2017年09月03日

ハリラヤハジ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
一昨日金曜日 シンガポールは、(多分マレーシアも)ハリラハヤジという祭日であった。つらつらエジプトでのことを思い出すに、イスラム教の「犠牲祭」である。私の住んでいたアレキサンドリアでは、この犠牲祭がイード アル アドハーと呼ばれていて、そのお祝いには山羊を捧げていた筈。大いに残酷な話ながら、ヤギの頭をちょん切り、ヤギの体をぶら下げて血抜き(ハラルのためだろう)している光景に何度も出くわした。私なんぞ意気地なしだから、ヤギとの首をちょん切る儀式には出かけて行ったことは無いが、街角のあちらこちらで行われていたようで、道路が血に染まっていたのを覚えている。
さすがにシンガポールではそんな光景には出くわさないけれど、マレーシアではモスリムの人口比率も高いため、「日本人の目から見たら野蛮な儀式」が行われているんだろう。宗教上に儀式故、あれこれ言うのは良くないだろうが、何やらヤギの公開処刑で、とても私には受け入れがたい。(急用で今から外出この稿続く)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年09月02日

今年の秋は早いか?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
210日も過ぎて、日本は急に涼し気なそうな。
FaceBbokに掲載される雲の風情が、まさに秋。友人の一人など
「今朝は涼しくて、心地よい!」
なんぞと記載している。
それにしても今年の気象の長期予報、外国で日本の事をのぞき見している限り、ことごとく外れたような。大阪の事はいざ知らず、東京は20日間も連続して雨が降ったそうで
「今年の夏は暑い!」
は、初夏の北海道と西日本だけだったとの印象が強い。
ついでに言うと、「長い夏」も予想されていなかったっけ。
まあ9月半ばになって、夏のぶり返すこともあるかもしれないが、今のところ秋の訪れは早そうな感じである。
そもそも長期予想の精度が上がったのには、スーパーコンピュータを用いての数値シミュレーションの精度が上がったからの筈で、今夏の「大外れ」の原因は何だろう。今のところその総括を聞かされていないとはいえ
「今の空間メッシュでは十分に再現しきれない擾乱があって、その非線形作用が引き起こした異常気象が原因。」
といった具合だろうか。つまるところ、関連研究者の方々が、さらなる高機能を必要と唱えるに違いない。
話は変わるが、つい最近
「大地震の発生予知は不可能!」
と、予知連の結論が報じられたが、気象の長期予報も不可能とまでは言わないが、今のままのスーパーコンピューターの精度では無理と、誰かが言い出すのだろうなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年08月25日

一週間は短く、一時間は長い

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
年齢を重ねると、時間に対する感覚が極めて理解し難い。
一日一日がとんでもなく長いのに、一週間があっという間に過ぎてしまうといった具合なのである。実際昨日なんぞ、夕方に重要な会議があって、それ以外これといった案件もなかったからだろう、午後三時頃までの長かったこと。午前中は会議の事が気になって何に対しても集中できず、結局無為に時間を過ごすこととなった。なのに昼食後はやたら眠かった。まぁ昼食後の眠いのは毎度のことなのだが。月曜日からの毎日がかくのごとくだったののに、気が付けばなんと今日は金曜日、果たして今週の成果はと考えても、取り立ててあるわけはなく、だから一週間の過ぎる速さよということになる。
以前このこと、つまり
「歳を取ると、一日一日が本当に長いのに、一週間は当然一月だってあっという間だよ。」
を若い友人に話したら、大笑いされたっけ。どういうつもりで笑われたのかは、その気持ちまで推し測ることはできないけれど、いずれは誰もが通る道その年齢になれば実感できるのだろう。
そして今日は金曜日、どんな一日になることやら・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年08月16日

72年目の夏3

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
72年目の夏、何やらきな臭い。
米国・西洋花札大統領と、北の将軍様がいわば子供の口喧嘩を演じているからだ。
北の将軍様は、米国海兵隊の有るグアム近海に、御自慢の
「ICBMを着弾させてみようか?」
とからかえば、西洋花札大統領は
「将軍様の国は、見たこともない炎と怒りに直面するぞ!」
と応じるなど、舌戦が過激になるばかりである。
ただここにきて北の将軍様が
「あまり我々を恫喝しないで欲しい!」
といささか弱気を見せているのは、まぁ朗報なのだろう。
ところがである。
わが国のマスコミ報道は、盛んに危機感を煽っているけれど、西洋花札氏も将軍様もそこまで愚かであるまいと、この爺はたかをくくっている。
一方国自衛隊は、ICBMの経路に当たる島根、広島、高知に迎撃ミサイルを配備して、万が一にも将軍様がICBMを発射することになれば、宇宙空間で迎え撃って破壊するための準備をしている。とはいえ現実のところ命中させるのは容易でないらしい。加えて、もし迎撃ミサイルを発射しようでもものなら、それって北の将軍様の国とわが国が戦闘状態になるってことではないのかと思案(いや不安)もめぐる。
迎撃は、わが国憲法に限りなく違反している「集団的自衛権の行使」ということなのだろうが、そんな準備をする暇があるなら、西洋花札氏と将軍様の仲直りのために骨を折る方が得策だろうと確信するこの爺である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年08月06日

