2020年02月15日

思い出話 24

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日が代っての午前一時前、私は家に帰った。
田舎だけに、戸締りなんぞはしておらず、座敷の戸も開け放しておいたので、横になっても十分涼しかった。蚊取り線香の煙がゆらゆら薄明かりの中に見え、江州音頭は、かすかに聞こえていたが、眠りを妨げられることもなく、急激に記憶が薄れていった。
習慣とは不思議なもので、午前四時には目が覚めた。さすがに初日だけに、盆踊りの囃子はもう完全に止んでいた。三時間足らずの睡眠だったけれど、私の目覚めはすっきりしていた。それでも水道を思いっきり開け、顔をじゃぶじゃぶと洗った。朝の二時間半、私は大切にしたかったのである。五時を過ぎると東の空が明るくなり始め、またまた暑い日の来ることを予感させていた。私はその午後、相も変わらず忙しく過ごした。プールに行って泳ぎたいなとも考えたけれど、暇がないうえおばぁさんから
「善一郎、お盆に泳いだら足引っ張られて溺れるでぇ!」
と諭され、でも
「誰が足引っ張るねん?」
との問いには、答えが返ってこなかった。
その日、Y 君と私はやはり浴衣を着て踊り場に行った。しばらくは踊りの輪を見ていたけれど、輪の中にはその人はいないし、Y君から
「今日は、踊ってないなぁ。」
と念を押され、
「今日はけぇへんちゅうてたでぇ!」
と答えると、
「ほな今日は帰ろよ。」
と誘われ、早めの帰宅となった。帰り際Y君は
「明日会社の人と出かけるんで、盆踊り付き合えへんでぇ。また17夜一緒に行くわ。」
と告げられた。私は勝手に、女の子とどっかに行くんだろうなと想像していた。
翌16日は、さすがにお盆里帰りの最終日だけに、ガス配達の注文はあまりなかった。それでも夕暮れてから一二軒は有ったように記憶しているのは、江州音頭を聞きながら配達したことを覚えているからである。
私は夕食後は、自宅に行って浴衣に着替え、踊り場に行こうかどうかを迷っていた。彼女は今日の予定を何も教えてくれていなかったので、行っても会えるかどうかをも分からないし、相棒のY君のいないことも、決断を鈍らせている一因であった。
私は決断できないまま、それでも江州音頭を聞きながら、縁側に一時間ばかり座っていた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2020年01月11日

姑息やなぁ!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
以前に「識者は信用できない。」旨の内容を書いた記憶がある。
今回またまたネット新聞で、その印象を強くする記事を見かけた。
御本人の名誉もあり、お名前までは記さないが、センター入試に関わってこられた、識者の発言である。ここ数か月の大学入学試験改革のごたごたと関連して、コメントしておられてのだが
「やはり日本の入試制度には問題があるのでは!」
という下り、
「おいおい、あんたが関わってきたのじゃないの。どの顔でこんな無責任なことを言えるんだい?」
と、詰問したい気がした。つまり問題があると考えるなら、なぜ自分たちの会議で議論しなかったんだろうという点。
ところが経済界からの外圧もあって、大学委一次試験の改革が進み、その改革の新たな問題点が顕在化して、先延ばしとなった現在、まるで他人事のように
「問題がある!」
なんぞとよく言えたものだというのが、天邪鬼爺の理解なのである。
いやそれにしても、識者を信用してはいけない。
「問題がある!」
と指摘し、またまた識者として改革作業に参画し、ご自身の発言権を継続なさるという、姑息さというと言い過ぎだろうか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年12月31日

犬の健気さ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
大晦日(おおつごもり)
早いもので、もう年の瀬を迎えた。一年の計を、明日には早速立てねばならない。

お預かりしていた姉御犬、昨日午後飼い主が迎えに来られた。
その二三時間ほど前から、なんとなく予感するのだろうか、心なしか浮かれている風であった。いつもはめったに自分からは相手してこないのに、珍しくボールを銜えてピーピー鳴らしながら、私の足元にやってきていた。ただ圧巻だったのは、玄関のチャイムが鳴った瞬間、猛然と戸口に駆けつけ、ドアを開けての対面の瞬間は何度も何度も、迎えに来られた奥様に飛びついて甘えていた。我が家のアリスも、歓迎の意味もあって甘えているけれど、いやはやとても比較できないほど。
「この姉御犬が、こんなにも感情をあらわにするんだ!」
と驚かされる思いであった。
しばらくして帰って行ったが、その喧騒の後はまさに祭りの後、我が家のアリスも相手がいなくなって寂しげにしていた。私自身も
「あの無表情の姉御犬、預けられていることをよく理解して、気丈にふるまっていたのだろう。」
と、犬の健気さを改めて知らされた。ついでに言うと、今朝のアリスは、これまた何やら寂しそうである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年12月27日

