2022年09月26日

クアラルンプール 1

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
クアラルンプールに戻っている。
それにしても、昨日のマラッカのホテルのチェックアウトは恐れ入った。
滞在していたホテル、40階建てで私達は15階。12時のチェックアウトにと部屋を出たのが11時30分に少し前。エレベーターホールでは、T女史がいらっしゃって
「もう十分近く待っているんですが、降りていけないんです。」
と仰る。聞けば降りてくるエレベータは、上の階からの乗客でほぼ満員なのだという。エレベーターホールには、マレーシア人の四人家族もいて、彼らの方が先に待っていたのだという。このホテルのチェックアウトが12時となっており、泊り客が集中するからなんだろう。そう分かってはいても、エレベーターの動き方もう少し配慮があってもいいのにと、恨めしい。余談ながらエレベーターは、「房客電梯」とあらわすらしい。
余談はさておき、T女史曰く
「時間に間に合うには一度上行きに乗って、そのまま最上階から降りてくるしか方法がありませんねぇ。」
ルール違反ながら、背に腹は代えられぬと、上の階に行くエレベータを止めて、最上階から降りることにした。とりあえず最年長の私が、上に向かうエレベータを止め乗り込んだ。ところががこれが各駅停車に近い。それでも最上階では、一緒に上ったもう一方も同じ戦略で、下の階に向かった。ところがこれまた各駅停車、上りと違うところは、止まるたびに新たな客が乗り込んでくる。それでも三、四階も下がればそのエレベータが満杯となったて、やはり各駅停車が続き、止まるたびに
「Sorry, No space any more!」
繰り返しつつ、一階に着いたときにはほぼ12時となっていた。
話は変わるが、ついてみれば一緒に待っていた仲間がもはや到着しており、次に来たのでやはり上に向かって最上階から降りるという戦略という。ここで思い出したのが、寺田虎彦の
「市電が遅れているときには、最初に来たのではなく、その次か、さらにその次に乗るのが早く着く。」
という待ち行列理論で、その通りの結果となっていた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年09月17日

教育制度は、日本に学べ

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
所用があって、午前九時前に外出した。
エレベーターで、小学生(高学年だろう)とその親御さんに出会った。
「土曜日ですのに、こんな朝早くから・・。」
という私に、
「これから塾です。娘は、もう五年生ですし、近々に統一テストがありますから。」
とのことで、東海岸にある有名塾に車で送っていくとのことであった。
小学生も、大変なんやなぁ!
喫茶店で人に会い、打ち合わせをしていたら、またまた親子連れ(御夫妻と低学年の女子)が隣に席をとった。そして母親と娘さんが慌ただしく出ていかれた。
打ち合わせの終わる頃には、母親だけ戻って来て、夫婦で朝食(多分)を取り出した。
私の相方は、次の案件があるからと私を置いて帰って行った。
当然のように私は隣の夫婦連れに声をかける。
「ちょっとだけ話していいですか?」
に対してどうぞどうぞとの快諾。
「娘さん、土曜日の朝早くから塾ですか?」
の問いかけには、
「もう一年もすると統一テストがありますから。」
の答えで、マレーシアからの移民(?)、正確には移住というべきなんだろうが、
「良い成績で、良い中学校から、良い大学を目指してます。娘は理科が好きで、医者になれたら良いのですが。」
とのこと。移住してまで、進学競争に参加してとは、ある意味恐れ入る。
その御夫妻の理解では、中国、韓国の受験競争はもっと熾烈らしい。
この国シンガポールを起こしたリ・カンユーの
「教育は、日本に学べ!」
がいまだに生きていて、この日の現状を見て、私にはあまり肯定的な賛同はしたくない気がする。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年09月16日

今日一日忙しいでぇ

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日は、あれこれ忙しうなるで。
まず9時にクーラー屋が、三か月に一回の定期点検に来よる。
ほんで点検の最中に、日本とのリモート会議が9時40分から。
クーラーの点検は、10時に終わるし、リモート会議も11時過ぎには終わるやろ。
昼にはシンガポール人の友人が、バクテをご馳走してくれるんで、お出かけや。車での向かいらしいけど、まぁ二時には帰宅できるやろ。
ところが午後3時半頃からマレーシアとのリモート会議があって、午後4時から日本、マレーシアのリモート会議。5時半には知り合いの家に行かなあかんから、これはタクシーしか選択肢無いやろ。それを一時間程で終わって急ぎ帰らんと、ワンコ達留守番やから、もったいないけど帰りもタクシーやな。ほんで午後八時にはあれこれ片付けに、知り合いの伯母さんが来てくれるちゅう段取り。いやはや今日一日を考えると、ほんまに多忙中言葉がぴったりかな。
師走にはまだまだあるちゅうのになぁ!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年09月15日

