2019年09月24日

コンビニで

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日曜日のこと。
コンドミニアムの敷地内にあるコンビニエンスストアに、出かけた。たまたまいつも親しくしてもらっているご近所の、小学校5年生のお嬢さんも買い物に来ていた。お嬢さんは、500mlのヨーグルトを買って、店員さんの
「プラスチックバックは?」
の問いには、不要だと答え手で持って店の外に出て行った。
この爺もほどなく買い物を済ませ店の外に出ると待っていてくれて、一緒に帰ることになった。私はプラスチックバックを不要といった彼女の対応が少し気になり
「なぜいらないといったの?」
と尋ねると、さらりと
「地球温暖化!」
と答え、のほほんとしている。この態度、家庭の教育なのかはたまた学校の教育なのか、いささか気にはなったものの、それ以上の会話は、何か気後れしてしまって続けることができなかった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年09月23日

暑さ寒さも

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
秋分の日
ということは、日本では土日月の三連休か?
でもまたぞろ台風が近づいている。
15号で被害を受けた千葉県、電力の供給が依然止まっているのが、まだ三万戸余りという。
二週間以上も経って未復旧とは、
「まるで開発途上国、先進国失格だぁ!」
なんぞと、減らず口をたたきたい天邪鬼爺である。
ここで現在日本に近づいている台風に話を戻すなら、五島列島、対馬あたりを経由して日本海を北東に進む雰囲気で、大被害の千葉県への今回の影響は少なそうというのが、爺の予想で、願わくばと本音で念じている。ただ日本海を進んで北海道に上陸ということになれば、今度は津軽のリンゴ農家の被害が心配となる。
いやはや本当に災害大国日本である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年09月14日

判断が甘いのか

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
千葉県の停電復旧が遅れている。
何せ送電鉄塔が二機も倒れたのだから、復旧もままならないだろう。
電力会社の社長が
「被害状況を把握もせずに、復旧の見通しを発表してしまいました。」
と、素直に詫びたようだ。
当然マスコミ報道は、
「例によって、判断が甘い。2011の震災と同じだ!」
と叩いているし、昨年の関西電力の台風化の折の復旧とも比較して、これまた見込みが甘いと叩いている。
正論からすれば当然かもしれないが、台風の東側にあたる地域の被害だけに、少しは割り引いて考えてやらねばならない気もする。それに地勢上関東平野は、一度台風が通過すれば山岳地の多い近畿や中部と違って、風の勢いが弱められることも少なかろう。それを考慮しての見込みのできていない電力会社の責任は重大なことは陶然ながら、わずかながら同情の余地もあるというのが,天邪鬼爺の率直な意見である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年09月13日

知り合いの老犬

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先日のこと、知り合いを訪ねたら老犬が出迎えてくれた。
なんでも14歳というから、人間に換算すれば90歳超のお爺さん犬である。
家の人の話では、目も耳も鼻も不自由らしい。さらに
「餌を食べた後でも、まだ欲しがるんです。認知症みたいでしょ。」
と仰っていたが、受け売りながら
「犬には満腹中枢が無いと聞いています。それは正常な犬でもありがちです。」
と説明申し上げたら、一応納得されそれでも
「それに寝てばかりなんです。」
と仰る。
「犬という動物は、退屈すると寝るという習性もありいます。それも歳並みのことでしょうから心配には当たらないのでは。それでもだいぶ弱っていますねぇ。」
と答えておいた。
さらに御家族の説明では、奥様に一番なつかれていて、台所などでもついて回るとのことであった。たまたまその時は奥様が外出されていて、だから老犬は所在無げに動き回っていたのだろう。
そうこうするうちに奥様が帰宅され、挨拶に顔を出されて話をしていたら、例の老犬ワンワンと吠えたてている。早い話奥様の帰宅をちゃんとわかっているのである。
「まぁ、目も耳も鼻も機能的には弱っているのでしょうが、それでもそれなりに十分ですよ。」
と慰めていたら、老犬がにおいをかぎながら周回運動、
「あれおしっこするでぇ!」
と申し上げたら、一応後ろ脚を挙げてきちんと用を足している。
老犬といえども、けなげだなぁと感心するばかりであった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年09月09日

菊の節句

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
重陽の節句
本来は太陰暦の9月9日だから、今年は10月7日だそうな。
ちなみに今年の中秋の名月は9月13日である。
Full moon cakeは9月になった途端に出始めている。
実際知り合いの会社に先週伺ったら、かなり立派な4個入りをお土産に持たされた。当地でも指折りのホテル製故、日本人の友人にお裾分けしようとしたら
「Full moon cakeは、伝統を守っているのか、私達日本人には、少ししつこすぎる味で会わないからねぇ!」
と、やんわり断られた。
「これ○○ホテル製ですよ!」
と説得したけれど、である。いずれにしても友人の態度の変わることがなかった。
何年か前当地の友人に、味をどう思うかと尋ねたことがある。その時の対応は、古くからの伝統を祝う意味もあって食べるのだという反応で、味のことに言及することはなかった。味に対して保守的な国民性ゆえなのだろうか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年08月30日