アリスの成長!!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日もまた、トイプードル二匹の話題である。
まずアリス、この爺と遊ぶときよくボクシングのまねごとをする。後ろ足二本で立ち上がり、前足二本でバランスを取りながら、爺の腕に絡めてくる。まぁ最終的には銜えて甘噛みということになるのだが、爺はおいそれと噛ませたりはせず、軽く右のほほを突いたり、左のほほを突いたりする。アリスもだんだん真剣になっているのが爺の目にも明らかで、最後に前足二本をそろえて覆いかぶさるように攻撃してくる。別に教えたわけでもないのだが、まぁある種の野生なのだろう。
その技が昨夜、姉御犬に掛けられた。
例によってアリスは姉御犬と一緒に遊びたく、あれこれ気を引くための行動をとっている。すでに十分大人となっている姉御犬は、なるべく相手になることを避ける様に振る舞っているのだが、どうした気の弾みか、アリスが一人遊びをしているボールに興味を示し、横から銜えて取り上げようとした。普通なら姉御犬の圧力に、ハイどうぞと譲るアリスなのだが、昨夜は違った。すざましい取り合いとなり、最後には例の立ち上がっての覆いかぶさる先方で、姉御犬の首根っこを押さえた。さすがにこの攻撃には姉御犬も参ったようで、尻尾を巻いて退散と相成った。
さてその後、姉御嫌のガウーが俄然少なくなった。というよりすっかりいじけてしまった感じ。
「こんな筈ではなかったのに!」
といったところであろうか、爺の目から見てすっかり上下関係が逆転してしまったようなのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年12月26日

アリスの成長?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
知り合いのトイプードルを、一週間弱預かっている。
何やら夏冬二回の年中行事のごとくである。
我が家のアリスは大喜びで、三歳ばかり年上の姉御犬にはいささか煩わしげである。それでもアリスはひたすら後をついて回っている。時折ガウーと脅され、たじろぐ素振りを見せるものの、一分も経たぬうちに気を取り直し、後ろから追いかけている。本質的にアリスの方が気弱で、年齢差もあって上下の関係は既にはっきりしている。ただただアリスは、姉御犬に相手をして欲しいのである。実にけなげである。
そのアリス、昨日は違った行動を見せた。夕方のえさやりの時のことである。
そもそもアリスは食が細く、食べるスピードも遅い。
一方の姉御犬、食べっぷりが極めて良く、放っておくと自分の分をさっさと食べて、アリスの分までちゃっかり食べようとする。アリスはある意味お人好しで、姉御犬にが自分の皿に首を突っ込んんで来ても、どうぞどうぞというように一歩下がって姉御犬に譲るのである。
昨夕もそこまでは全くいつもと同じであったのだが、姉御犬のお皿を覘きに行ってすでに空っぽとなっていることを確認し、姉御犬が戻ってくるのを見て、猛然と襲い掛かった。
「何で全部食べたのよ。なぜ私の分を少し残しておいてくれなかったの!」
とでもいう感じで。これには私もいささか驚いた。これもアリスの成長なんだろうか。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年12月25日

製造業の生産性 5

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
論点が、ぼやけてしまった。
工業立国を誇った我が国の製造業の生産性が、最近20年の間に世界1位から20位にまで落ちてしまった、その原因の追求である。当然のように、国や産業界は「教育」に責任を押し付ける。この爺自身も、「教育の有り様を考えねばならない。」という意見には異論がない。義務教育における教育、高校における教育、大学における教育、他人事としておくのではなく、国民の皆が真剣に考えねばならないのは事実であろう。だからと言って入試制度をいじったところで、本質的なところはおいそれとは変わる筈がない。実際この爺が大学人として経験した共通一次試験やセンター入試の導入も、結果としては大学の序列化を際立たせただけで、結果としては悪い方にしか進まなかった。そしてその結果なのか、その原因なのかは曰く言い難いけれど、
「大学に入ること、それもより偏差値の高い大学に入ること。」
を目的とする高校生や験生が増加し、受験産業がますます幅を利かしているのが今日である。その大学での研鑽も、多くの社会人は
「大学の勉強は、社会には役に立たない!」
と、あまり評価しないで、有名大学に入るために精力を注いでおり、それを手伝っているのが、残念ながら高校ではなく受験産業界なのである。その受験産業も、少子高齢社会をにらんであれこれ策を練っているのだろうが、今回の一次試験改革の騒動の端々に、何やらちらちらしているのは事実だろう。
受験産業の今回の件での暗躍はさておき、「大学に入ること」を多くの高校生がそれを人生の目的とするようになってしまったので、爺が常日頃警鐘を鳴らしている「大学生サバティカル」が現実のものとなっている。さらにはマスコミ報道も、大学生の馬鹿騒ぎをあおるような番組をあれこれと放送し、バラ色のキャンパスライフを演出している。早い話大学生が、真摯な態度で学問に取り込まなくなるような環境を社会全体が後押ししているのである。これでは、大学からの知の創生が甚だ心もとないものとなるのは当然でなのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年12月23日

