで歩いて通っていたのだが、今から考えるとこの時期だったのだろうか。ともかく日中ともなれば、毎日が夏だから季節感が伴わず、残念ながらどの季節だったなんぞという記憶が伴わない。このあたりが四季のある国に生まれ育った者の特権というべきだろうが、春の朝の気だるさ、夏の朝の清々しさ、秋の朝の慌ただしさ、そして冬の朝のぴんと張り詰めた緊張感らが、より一層季節の移ろいと併せて記憶を残してくれるのである。
翻ってこの地シンガポール、毎日が夏で、毎日のように雷雨があるからだろう、季節感が甚だ乏しい。わずかに11月から12月にかけては、雨天が多くそれなりにひんやりとしているので、この地の人に生まれ育った人たちにとっては、ちょっとした「冬」らしいのだが、この点に関しては、私も納得できる季節感であろう。
とまああれこれ思案を巡らしながら、
「夜明け前の雷雨今日はどうなるだろう??」
と考えながら床に就く次第である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年05月04日

気懸りな事

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
みどりの日
ウクライナの事、知床での観光船沈没の事、人の噂も75日というわけでもなかろうが、二つの事件とも、新聞報道やテレビニュースでの取り扱い、何やらインパクトが感じられなくなってきている。
まずウクライナ、侵略戦争がある意味では日常化してしまったからかもしれない。ただここは粘り強く、侵略戦争の即時中断を主張すべきというのが、この爺の切なる願い。ウクライナ大統領ゼレンスキー氏の威勢の良い徹底抗戦は、爺には納得できない。この調子では、侵略戦争が長期化しそうな気もするが、いやはや困ったことである。正直困ったという以外の表現法はない。西側陣営からのウクライナへの武器供与は、武器製造の会社をもうけさせるだけ。ロシアに非のあることは認めたうえで、なぜ侵略戦争の即時中断を、世界の指導者達は要求できない。ロシアを非難することは良いとして、仲間外れにしてはいけないと、爺は主張したい。
次に遊覧船の遭難事故。判断の誤りが、結局26人の犠牲者を出すことになった。現時点で12名が行方不明と聞いてはいるが、10日以上も経っての生存確率は低かろう。先日沈没した遊覧船の船室にテレビカメラを入れて捜索とあったが、残念ながら誰も発見できなかったと聞く。この事故がこのままフェードアウトしないように、記者さんしっかり目ぇひからせてや!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年04月21日

アリスの夢

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
だいぶん前にこのブログで
「犬も夢を見るのか?」
ちゅうような、たわいもないことを書いた。
ほんで昨晩のこっちゃ。
寝入った筈のアリスが、うめくでもなし吠えるでもなし、何やらぶつぶつ言っているやんか。
「体調でも悪いんかな?」
と心配になったんで覗いたんやけど、口をもごもごしてるだけで目をしっかりつぶってる。
「なんや夢でも見てるんか?」
ちゅいながら、頭やら体やらさすってやったら、不意に起きがってお座り姿勢で、盛んに尻尾を振って見せやるねん。ほんで四五秒くらいかな、ワンともいわずにそのままどさっと倒れこんで、そのまま眠りやった。その倒れ方、ほんまに立派なもんや。
「やっぱり夢見てたんやな!」
と自分を納得させて、わい自身も横になったけど、アリスはそのまますやすや眠ってやる。
わい自身の結論は
「犬も夢を見る。今のは何か食べてる夢やったんやろか?」
ちゅうようなもん。ほんでその内わいも寝入ってしまった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年04月20日

即時停戦を

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ウクライナ指導者層のあの強気はなんでや?
心のどっかに、アメリカ含め西側の同盟国が、助けてくれると期待してるんやろう。ロシアの攻勢に、武器を供与してくれて、背中を押してくれてるもんな。せやけど戦争で戦うんは、ウクライナ人やし、戦死するんもウクライナ人や。ほんで儲かるんは、武器作ってる会社や。ロシアは侵略戦争すぐ止めるべきやし、ウクライナも抵抗は止めて、休戦の交渉せなあかんで。戦争ではどんな国際紛争も解決できへん。まぁ相手国をぺしゃんこにしたら、見かけ上は解決になるけどな、そんなん戦死者の数を増やすだけやん。
それにしても不思議な国やで、日本ちゅう国は。
太平洋戦争前は、あんなけ憎んでた国やのに、おまけに二つも原発落とされて、戦争犯罪の被害に会(お)うときながら、アメリカ合衆国を今最も信頼できる同盟国やちゅうてるもんな。
確かに太平洋戦争終わって、日本ちゅう国がボロボロになった時、戦後復興を応援してくれたんはアメリカ合衆国には違いない。せやけどあの国は、心のどっかで日本ちゅう国を見下してるし、太平洋戦争を赦してへんで。そこんとこを十分わかったうえで、同盟国やちゅうんはええけど。なんせ日本はアジア大陸の東で、中国やロシアちゅう共産国を牽制するのに、ほんまに都合の良い位置にあるんやもんな。
いずれにしても、まず休戦、戦争止める、侵略止めるこっちゃで。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年04月17日

