2020年02月20日

10年前の今日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日も小休止が続く。

「氷が融けると何になる?」
そんな話題を,朝日新聞天声人語氏が提供している。
答えは状況に依存するのは当然で,は科学的な問いかけの答,は抒情的な問いかけの答,そして意地悪なぞなぞなら,解答者の出さなかった答が,正解となる。天声人語氏の内容は些かまじめで,小学校の理科の試験で「春になる」と書いたら減点されたという話に類する古い答案が,北海道の読者から送られてきたというもの。ただし氷ではなく,雪が溶けたらという設問で,春になると答えて, 85点を頂いたという内容であったそうである。雪が解けたら何になる?にまつわる笑い話は,現実にも起こっているということらしい。
この天声人語氏を読んで20年以上昔の事を思い出した。ロケット誘雷実験にインドネシアに滞在したとき聞いた話である。あのプロジェクトを始めた当時は,日本企業の現地滞在の方々に本当にお世話になった。その中に最初家族全員で赴任されていて,滞在が2年を越したので先ずは家族だけ帰国させた方がいらっしゃった。
そのお子さんが帰国してからの社会のテストで
「環太平洋造山帯に位置する●◎は,火山,温泉,地震が多く・・」
●◎をインドネシアとしたら,不正解になったというのである。文脈を聞かなかったし確かなことは言えないけれど,出題者は我が国もしくは日本と答えさせたかったに違いなかろうが,インドネシア・ジャカルタに2年も滞在されたお子さんなら,当然のことながらインドネシアと答えるに違いない。ここ数年来インドネシアではかなり大きな地震が立て続けに起こっているので,今日ならすんなりとは罰点では無いかも知れない。
いずれにしても教育は難しいと,問題提起して稿を終えたい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年02月14日

野村克也さん逝く

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
野球解説者の野村克也さんが亡くなられた。
正確には亡くなられて数日経つとはいえ、野球狂としては取り上げないわけにはいくまい。
私は生まれも育ちも大阪府南部で、親類縁者の大半は南海ホークスファンであった。
だから大阪球場にはよく連れて行ってもらった。小学校の高学年で、ちょうど野球に興味を覚えだしたころである。当時は西鉄ライオンズの全盛期で、南海ホークスの応援に行くのに、西鉄ライオンズがよく勝つものだから、私はすっかり西鉄ライオンズのファンになってしまった。それでもライバルチームの、野村選手や杉浦投手には憧れた。あの頃我々は、杉浦投手のアンダースローを真似たり稲尾投手のピッチングフォームを真似たものである。西鉄ライオンズには中西太というスラッガーがいたけれど、確か腱鞘炎だたかな、選手生命は短かった。一方南海ホークスの野村捕手、体が頑強にできていたのだろう、1982年に引退するまで、「生涯一捕手」を貫いた。そして最後の二年は元のライバル球団である西鉄ライオンズから西武ライオンズとなった球団で、捕手を務めた。その二年間で松沼(兄)投手の才能を開花させ、一人前の投手に育てあげた。
その野村さんが、生涯で出会った投手の中で最高だったのは、西鉄ライオンズの池永投手だと仰っていたという話を聞いたことがあった。それを先日のNHKの追悼番組でも流していたという。池永投手は、下関商から西鉄入りしたのだが、実働5年で100勝しており、野球狂の私はピッチングフォームを真似たりしたものである。私事はさておき、野村さんの眼鏡にかなった池永投手ながら、解説者を含め現役時代を知っている人も随分少なかろうと思う。ただ71歳の爺、現役当時を知っているわが身としては、いまだに憧れているのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年02月11日

漂流豪華クルーズ船

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
思い出話は、一日お休みをもらって、新型コロナウィルス肺炎の話題を。
というのも、大型クルーズ船の乗客・乗員4000人弱が、下船させて貰えず、まさに閉鎖空間にいるので、保菌者の数がどんどん増えている。昨日でもはや130人超か・・・。
友人がブラックユーモアに近い内容をぽろりと漏らした。
「下船したければ、新型コロナウィルス肺炎にかかればいいんだよ!」
笑えない冗談ながら、実際発病すると有無を言わさず隔離病棟に運ばれるので、確実に下船できる。ただこうなると、下船するのも命がけということになる。
確かに国を守るという観点からは、乗客は一切下船を認めず、出向地に戻っていただきたいような気もするが、一方人道的な立場からは、全員の下船を認め一定期間の隔離を強いるべきではないだろうかとも考えている。というのも、このままの日を重ねれば、豪華客船とはいえ閉鎖空間だけに、最終的には全員保菌者となってしまうのじゃないだろうかと考えるからである。さらにはそういう事態になれば、世論が日本政府の対応を厳しく非難するに違いない。
「野蛮な国だ!」
なんてレッテルは、本当にありがたくないもんなぁ。
ついでに言うと、福島の汚染水いよいよ海洋投棄に踏み切るのだろうか?
これと併せて、ますます野蛮国に成り下がるかもしれない。
取り越し苦労にならなければよいがなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年02月01日