製造業の生産性 3

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日は冬至 、英語ではWinter Solstice 。天邪鬼と言おうか、素朴な疑問と言おうか、南半球ではこの日を、やっぱしSummer Solsticeというんだろうなぁ。

今日の本題は、昨日からの「製造業の生産性」の話題の続き。
爺の繰り言といわれるかもしれないが、今日の日本人の若者達に1960〜1980 年代の真面目さが無くなったのも一因でなかろうか。穿った見方ながら、アメリカンドリームで財を成す俳優・スポーツ選手に関し、そういった気風をあおるべくマスコミで報道され、はたまた一億総テレビタレント時代を演出するテレビ報道も頻繁だったりして、学問や技術で身を立てる「青年よ大志を抱け」なんて言葉は、ほぼ死語になった。一方では日本の生んだアニメーションが世界で認知されるに及んで、技術よりもアニメーションを志向する若者達が増加している。確かにアニメーションは外貨獲得にも貢献しているし、ポップアートとしての意義は認めたとしても、一国の大臣がアニメーションオタクというのでは、困ったものであると考えるのは、この爺だけではなかろう。
何やら中途半端な内容になったけれど、一言でいうなら巷間言われているように
「日本という国は見かけ上裕福となって、必死になって働くという気概が無くなった!」
ということになろうか?(この稿まだまだ続けたい。)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年10月25日

神無月の頃

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
神無月も余すところ一週間。
日本の友人達からは、
「いつまでも暑い。やはり地球は温暖化している。」
と、ステレオタイプのメッセージが届いていたのに、今朝は珍しく
「涼しさを感じる。」
とある。ようやく秋の訪れといったところなのだろう。
先日見た何かの記事に、温暖化が進むと秋が短くなりそうだとあった。
夏の暑くなることは当然ながら、一方では冬はさらに寒くなる。何度かこの場で申し上げている様に、地球温暖化は、総量としての地球の熱エネルギーが増加するのだが、その結果
「暑い地域はより暑く、寒い地域はっより寒冷に、さらには夏は酷暑に冬は極寒に!」
となる。俗っぽい例え話ながら、富裕層はより富裕の、貧困層はより貧困にということになろうか。その結果、台風、竜巻といった大型の天変地異がより大型化する。それが先月、今月と日本に来襲した台風の被害の規模からも理解できる。
ホンマにエライコッチャナァ!

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年09月24日

コンビニで

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日曜日のこと。
コンドミニアムの敷地内にあるコンビニエンスストアに、出かけた。たまたまいつも親しくしてもらっているご近所の、小学校5年生のお嬢さんも買い物に来ていた。お嬢さんは、500mlのヨーグルトを買って、店員さんの
「プラスチックバックは?」
の問いには、不要だと答え手で持って店の外に出て行った。
この爺もほどなく買い物を済ませ店の外に出ると待っていてくれて、一緒に帰ることになった。私はプラスチックバックを不要といった彼女の対応が少し気になり
「なぜいらないといったの?」
と尋ねると、さらりと
「地球温暖化!」
と答え、のほほんとしている。この態度、家庭の教育なのかはたまた学校の教育なのか、いささか気にはなったものの、それ以上の会話は、何か気後れしてしまって続けることができなかった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年09月23日

暑さ寒さも

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
秋分の日
ということは、日本では土日月の三連休か?
でもまたぞろ台風が近づいている。
15号で被害を受けた千葉県、電力の供給が依然止まっているのが、まだ三万戸余りという。
二週間以上も経って未復旧とは、
「まるで開発途上国、先進国失格だぁ!」
なんぞと、減らず口をたたきたい天邪鬼爺である。
ここで現在日本に近づいている台風に話を戻すなら、五島列島、対馬あたりを経由して日本海を北東に進む雰囲気で、大被害の千葉県への今回の影響は少なそうというのが、爺の予想で、願わくばと本音で念じている。ただ日本海を進んで北海道に上陸ということになれば、今度は津軽のリンゴ農家の被害が心配となる。
いやはや本当に災害大国日本である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活