イースター

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
きょうは、イースター

最近世間の話題は、ウクライナか新型コロナ。
いやほんまに、おもろうない。
こんな時こそ、天声人語氏にお知恵をとネット新聞で読んだら、これまたきっちりウクライナがらみで、ロシア正教の話題である。
あんまり面白うは無いけど、爺なりのロシア正教会に関しての理解を披露する。
ロシアは共産国家なのに、ロシア正教が「国教」となっていて不思議な気がする。例えば中国なんぞ、ほぼ無宗教の筈。ただロシアの場合、ロシア正教は「全体主義」を維持するためと、どこかで読んだことがある。実際今回のウクライナ侵略でも、正教会の指導者が、プーチンのとった行動を、いち早く容認していると聞く。
ロシア正教会の事はさておき、ウクライナでの即時休戦が望まれるのは、ほとんど自明。戦争犯罪を検証するのは、それはそれで大事だろうが、お互いに恨み合うという、負の連鎖だけは断ち切ってもらいたい。確かにすべてを水に流すことなど、できないかもしれないけれど。宗教って、負の連鎖を生み出すためにあるのではなく、それを断ち切るためにあるのが、存在意義だとこの爺は信じている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年04月16日

旗艦撃沈

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
インターネット新聞情報によれば
「ロシアの旗艦モスクワが撃沈された。」
という。さらに
「戦艦大和が沈没したようなもので、ロシアの攻撃力低下は否めない。」
とさえある。
穿ちすぎといわれるかもしれないが、
「この記事、ロシアとウクライナの戦争煽ってるで!」
といった印象しか持てない。
ロシアがすぐにでも侵略戦争を止めるべきという意見は変わらないので、ウクライナ側の戦果などどうでもいい。ましてや太平洋戦争に例えるなどもってのほかである。
そんなことを考えていたら、首都キーウやリビウをロシアがミサイル攻撃したとの情報が入って来た。
これがボクシングなら「攻撃は、最大の防御」とでもいえようが、戦争の場合そうはいかない。ましてや旗艦を撃沈されたとあっては、物量に優るロシアは攻撃を加速させるに違いない。
今回の侵略は、ロシアに非があるのを認めたとしても、1960年代のキューバ危機の時ロシアのフルシチョフが最終的に取った態度を、ゼレンスキー大統領に願わずにはいられないというのが、私の本音である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年04月15日

熊本地震から六年

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日は、熊本地震のあった日。2016年4月14日の深夜一時過ぎである。
あの地震は、一日おいてもう一度あり、さらに甚大な被害をもたらした。
気象庁の発表では、二日後の地震は余震とは理解されておらず、一連の地震活動らしい。
あの時の被害の一つ熊本城は、今修復途上にあり、最終的にはあと16年かかるというから、正直なところ私はその完全な修復結果を見ることがないかも知れない。
熊本城は江戸時代の建築で、確か加藤清正の手になる筈。石垣か反り返っていて、敵方の隠密が忍び込めない設計になっていたはず。それだけに2016年の地震での被害修復は難しいのだろう。そんな修復の難しい石垣、今日なら力学的な考察を重ねての設計になるのだろうが、その昔は積み重ねた経験でということなのだろう。法隆寺専属の宮大工だった西岡常一さんのことを調べたとき、薬師寺西塔の再建にあたっては学者との激しい論争も辞さず、決して譲らなかったと記述されていた。経験による知見の優位さを示しているのだろう。分野は違えど、学者の端くれとして忸怩たる思いである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年04月09日

夜明けの嵐

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今朝明け方、何時頃だったろうか
「少し蒸すなぁ!」
と寝ぼけまなこでベランダの戸を開ければ、結構涼しい風が吹いて来て、そのまま寝入ってしまった。それからどれくらいたったろうか、いきなり強い風が吹いて来て、ベランダのウッドデッキやバケツが音を立ててひっくり返った。その物音で、シロが目を覚まし、吠えながらベランダを走り回った。今朝のは雷鳴も聞こえなかったから、本来なら仔犬のシロは騒がないはずなのに、ベランダの物音に反応したのだろう。それに風きり音が、風呂やトイレから聞こえてくる。私が現在住んでいるマンションは、二棟建てながら、その一棟ずつが2mの間隔を空けて南北建てられているので、風向きによっては俗にいう「ビル風」が強調される。いかに強風、ビル風と言えど建屋自体はびくともしないけれど、高層階と言えども通路は水浸しとなることがある。そして今朝の風は多分南風で、建屋に平行だから、風きり音はすごく、エレベーターまでの通路は水浸し、高層階の床下浸水である。
まぁそのことはともかく、あちこちのドアを閉め静かになったので、シロもようやく落ち着きを取り戻し「二度寝」となった次第。
ただ明け方の大騒ぎが影響してか、今朝の犬達の食欲はなく、午前中なのにごろごろしている。犬と言えど、夜明け前の大騒ぎは疲れるのだろうか?
ちなみに今朝は、どんよりとした曇り空で、夜明け前の余韻が残っているような。
lanking.gif
クリックして投票を!



posted by zen at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年04月08日

戦艦大和忌

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昔は、今日8日が小学校や中学校の始業式と決まっとった。
この頃はどうなんやろ。

わいは、戦後生まれやよって、民主主義の教育を受けたんや。せやから軍国少年やなかったけど、昨日4月7日は戦艦大和の沈没させられた日のことは知っとった。昭和20年4月7日のこっちゃ。あの頃の国の指導者に、ちょっとでも外向けの眼があったら、3000人近くの乗り組員と戦艦大和を失わんかったんやないかと思えたならへん。そいでも戦争負けたんやから、戦艦大和は連合国に没収されたかも知れへんけどな。もし没収されてたら、それはそれで困ったことになったんやろうけどな。ついでにいうとや、以前確かNHKの特別番組で、大和の設計図を廃棄したちゅうようなこと言うとった。残っとったら、これまた没収されてたんやろな。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活