故郷の祭り

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日も文頭に書いたんやけど、故郷の泉州路は秋祭りの季節やで。
ハッピーマンデーちゃらいう祭日法が無かったら、今日は岸和田祭本番や。
それが敬老の日が、9月15日ちゃうようになって、9月の第三月曜日になったもんやから、祭りの日もそれに合わすようになった。ここら辺は、風情を無くしてる気ぃするけどなぁ。
「岸和田祭は、下駄祭!」
ちゅう別の呼び名もあったもんやが、9月中頃ちゅうたら秋雨前線が居座ってる頃やったから、昔は雨の日も多かったんや。最近は9月中頃ちゅうたら、まだ真夏やけどな。
わいが高校生の頃は、敬老の日の祭日が無かったよって、もし宮入の日15日が、土曜や日曜ちゃうかったら、岸高は午前10時頃になると休校になったもんや。なんせ岸和田旧市内のだんじりが、高校の隣の岸城神社に集まって来るんで、やかましいんで授業にならんかったんや。ほんで高校が休校になったんやから、
「昭和ちゅう時代は、やっぱりどこかおおらかやったんやなぁ!」
岸和田祭が終わったら、次は10月初めがまわりの市や、岸和田の山側の地域の祭りになる。これも昔は10月5日やったのに、またまたハッピーマンデーで、10月の第二月曜日が祭日となってその前の土日になった。せやから毎年祭りの日が少しずつ違う日になるんや。懐古趣味と言われそうやけど、わいはこんな風に毎年祭りの日が代わるんは好きやないなぁ。
祭りの頃になると、望郷の念が湧いて来る。これも歳やからかな??

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年09月14日

犬の記憶力、学習力

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「昔やったら、今日は岸和田祭、宵宮(よみや)の日やないか!」

家人が一週間の出張に出かけ、我が家は二匹のワンコ、アリス、シロと私の三人。
今日で四日だから、半分の日程が過ぎた。現時点までは、大過なく平穏な毎日である。それにようやく昨夜あたりから、お向かいのお宅の出入りに反応しなくなってきた。最初の二日間は、お向かいの出入りがあると、それがたとえ真夜中でも、吠えたてながら玄関に向かう。家人の帰宅を期待しての反応だったのだろう。忠犬ハチ公はご主人を迎いに、何年間も渋谷駅に向かったというが、我が家の忠犬達は三日で学習した様だ。
それとも薄情なんか知らん。
冗談はさておき、ワンコの記憶力親馬鹿ながら、アリスにシロは優れているようだ。学習の能力も高そうで、三日で切り替えてしまう。とはいえ一度家人が帰宅したら、新たに学習してというか、記憶を書き換えて対応を変えるのだから。
はたして彼らに、待ち遠しいという感情はあるのだろうか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年09月10日

中秋の名月

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
中秋の名月:俗にいうお月見 今宵は月が見えるかなぁ?
シンガポールに長く居て、今更ながらに思うのは
「この国は、中国の古い慣習が生きている!」
という実感である。今宵の月見もその一つ。
シンガポール人の7割以上が中華系だけに、当たり前といえば当たり前なんだろうが。
とはいえ過半数の中華系シンガポール人は
「共産国の、中国は嫌い!」
という。
「共産主義だから、古来の伝統や文化それに宗教を大切にしない。」
という不満が、その理由である。実際シンガポール人の友人は
「今日の中国よりも、私達の方が古来の伝統に詳しい。いや実際守っている。」
とさえうそぶくことさえある。何せ1960年代の文化大革命で、古いものの多くを捨てたり壊したりしたというから。
私が中国を初めて訪れたのは1980年代後半、1990年代には何度も行った筈ながら、北京の故宮や西安の碑林博物館はともかく、街中ではめったに私達が抱いている中国らしいものにはお目にかからないという印象が強かった。
(この稿続く)

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年09月08日

グルーミング

今日は、我が家のワンコ達、アリスとシロの試練の日。
月に一度のグルーミング。
内弁慶の彼等には、グルーミング屋さんでの都合三時間は、いわば地獄の三時間。
グルーミングのおじさん、他の犬達との接触。
まぁそれでも、可愛くなってご帰還だから・・。

⇒⇒⇒⇒ 天声人語氏から
昨日の、朝日新聞天声人語氏から。
レビー小体型認知症というのを紹介していた。目覚めに、例えばハンガーにぶら下がる小人とかいった、不思議なものを見るというのだが、夢というのでもないようで、ある種の幻覚なのかも知れない。そして天声人語氏によてば、最初に示したように認知症に属する、ある種の病気だというのである。詳しい内容は、ネットサーフィンでもしていただくとして、私の子供の頃の経験を思い出したので披露したい。
小学三年生の頃だったろうか、夜中に目が覚めると、布団の中に私の指程度の小人が沢山居た。私はまるで自分がガリバーになったような気分で、それなりに楽しんだものである。今になってはあれは夢だったのか、幻覚だったのか確かめようもないが、変わった経験を思い出し、そして病気だったのかと、少し心配になった。とはいえそんな小人はおばぁさんの家で寝起きするようになって、出なくなったと記憶しているが、不思議な経験であったことは紛れもない。長い間忘れていた経験の話である。
lanking.gif
クリックして投票を!