いつになったら?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝日新聞インターネット版で、声の欄を拾い読み。
福島県浪江町の方からの投書、いやはや身につまされる。
「地震から8年半、元の住民はあまり戻っていない。例えば10年を区切りとして、住民の回帰が少ない様なら、県は補償を考えて欲しい。安全だからと県が誘致を決めたのだから。」
といった内容だったろうか。
原発には否定的なこの爺も、
「原発はめったなことでは事故にはならないだろう。」
と、漠然と考えていた。実際原発は地震そのものには比較的対応できているけれど、津波という思わぬ伏兵がいた。そしてあの惨状である。だから、国や県の行政側の責任として、
「元の状態になるのに、何十年もかかります!」
と、正直に言ってあげて欲しいと思う。いまのままでは、たとえは良くないけれど、「生殺し」状態じゃないか。確かに宣告すれば、とんでもない補償額が必要とはなるが、それは行政の蒔いた種なのだから。
「補償より、故郷を返せ!」
と迫られるかもしれないけれど。

話は変わるが、マレーシアにきている。クアラルンプールの南に位置するセランゴール県、そこにあるUniversity Tenaga International UniTENで開催中の、雷研究の国際シンポジュームに出席している。そして今日は最終日なのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年08月23日

双方向性リーダ5

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ますます詳細な、まぁ早い、話細かい話になる。
豪州ダーウィンでは、最終的には三か所でこの装置を稼働した。
複数個所稼働するのは、一か所だけだと方位・仰角しか得られないので、三次元化するにはどうしても二か所以上の異なる点に設置の必要があるからである。確かに一番見たいものが見えないというもどかしさはある反面、結構な優れもので、国内外の二三業に製作させてもらった。
一回トリガかかると、多分雷放電起源であろうデジタル信号に変換して640ナノ秒だけ記録、次のパルスを待つという代物で、これで博士が5・6名が誕生している筈である。ただ昨日も述べたように、私の本当に知りたいものはまだ見えてはおらず、
「ディジタルやけど、連続記録や!」
と結論した。このことは昨日も述べた。
非常にというべきだろうか運がよかったのは、そのころエジプトアレキサンドリアに二年間の長期出張をしていた。JICAからの派遣で大学院大学を立ち上げるための長期滞在で、
「よっしゃそれなら、エジプト人と一緒にやろう!」
と考え、申請したら意外と簡単に認めてもらうことができたのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年07月28日

日曜の朝

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
きのう土曜日スカイプで幼馴染のY君に電話した。
ちなみに昨日の主役のY君は弟子のY君で、今日のY君とは別人である。
さて幼馴染のY君、初めての出会いは10歳の秋の頃だったろうか。確か故郷のだんじり祭りの日であったと記憶している。そして小学生の高学年になった頃には私はちょうど向かいに住むことになった。そんなこともあって一緒に通学するようになり、中学三年間は同じクラスにはならなかったけれど、すっかり仲良しになった。そのころから、手の器用だったY君の提案で、あれこれ実験めいたことをやったものだ。高校は別々の学校に進むことにはなったけれど、友達付き合いは変わることなく、70歳の今日まで続いている。
そんなY君に、シンガポールでの商売の難しさを愚痴り、あれこれ聞いてもらった次第。
Y君は本来企業人、この爺は本来研究者で、その研究者のこの爺が65歳にもなってシンガポールで起業し、難行苦行の連続でそのいくつかを聞いてもらった次第である。聞いてもらったところで解決するわけではないけれど、少なくともストレスの解消にはなる。そんな友人のいる自身のありがたさを感じつつ、もうひと踏ん張りと気持ちを新たにしている、日曜の朝である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年07月26日

爽やかな朝が来た

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今朝の目覚めは、比較的爽快だ。
なぜか明け方ごろまで目を覚ますこともなく、気が付けば午前6時40分。ベッドに入ったのが11時でしばらくスマホをいじっていたのは覚えているが、知らぬうちに爆睡となった。久しぶりに7時間強の連続睡眠であったことになろうか。
私は生来寝つきが早く、定年を迎えるころまでは、
「先生は、あっという間に爆睡ですね。」
と冷やかされることが多かった。
まぁ実際、私は研究室の学生、院生とともに、雷の野外観測に出かけての研究で、一か月を越す共同生活をしていたものだから、寝室なども共有、宵っ張り傾向の学生諸君には寝つきの速さが驚きだったようだ。
「当たり前やん、歳考えてみぃ。わいはぼちぼち60歳やでぇ!」
と切り返したものだが、ここ数年は夜中に何度か目を覚まし、もんもんとは言わないまでも、あれこれ取り留めない思案をしているうちに眠りに戻ったりするのが常だった。そういう意味では、今朝の目覚めは気分爽快。
「まぁこんな日は、思わぬ失敗せぇへんように気ぃつけなぁ!」
と、戒めている天邪鬼である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2019年07月23日

どっちが大事やねん

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ビートたけしさん曰く、
「我々お笑い芸人は、猿廻しの猿。その猿が悪いことやったら、親方が謝るべき。お笑い芸人が涙見せて謝ったらみっともない!」
といった内容のコメントをしていた。ちょっと聞くと一理も、二理もあるように聞こえるが、泣いて謝るからみっともないので、毅然として謝ればそれで十分ではないのか。涙の出るちゅうことは、心にまだ余裕があって、本心で懺悔しているわけではないと、少なくともこの爺は思う。
浅田次郎さんの「鉄道員」を映画化した降籏さんが、小林稔侍さんに
「涙の出るうちはまだまだ!」
といわせている。
まぁぽっぽやの話はさておき、参議院選挙ちゅう国の一大事の最中に選挙そっちのけで、失礼ながら些末な話題の筈がほとんどのテレビ報道で取り上げられて、本当に困ったものであるというのが私の本音なのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活