どうなるコロナウィルス禍

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
一月が終わって、二月となった。
71歳の徒労が続いている。
まぁ後ろ向きの話は面白くないので、このブログではやめておこう。
話題は変わるが、新型コロナウィルス、あっという間に世界中に広まったとの印象が強い。現時点でアフリカ大陸だけは、無事なようだが、それも時間の内だろう。
関連してアメリカ合衆国は、中国に二週間以上滞在者の入国は認めないという。我が国政府だって似たような対応だし、かくいうシンガポールだって、御同様である。だから一気に世界経済が減速かとのうわさもある。
日本のことに話題を移せば、日本の見かけ上の好景気は、年間1000万人に喃々とする中国からの旅行者寄与が大きく、
「旅行お断り!」
ということになれば、政府としては大変だろう。それから今年は8月にはオリンピック予定されているが、まさかこの肺炎騒動、夏までは続かないだろうが、それでも影響は無視できまい。福島の風評被害(?)も依然として根強く、政府の目論見通りに事が運ぶか、天邪鬼爺としては見ものである。
それにしても工業立国の立場が怪しくなって以来、我が国政府の対応は漫画による外貨獲得や、観光立国を標ぼうしたり挙句には賭博で外貨の獲得をと言ったり、いやはや安易に走りすぎてはいないか。いやもうちっと真面目に考えて欲しいものである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年01月31日

突然変異

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先日武漢発の新型コロナウィルスのことを書いたら、似たようなことをネット新聞が取り上げていた。似たようなこと、正確には
「なぜ大腸菌の中に、人間以外をなすO157が出現するのか?」
についての考察である。その記事によれば、大腸菌は本来大腸に在って宿主と共生しているものとあり、この理解は科学者の端くれとして、私も持っている。
余談ながら、旅行に出て水が合わずに下痢をするというのは、私の理解では必ずしもその地が不衛生だからではなく、見慣れないあるいは馴染んでいない大腸菌を取り込むからだろうという点にある。だから少しずつ慣らしていけば下痢をすることはめったになく、実際このことに気付いてからは、私は旅で下痢は皆無、あの評判の悪いインドでもしなかった。
さて新聞記事によれば、牛の腸が関係していると有り、大腸菌が突然変異して、宿主に害をなす、例えばO157が生まれるそうなのである。
記事を読んでいて、納得する部分と理解できない部分があり、新聞記者さんが書いたので不正確なのだろうが、例えば取り上げている大腸菌は、人間のものか牛のものかという点、もう一つはO157で牛が命を落とすのだろうかという点。納得できるのは、大腸菌の種の保存に対する意欲が、突然変異を起こすという点。こういった話、何やら蝙蝠の持っていたウィルスから、人の肺炎を引き起こすコロナウィルスに変異したらしいという、最近の騒動に通じるものがあるというのが、私の理解である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年01月30日

最低かつ最長

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
首相がまたわけのわからん答弁やで。
「推薦する人の人物チェック、全部するのは難しい!」
と、桜を見る会に関しての国会答弁で答えたそうや。
それで質問した方が納得したんか。
こんなん答えになっとらんと思わんか。
無責任な回答するなちゅうて食って掛からなあかんがな。
誰かも判らんと推薦して、それを招待するちゅうのんは、危険極まりないで。
そんなかにテロリストおったらどうするねん。全部チェックはしてあるんは当然やろ。
言いたないんは、チェックした中に反社会勢力おること判ってるからやろ。
問題はや、そんな人をどう言い意味で含めたかや。
「首相の名前を、会社の宣伝に使こうてもろうて、会社の資金集めが有利になるように。」
ちゅうような意図があったら、これもう確信犯、同罪やで。
これも限りなく黒に近いいグレーやで。
野党で質問する議員、何でもうちょっと鋭く迫れへんのや。
もう一つけったいな答えはや
「募ってはいるが、募集はしていない!」
質問した議員さんは
「募るも。募集も同じ意味だ!」
と迫ったけれど、カエルの面にションベンや。
こんな答弁が、国の最高の決議機関で議論されてるかちゅうて考えるだけで、恥ずかしうなるなぁ。そんななめた答弁を黙って認めてる、与党議員もけしからんで。
いやほんまに史上最低最長の総理大臣やなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年01月13日

日本版カジノ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本版カジノと関連して、五名の議員への裏金の授受があったようだ。
当然のことのように、一名を除いて否認しているが、火のないところに煙は立たないだろう。さらには否認している四名のうち、一人が逮捕されてしまったのだが、文部科学大臣が
「だからと言って、IR法に問題があるわけではない。」
と、意味の分からない発言である。
しかし政治家のセンセイ方は、なぜカジノにこだわるのだろう。
IR法が成立しており、いずれカジノのできることは、すでに既定路線であり、
「依存症の方が増えるのではないか?」
という心配は、大の大人が依存症となって困るのは、薄情の様ながら自己責任だろう。ただ私がカジノに反対したいと考えるのは、反社会勢力の資金源となるのじゃないかという懸念からである。ちなみに私のいるシンガポールには二か所カジノがあり、その一つはアメリカ系マフィアが、もう一つは中国系マフィアが仕切っているといわれている。真偽のほどはともかく、現地シンガポール人がそう信じている程だから、冒頭の裏金が中国企業からという事実を虚心坦懐に考えるなら、日本版カジノは中国系マフィアに仕切られることになりそうである。取り越し苦労でなければよいが・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年01月12日

