2017年04月27日

北の将軍様の国では

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
この爺、論理的に考えて判らないことがある。
それは北の将軍様の国が、核兵器開発を実施したり、人工衛星打ち上げと称してミサイルを発射したりしたとき、国連が制裁決議をすることである。
元よりこの爺、北の将軍様の国は好きではないし、若い頃には「共産党以上、過激派未満」の革新派だったとはいえ、共産主義そのものが人間社会で立ち行かないことを歴史が証明しただけに、どう考えても北の将軍様を応援したり認めたりする気にはなれない。
ただだからと言って、なぜ国連決議までして、核開発やミサイル発射に対する制裁を科すというのかと不思議でならないのである。
確かに「核の拡散」を防がねばという、国際的な合意に基づいた主張は理解できるけれど、一方ではアメリカ、ロシア、中国などの国は核兵器や核兵器搭載可能なミサイルを所持して廃棄する意思は全然ない。だから何を根拠にして、北の将軍様の国に
「核兵器開発はやめよ、ミサイルは持つな。」
と、責めるというのだろう。それに北の将軍様の国は、ちょっぴり不気味で、何をやりだすか予期し難い面もあるけれど、それはアメリカ合衆国だって同じだろう。実際二週間ほど前に、シリアやアフガニスタンをいきなり攻撃しているではないか!だから危ないという意味では、どの国だって似たようなものなのである。
この爺、抑止力としての核兵器は、もはや意味のないものと理解している。かかる意味で、北の将軍様の国が、そんな武器を開発することは、どぶに金を捨てるようなものと信じている。それでなくても経済的に困窮している国情だけに、
「そんな無駄遣いは止めて、国民のために使ったら。」
と助言申し上げたいけれど、将軍様がやりたいといったとき、諫言する部下もいないし、それこそ忖度する部下が多く居るのだろうから、多分どうしようもない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年04月03日

年度初日の憂鬱

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「教育勅語」を教材とし用いることを否定しない。
いやはや恐ろしい閣議決定である。

親、兄弟、友人を大切にすることは、わざわざ教えなくても当然の事。
だのに為政者どもは、教育勅語の中にあるこういった項目を取り上げて
「『親に孝行、兄弟は仲良く、夫婦は仲むつまじく、友達とは互いに信じあう。』といったことを教えることに何が問題か!?」
と能書きを垂れる。詭弁も詭弁ながら正面切って尋ねられると、否定はできない。そして為政者どもは、これらを教えるのに教育勅語を教材として用いるというのである。
しかし為政者どもの本音は、おそらく全然別のところにある。
世界右傾化の風に乗るためか、はたまた隣国を牽制するためかはともかくとして、
「大東亜戦争前のような、軍事的にも他の国に負けない強い国になる!そのためには、国民が心を一つにしなくてはならない。」
と考えているのだろう。国粋主義、軍国主義の復活を目論んでいるとしか思えない。戦前のファシズムにさえ通じるような気がする
ただしこれはあくまでもこの爺の、それでもかなり的を得た憶測である。
そして爺は悩んでいる。
大東亜戦争でとんでもない敗北を喫し、我々日本人は反省した。
東京裁判などは、反省を無理強いさせられたきらいもあるが、ともかく
「あの戦争はすべきでなかった!」
と。
確かに反省するあまりに、国を愛するという考え方が私達から希薄になったきらいもある。
というのも、「国を愛する」すなわち「国粋主義」というレッテルが貼られたから。さらには「個人主義」が行きすぎて「親の言うことに耳を貸さない子」も多くなった。
だからといって、教育理念の戦前回帰は困る。それは認めるべきではない。
悩み多い新年度の初日である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年02月26日