蝉時雨の朝

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
貝塚の自宅で、朝を迎えた。
早朝から世界陸上のテレビ中継、あのボルト選手が三着の銅メダル。
そして勝ったのは、ボルトより5歳ほど年上の、米国・ガトリン選手。
これが若い人がボルトを負かしたのなら
「新しい時代を迎えた!」
ということになるのだろうが、はてさて・・・。
いずれにしても、
「流れは変わった!」
というのは事実だろう。
「このレースが最後!」
と言っていたボルト選手、今回の敗戦で
「もう一度!」
ということもあるまいと、素人ながら考えたりして
「ボルト選手、9年間だったかなご苦労様でした。」
と贈っておきたい。
そしてベッドからはい出せば、近くの林から蝉時雨が心地よい。
72年前の広島も、蝉時雨の朝だったろうに。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年08月02日

犬にも個性が

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
葉月二日。
週末ご近所から犬を預かった。一泊二日の「お泊り保育」である。
名前はクリスピーで、10歳を超す老牡犬である。
実はクリスピー君、御近所がこれまた友人から一か月間の飼育を依頼されているというのだが、よんどころない事情で
「一日だけ面倒見てもらえませんか?」
との事。もとより犬好きの私には「お泊り保育」に異論ある筈もなく、クリスピー君との楽しい週末となった。
実は以前にも別のお宅からながら、ペプシという老犬を預かったことがあり、その二匹の振る舞いの相違が、興味を引いたので、今日は私なりの理解を披露したい。
ペプシ君の飼い主は、御夫君が電子機器メーカーの営業で東南アジア各地を飛び回っている。奥様はシンガポール航空のキャビンアテンダント、だから彼女も留守がち。それゆえペプシ君にとっては、預けられるのは日常茶飯事で、我が家にやってきてもそれなりにすぐ居ついてしまう感じである。それでもお気に入りの空間があるようで、ペプシ君なりに退屈すると、四本の脚を投げ出してそこでごろりと横になる。ちなみに「そこ」はソファーの横であった。
次にクリスピー君、奥様は専業主婦で通常なら預けられることがない。今回の場合おカナダの大学に進学されているお嬢様に合うためのご旅行で、やむなくということらしい。だから、多分だからなのだろう、我が家にやってきてもなかなかお気に入りの場所が決まらない。それどころか例えば排便・排尿を兼ねて散歩に連れ出しても、時折振り返って私の存在を確認している風なのである。人間の言葉でいうと、我が家に預けられていても何となく所在がないということになろうか。
「クリスピー、保護者が続いて二回も変わって、とりわけ我が家にいることは何とも不安なのだろう?」
というのが私の理解。
果たして、日曜の午後になって近所のちびっこ二人がクリスピー君を迎えに来た時のあの振る舞い、何とも言えない安堵感を醸し出していた。
ちなみに最初のペプシ君の場合、お迎えにご近所がやって来られても、淡々と帰られるだけで、預けられ慣れていたといった感じではあったなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年07月29日