アリスとシロ
220908 Alice.jpg
220908 shiro.jpg
posted by zen at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年09月05日

ぎっくり腰

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
幼馴染・竹馬の友のY君とLINE友達になって、もう半年はなるだろうか?
なんといっても、ほぼただで長電話できるのが有難い。
真剣なというかビジネスの絡むというかの話なら、ZoomやSkype会議ということにもなるのだろうが、幼馴染との四方山話、無駄話ということもなれば、LINEやWhatsAppでの電話が、話が弾む。とりとめのない話が、湧き出てくるといった具合になる。
そんなY君との会話である。
週末母上の墓にお参りしたら、隣のお墓、長い間お参りされていないようで草がのび放題。母上の墓にかぶさりそうなので、お隣の墓ながら草抜きされたという。
ところがその親切心が、あだになった。
延び放題の草は根も深く、引っこ抜こうと思い切り引っ張ったら、腰に来たというのである。平たく言えばぎっくり腰。Y君は二十歳の頃大けがをして腰を痛めており、無茶ができない筈なのに、ついつい本気になったのだろう。
Y 君曰く
「起き上がって立つのが、一苦労。それでも起き上がってしまえば、今度は横になるのが一苦労。」
なのだそうだ。
「まあ数日もすれば、痛みも取れるやろう!」
とは言ってはいるが、はてさて。我々も歳をとったものである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年09月03日

国旗

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
9月も3日となると、シンガポールの街中で国旗を急に見かけなくなった。
実は8月9日がシンガポールのNational Day(日本風にいうと建国記念日)で、マンションの塀、ベランダの手すりはおろか、街中のちょっとしたフェンスにまで、国旗が掲げられ風にはためいてる。誕生して今年で57年というから若い国である。誕生50周年の2015年には、全戸に国旗が配布され、バルコニーに飾ってくれとお達しがあった。配布は私達外国人にも大しても同じで、多数の民族からなる新しい国だけに、そうやって仲間意識を高めようと努力しているのだろう。
こんなシンガポールに住んでいると、国旗や国歌に対してアレルギーのある我が同胞を、悲しく思う。そのアレルギーは、第二次世界大戦を引き起こしたという反省もあって、
「日の丸や君が代は、全体主義、専制主義につながる!」
なんぞという、ある種のイデオロギーあるいは忌避感のなせる業なのだろう。とはいえ別に日の丸が太平洋戦争を引き起こしたわけでも、君が代が軍部の暴走を許したわけではない。武器商人(戦前の大財閥?)や軍部が旨く利用したことは間違いのないところだろうが・・・。もし君が代が天皇を崇拝しすぎる内容というなら、歌詞を変えたっていいではないか。日本も、国旗、国歌を素直に愛せる国になりたいと、私は思うのだが。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2022年08月31日

芋たこなんきん 2

⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
田辺聖子の、「私の大阪八景」に引き続き「女の居酒屋」を読んでいる。後者はエッセイで、これを読み始めて、ふっと佐藤愛子さんの作品を思い出した。一時佐藤愛子さんの作品・エッセイに、のめり込むというほどでないにしろ、好んで読んだことを思い出したのだ。お二人とも関西の出身だからであろうか、感性も似ていらっしゃるようで、御立腹の様子がそっくりである。一方根本的に違うのは、同じ罵詈雑言を書かれる場合でも、神戸育ちの佐藤さんには気品さがあり、田辺さんには大阪人のがらの悪さがにじみ出ている。実際文庫本のカバーには、作品の時代背景を考慮して、差別用語も原文のままにしてありますとある。とはいえ私にいわすれば、その差別用語も愛をこめて使うという、大阪人の気遣いが感じられる。この心遣いは、東京の人には判るまいなぁ。
それにしても、あの頃1980年から90年にかけて、関西のおばちゃん達は皆元気でした。佐藤さんは未だに新館を出され、98歳の今も元気ですが・・・。ただ金融ビッグバン以後、失われた10年、20年、30年、関西のみならず日本全体が元気を無くしているような気がするのは、私だけだろうか。そして状況をますます悪くするのは、政府、大企業、ついでに学者も含め、都合の悪い記録は改竄するという悪癖が蔓延、さらには上には諂い下には厳しいという忖度という風潮。今日問題になっている宗教法人の問題だって、政治家のセンセイ達は、知らなかったとうそぶかれる。知らなかったという言葉で交通違反は許してくれないのに、もっと大きな問題なのに政治家のセンセイは許されるという理不尽。我々一般大衆は、こういった不正にもっと腹を立てて良いんじゃないかなぁ
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活