球春の足音

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
二月は本当にさっさと行ってしまう。
平常の月より2日か3日少ないだけだというのに、月並みな印象ながら、この速さはなんと表現すれば良いのだろうか?古来より「2月は逃げる」とさえ言われているけれど・・・。
そんな2月、野球狂には嬉しい球春の訪れである。
2月1日にキャンプインし、そして昨日早くもオープン戦が始まった。
それに月が替わればWBC(World Baseball Classic)も始まる。
とはいえ私自身WBCにはあまり思い入れがない。国家意識を煽るような、競技開催は天邪鬼ながら本音で好きになれないからである。ただし私が運営するならWBCは現実に所属するリーグの選手で構成したい。例えばダルビッシュ、田中、イチローは米国チームの選手、陽 岱鋼は日本チームの選手という具合に。こういう意味で、ラグビーのワールドカップの在り方は、私の理想に近い。閑話休題
話をプロ野球に戻せば、長いペナントレースの開幕までにはまだ一月以上もあり、はなはだ待ち遠しい限りである。果たして今年はどのチームが優勝するのかと、考えるだけで気分の高揚を意識する。昨シーズンのセントラルリーグ、「神ってる」の広島東洋カープが圧倒的強さを示したけれど、今年はそうもうまくはいくまいと予想している。ちなみに本来私はパシフィックリーグのファンで、かつての西鉄ライオンズが贔屓である。そのライオンズ、西武埼玉ライオンズとなってもはや30年以上も経つ。最近数年間はひところの強さが無くなって、面白みのない球団となってしまった。親会社の勢いや情熱が薄れると、球団自体も勢いがなくなるのは、世の常。その意味では、日本ハムソフトバンクそれに楽天は、話題が豊富であり、ライバル球団ながら興味が引かれる。一方オリックス、ロッテや西武はなんとはなく印象が薄い。こんな風に考えながらも、ペナントが始まれば贔屓の西武ライオンズの勝敗に、一喜一憂するのだろうなぁ。
二月も後、今日を入れてあと三日である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年02月22日

アスクル火災

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
しゃれっ気のきいた会社名の通信販売業「アスクル」の配送センターの倉庫が焼けた。
この調子だと完全消化までに、一週間かかりそう。というのも二階三階に窓がないので、外からの消火作業は現実的にはほとんどできないらしい。それに配送の効率化を主眼としているだけに、建物の中は商品がぎっしりなのだろうから、中に入っての消火活動も容易でないと聞く。だから文頭の、完全消化までに一週間の現実となるのだそうだ。
ちなみにこの火災で、商品は「アスコナイ」こともあるそうだ。
それにしてもである。
今回の火災で、この種の企業の脆弱さを見たような気がする。
今回はたまたま「アスクル」だったけれど、一歩間違えば「アマゾン」だって、「楽天」だってご同様なのだろう。ただ今回の火災、現時点で私はその原因を聞いていない。早く知りたい気がしてならない。想像ながら配送の準備はかなり自動化されているのじゃないか。だから火災が起こっていても、機械が火の横を通ってごとごと注文の品を運んでいたのじゃないだろうか。こう考えるといかにも不気味である。
不気味といえば、北の将軍様の兄上の事件も不気味。ただこの話題は明日にでも。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年02月20日

泉州にも春一番

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨夜真夜中頃から、風が吹き出した。
そして明け方には、家をゆする揺さぶるほどの強風になった。
春一番である。
先週には関東などでも春一番が吹いたらしいが、なぜか泉州界隈はその時は、ふかなかった。
ちなみに春一番の定義は
「立春から、春分までの間に吹く南寄りの風。」
で、温度の条件もあった筈だが、覚えていない。とはいえ、南寄りだけに生暖かい風で、春の訪れを予感させ、「春一番」と呼ばれるのだろう。
その生暖かさに誘われて、朝の散歩と決め込んだ。何度も申し上げているように、我が家は俗にいう里山にある。だから朝の散歩は、ある意味快適なのである。
そして春一番の強風の中に、配電線の風切り音を聞いた。
この風切り音もなかなか風情がある。そしてふっと
「地上の電柱をなくす法律が施行されたら、何年かのちにはこの風切り音も聴けなくなるのか?」
と考えた。
おセンチといわれようとも、あれはあれで良いものでもある。
それに子供たちに風の音を教える格好の理科の題材にもなる。
とはいえ、こんな過疎の村だからかもしれないが。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年02月16日