耳が遠くなった?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日はちょっぴり恥ずかしい話題である。
夕方職場でスカイプの呼びがあった。
職場でのスカイプ、最近めったに利用しておらず、慌ててイヤホンを探し出し交信を始めたが、どうもうまく聞き取れない。
「もう少し大きい声で話して?」
と願いしてみたが、あまり改善する雰囲気にない。
音量はどうなっているかと確かめたら、なんと最大。それでも聞こえないということは、いよいよ耳が遠くなってしまったかと、自身の老化を恨むというより悔やんでみた。
というのも、ここ数年人間ドックでは、
「高音が聞こえにくくなってますよ!」
といつも指摘されていたから。
イヤホンの左右を替えて、左用を右耳に、右用を左耳に差し込んでみると、音量は若干上がって、かろうじて会話は可能である。
ただ念のためにイヤホンを外してスピーカーにしたら、これは十分すぎるほど聞こえるではないか。職場の仲間に差しさわりの無い会話を続けつつ、イヤホンをよくよく見ると、音の漏れくるはずの部分、黒かった筈なのになんと黄土色。何せこの爺は老眼ゆえ、眼鏡をはずしてためすすがめつしてみたら、どうも何やら詰まっている風。ボールペンの先でつついてみたら柔らかい。さらにつつけばポロリと落ちて、なんと耳垢の固まり。左右ともその状態。一〜二か月使っていなかったのだが、その間に???
そしてもう一度さしてみると、今度は成程明瞭に聞こえる。
「もう少し声を抑えて!」
とお願いすれば、相方
「さっき聞こえないとおっしゃったから・・。」
「いやなに、差し込みが甘かったんや。」
と言い訳をしておいた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年07月18日

故郷は優しくない2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
やさしくなかった故郷を思い出している。夜半に貝塚の自宅に到着したら、給水停止措置を受けていて、絶望感を味わったあの件である。
翌日とりあえず市の水道局を訪れて、未払い料金ってのを確認したら、昨年11月の分で、その後は毎月口座引き落としがされているという。それならなぜ給水停止措置になったのだと尋ねる私に、
「督促状に半年間も対応がないので、もう引っ越されたのかと思いまして!」
といけしゃあしゃあと言い放った、担当官。
「それやったら、引っ越した家庭から、口座から引き落ちるのをいいことに、毎月基本料金徴収してたんか?」
と、詰問したいところをぐっと我慢して
「今日中に、給水再開してくださいよ。この真夏に水が出なかったら、しゃれになりませんよって!」
と、ひたすら低姿勢。
まぁその甲斐あってか、その日の夕刻に自宅に変えれば水道は復旧しており、有り難いことこの上ない。
それにしても、しゃくし定規と言おうか、担当官の無神経さ。6か月間基本料金引き落としておきながら、11月分未納で給水停止とはなぁ!?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年07月16日

脱輪しちゃった

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日、自宅の前で運転していた自動車の、左前輪を溝にはめてしまった。
俗にいう脱輪である。
そもそもの原因は、モーターバイクに5人も乗った若者がやってきて、狭い道で対交もままならず、
「えらい仰山乗ってるやないかいな!」
とからかったのが間違いで、慣れている筈の自宅のカーポートへの入り口での脱輪。若者は単車を止めて
「おっちゃん手伝おうか?」
と言ってくれたけれど
「ええよ、JAF呼ぶから!」
と断った。
そして待つこと30分JAFのレッカー車が到着、隊員は若い女性で曰く
「お年寄りの場合、脱輪は自宅近くが多いのです!」
とのこと。緊張して運転していて自宅について、ほっと緊張がゆるんでの失敗らしい。
まぁ自身でも、まだ前期高齢者ながら、もう車はやめようかとさえ考え始めているので、潮時かもしれない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年07月13日

故郷は優しいか?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
一昨日夜遅くに関西空港に到着。自宅に戻ったのは、午後10時半頃だったろうか?
大よそ半年ぶりの帰国である。
だというのに、故郷は優しく迎えてくれなかった。
なんと水道が全くでないのである。そして山のような郵便物の中から探し出したのは、
「未払い料金の督促をお送りしましたが、6月20日現在入金を確認できませんので、已むを得ず停止させていただきます。」
との手紙。さらにその手紙には
「市の水道局にお越しの上未払い料金2130円を入金して頂ければ、即日に開栓いたします。」
とある。
「2130円のためにこの不幸!」
と考えては見ても、恨むなら自身の不注意しかない。そんなわけで、日の変わる頃にとりあえず銭湯に出かけた次第。ちなみに念のためにと考えて、玄関先にある止水栓を確かめてはみたものの、止水栓が土に埋もれて見えなかった。
さて昨日東京出張の前に市役所の水道局に出向いて、支払い手続き。それで念のために
「未払いって、いつから払ってなかったのでしょう?」
と問えば、
「最近は、指定の口座からきちんと引き落とさせてもらっています。ただ昨年11月の分がなぜか引き落とせなくて・・・。ええそれだけなんです。」
と仰る。思わず
「何それ!悪いのは不注意な自分であることは認めるけど、なんという意地の悪い仕打ち。故郷はやさしくないなぁ。」
と考えていたら、担当官が
「もう引っ越されたのかと考えまして!」
と、とってつけたような説明である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活