ウクライナ旅客機墜落

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ウクライナの旅客機が墜落、搭乗者全員が亡くなったという。
当初はボーイング機の不具合故の墜落かとも憶測が流れた。
余談ながらボーイング社の株価が、一挙に下がったそうだ。
その後調査するうちに、どうもイランのミサイルの誤放射らしいことが明らかとなり、イランも過失を認め、正式に謝罪したという情報が流れた。ウクライナの大統領も、当然ながら補償を求めるという声明を出している。
つけても思う。
イランには、意図的に旅客機を撃墜しようとする意図もなかったようだし、悪意のなかったのは事実なようだ。それでも、もしアメリカ合衆国とイラン国が戦闘状態になかったら、こんな参事は起こっていない。ちょっとした間違いで、民間の人達に犠牲者が出るのだから、戦争をやってはだめなんだ。
それに犠牲になった方々は、単に謝罪されるだけで、生き返るわけではない。国の責任者から見れば、犠牲者なんぞ些細な取るに足りない程度にしか理解していないのだろうが、当事者たちの思いはいかばかりであろうか。今回の事件からも理解できるように、悪意があろうがなかろうが、戦争には必ず犠牲者が出る。互いに戦っている兵隊さんたちの犠牲も悲しいが、今回のような民間人の犠牲はもっと悲しい。民間人の犠牲の場合は、言うなら単に謝罪されるだけで、まったく浮かばれないではないか。だから、せめて亡くなった方々に合掌。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年01月09日

イラン・米国小競り合い

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
イランが、イラクの米軍駐留基地を攻撃。
ソレイマニという名の、国民的英雄といわれる司令官の、米国による殺害事件を受けての報復だそうな。一部の過激な報道では、「すわ第三次世界大戦か?」なんぞと書き立てるマスコミ報道もあるようながら、当事者のアメリカ合衆国、というよりトランプ大統領自身は、戦争の拡大を望んでいないそうなのである。
「それならなぜ、相手国の司令長官を、おまけに真の意味での戦闘状態にあったというわけでもないのに、暗殺に近いやり方での殺人をしたのだ。
と問い質したい。僻んで言うつもりはないが、白色人種の我々有色人種への対応は、毎度かくのごとくで、はらわたの煮えくり返る気がする。つまり有色人種の命を奪っても、毛ほども心が痛まない様である。とはいえイラン側も全面戦争にまでしたくないのは当然で、米軍の駐留基地の何ヶ所かに報復のミサイルを撃ち込んだだけで、現時点では様子見といったところだろうか。
トランプ大統領は、アメリカ合衆国を分断させる形で当選した。アメリカファーストなんぞと題目を唱え、国民を内向きにすることでの当選であったのだろう。そして今度は、もう一期の当選を狙って、イランにちょっかいを出し、強い大統領であることをしめしたいのだ。こうなると大統領選に当選するための司令長官殺害で、いつもの持論ながら、理念があって大統領に再選されたいのではなく、再選されるためにはどう振舞えばいいのかということにしか意識がないと理解するのは、天邪鬼のこの爺だけだろうか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年01月04日

正月三が日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
正月三が日も過ぎた。
とはいっても、この地では日本での高揚感はない。高揚感の無さは、この爺には何となく寂しい。実際休みは元旦だけで、2日から職場は通常勤務である。当然街の雰囲気も・・・。
シンガポールの正月のお祝いは、旧正月(Chinese New Year)で、今年の場合は今月の25日から3日間である。
何度かこのブログでも書いているように、私たち日本人の場合は、カレンダー通りの正月にある種の高揚感を感じるのだが、慣れや習慣とは恐ろしいもので、当地の人達は旧正月にそれを感じるらしい。それでも若い仲間達の中には、クリスマスから二週間程度の休暇をとって、海外旅行を楽しんでいる者もいる。とはいっても、私達の感じる高揚感ではない様である。
正月を迎えての高揚感といえば、かつて住んだエジプトなら、ラマダン明けの日、この地にきて知ったインド人のディパバリの相当するらしい。以前にも書いたかもしれないが、この爺が子供だった当時、私の田舎では旧正月を祝う文化がかすかに残っていた。農耕中心のあの当時は、旧暦の方が実用的だったと聞かされたことがある。ただ少なくとも生まれ故郷の大阪府下界隈では、もはや旧暦は全く意識されることはないのだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題