新鮮な人参

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
貝塚の自宅にいる。
今日は朝からポカポカ陽気。昨日の最高気温より10度は高いとの予報。
それならと朝から洗濯機を回す。
帰国して丸三日ともなれば、洗濯物もそれなりにたまっている。
それでも小一時間もすれば洗濯機も終了、あとは陽射しの中で洗濯物を干す。
12月から二カ月ぶりの帰国だけに、物干し竿も埃が積もっていた。
ふと気が付くと、隣の畑から見知らぬ人が歩いてくる。思わず
「失礼ですがどちら様?」
といつもの調子で声をかければ
「あの畑を管理していらっしゃるKさんに野菜つくりを教わっています。」
とのこと。
「今日はニンジンの収穫と、そら豆の世話です。」
「この町内の方ではないですよねぇ?」
の問いには、
「貝塚駅の近くから。でも三ツ松で育ったから、中学校はこの学区です。」
と屈託がない。この爺より10歳はお若のだろう。
立ち話の最後に、取り立てのニンジンを下さった。
野菜を作る楽しみは、自身が食べることもさることながら、知り合いにもらってもらうこともそれ以上なのだそうだ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年02月14日

一時帰国

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本に帰っている。
今回の一時帰国は一週間の滞在。しかし寒い。
今回の帰国は、おおよそ二か月半ぶり。シンガポールからでも、日本の寒さはテレビニュースなどで見ていたから、判っていた筈なのに。
実は昨朝関西空港に到着した。
飛行機から降りて帰路に就くまでのほぼ一時間は、空港内は長袖シャツ一枚でうろうろできた。トランクにはダウンジャケットを入れてきてあったので、待合室で着込んで空港ビルを一歩出れば、果たし絵予期していた通りの真冬であった。
「これからこの寒さの中で一週間も!」
と考えるだけでも決意が鈍りそうであった。
それでも気を取り直し、我が家に向かえばともかくいつも通りに建っていて、心安まる。とりあえず温かいお茶をいれ小一時間小休止。
午前11時の鐘を聞いて奈良に向かう。その後は吹田の阪大工学部。
緊張しているからか、眠気は全く感じなかったのがせめてもの救いであった。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年02月10日

女の涙

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「女の涙に騙されたらダメですよ!」
とおっしゃる近所の奥さんの言葉が耳に入ってきた。
四家族集まって、皆でわいわい勝手なことを話していた最中、どんな話題からこの言葉が出てきたのかわからない。ただ唐突だっただけに印象も強烈で、この言葉をきっかけに、ほとんど全員がこの話題に集中するようになった。
私は自身の経験の次のような話を披露した。
大学で長く研究室運営をやっていた関係上、工学部といえども何年かに一人か二人の卒業研究生を預かることもある。俗言いう講座配属である。一般論ながら、構成員がほとんど男性の中の紅一点、ある意味やりにくい点のあることも事実。それにともすればちやほやされがちなので、研究室に所属するようになった当初、女子学生はついつい女王様気取りとなるようだ。だからというわけでもないのだろうが、談話会で議論が伯仲して結果的に論破されようものなら、男子学生はぐっと悔しさをこらえるのに、女子学生はついつい涙ぐんだり泣き出したり。そんな時行司役のこの爺は
「私は、女の子の涙で主張を曲げることは無いから・・・。」
と、ある意味女子学生の背中を押すようにしていた。
ある年珍しく二名の女子学生が配属されてきた。そして例年のような事案が起こり、自身の主張をうまくできない女生徒が泣き出した。もう一人が泣きじゃくる女子学生に近寄って、肩をたたくなどして慰めながら、それとなく泣いている女子学生の目頭を指で拭った。
その直後、この爺の方をじっと見て意味ありげなサインを送ってきた。この爺、思わずいつもの常套句、「女の子の涙」を飲み込んだ次第である。
ただこの爺は今でも、「女の子の涙」についてはあれこれ考えがあるものの、目頭で確かめる方法があるとは、いまだに新鮮である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年02月04日

Oさん逝く

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
Oさんの話を続けたい。
そもそもの出会いは、この爺が名古屋大学から大阪大学に赴任してきた、1989年(平成元年)にさかのぼる。名古屋大学在職当時から職員組合に所属していた関係上、移動してきても所属は当然と、名古屋大学諸君組合に発行してもらった書類をもって、大阪大学職員組合工学部支部を訪れた。
「珍しいですね。勧誘もしないのに組合に所属してくれるなんて!」
それがOさんの最初の言葉だった。
「私は日本共産党を支持してません。ただ大学の構成員なら、職員組合に入るのが当然と名古屋大学当時考えてましたから。いや先輩たちから教えられたという方が正確かもしれません。空電研究所は小さな組織だったし、組合のことも持ち回りに近い形でやってきました。学長交渉も何度かやりましたし。ただ阪大工学部はこんなに大きいのですから、私の組合活動を期待しないで下さいよ。今は日教済目当ての組合員です。執行部に推薦されるようなら、すぐに止めますよ。」
とまぁ、若気の至りとでもいったような言い様で、私は手続きを申し出た。
Oさんは馬耳東風といった感じで、特に怒った風でもなく
「入ってくださるだけで感謝です。」
とさらりと受け流してくださった。
その後この爺は、月々の組合費を納めに事務局を訪れる以外は足を運ぶこともなく、さらには
「毎月来るのは面倒ですし、半年分まとめて払うわ!」
といった感じで、年に一二回の事務局行となっていたと記憶している。実際この爺は思想的には若干革新的という以外支持政党もなく、職員組合の活動とは全く無縁であったというべきだろう。
以来15・6年、国立大学が法人化されたとき、
「法人化されるんやったら、大学執行部と労働組合という対立構造が無いと、大学という組織がダメになるんちゃうか?」
なんぞと考え、事務局を訪問した。そしてそれがOさんとの現実的な意味での再会となったというべきだろうか。Oさんは、最初の出会いをしっかりと覚えておられ、それでも蒸し返す風もなく
「どうされます?」
とだけおっしゃり、当時まだ嫌煙権がうるさくなかったこともあって、悠然と煙草をくゆらしておられた。
その後のあれこれは今更ここで申し上げるべくでもいだろうが、ただこの爺は昼休みには事務局を訪れ一杯のコーヒーを頂くのが日課となった。
だから私は定年後も、阪大キャンパスに足を運ぶときには必ず事務局を訪れ
「コーヒー飲みはります?」
の声を聴くようにしていたというのに。
合掌
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2017年02月03日

ショックやなぁ!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日は節分、そして明日は立春。暦の上の春ですなぁ。

最近若者の気持ちを少しは判ろうと、Facebookをたしなみ始めた。
2010年以降のアラブの春の原動力となった「インターネット革命」、さらには昨年のアメリカ合衆国大統領選挙なども、Facebookをたしなみ始めた一因である。なんといっても、世界中のどこにでも、ほぼただで声での連絡を取ることができるし、文字でのやり取りなら何人かとも同時に俗にいうチャット可能である。
そして昨夜の事、さて寝ようかとベッドに向かいiPhoneを取り上げたら、大阪大学在職当時の若い友人から連絡が入っている。優秀ながら比較的線の細い方で、爺の在職当時は他学科の教員ながらよく話し合った方である。例によって取り留めない話から、少しは真剣な話題までチャットを続けた。10分ほど続けたろうか
「そろそろ寝るでぇ!」
と、大阪弁で送ったら、
「Oさんも亡くなりましたし、話し相手が無くなりました!」
とえらくショッキングな話題。
シンガポールにいる爺には届いていない訃報で、
「いつやねん、聞いてへんでぇ!」
「元日に突然倒れはって、そのまま逝かれました。」
とのこと。
実はこの爺、一時帰国のたびにOさんのいる事務室を訪ね、小一時間話し込むようにしていた。
そして昨年12月初旬に帰った際は
「次の帰国は一月下旬かな?!」
と言って退出した。ちなみに私の退出の挨拶は
「お互い若うないんやし、次会うまで生きとりや!」
Oさん約束守らなあかんがな。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活