2020年07月08日

大雨続く 2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本の大雨が続いている。
今朝のインターネット新聞では、大分県豊後三大温泉や岐阜県の飛騨川や下呂温泉の大雨による被害が報じられている。梅雨だから長雨と言ってしまえばそれまでながら、一週間以上も雨天の日が続いているという。一方、新型コロナの感染拡大も、東京の友人に言わせると
「確実に第二波が来ていますよ。」
ということだ。かくいう我が大阪もここ数日感染者数が二桁に届いたりしてるようだ。
我が国首相は
「新型コロナとの戦いに勝利して!」
なんぞと威勢の良い姿勢ながら、所詮勝利なんぞとはおこがましく、多くの研究者が言っているように、共存以外の道はないのだろうと、科学者のはしくれとして考えている。
おや、梅雨の大雨の話をしていたつもりが、いつの間にやら話題が変わってしまった。
そもそも言いたかったのは、大雨被害の避難から、俗にいう三蜜は避けられないだろうから、またぞろ感染者数が増加しないようにと言いたかったつもりなのである。
話を元に戻すなら、梅雨の大雨にしても台風の大雨にしても、半端なく限られた地域に降ることが多くなっているようではないだろうか?そしてその主たる要因が、気圧配置に因っているのだとしたら、昔と今日の天気図に、顕著な差が見て取れるのだろうか。専門家のセンセイ方なら
「そんなことは、とっくに確認済み!」
との返事も帰ってきそうながら、素人ながらに比べてみたい気もしている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年07月07日

大雨続く

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
七夕 牽牛織女の逢瀬の日
日本は豪雨が続いている。かつては、この時期に大気電気学会が開催されることが多かった。大気電気学会は小さな学会だけに、メジャーの学会の間隙を縫ってという意味合いもあって、一月と七月の開催が多かった。そして一昔以上も前の事、九州での学会に出向いたら、博多駅が浸水騒ぎで大変だった。今年もというべきかな、球磨川の氾濫のニュースから連想して、そんなことを、ふっと思い出した。
それにしても今年も梅雨前線の居座りが長く続き、先日の熊本県球磨地方の大雨から、今度は長崎や福岡に「経験したことのない大雨」の予想が出ていたが、今朝のニュースでは、案の定福岡、佐賀、長崎が洪水被害、そして大雨の範囲が東北地方にまで及んでいる。
ちなみに先日はお隣の国中国でも大雨の被害が出ていて、梅雨の大雨は東アジア一円。これってやっぱり地球温暖化が原因なんだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年07月06日

梅雨期の豪雨

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今年も日本では、梅雨時の豪雨が猛威を振るっているという。
50年に一度100年に一度といった激しい雨が、毎年のように日本のどこかを襲う。今年は熊本県南部の球磨川流域が、その被害を受けることになった。熊本といえば数年前の大地震で大きな被害を受け、復興さ中というのに、まさに弱り目に祟り目である。
そもそもこの時期の豪雨、昔からもあったのだろうが、数年前から「線状降水帯」と命名された大雨の原因、それこそある方向に直線状に降水地域が次々とできるので、洪水を起しやすいというのである。少し古い話ながら1967年梅雨の豪雨で起こった六甲の崖崩れの原因も、今考えれば「線状降水帯」だったのかもしれない。
それにしても、50年に一度とか、100年に一度とかいった言い回し、専門外の方にはどんな風に映っているのだろう。少なくとも私には、テレビ報道などで見聞きすると、思わず滑稽感を抱いてしまわずにはいられない。いやむしろ、
「もっと気の利いた言い方はないんかいな!?」
と、批判的な気持ちにさえなる。気象庁としては、危機感をあおっての注意喚起という意図なのだろうが、効果のほどは果たしてどうなのだろう。個人的な意見としては、こんな抽象的な言い回しよりも、
「この地域にこの勢いで雨が続けば、河川の氾濫の起こる確率は50%以上になる」
といった予報ができないのかと考えている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年05月19日

検察庁法改定反対

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
政府や与党が、ごり押しして通そうとしたやった「検察庁法改定法案」、今期の国会での法成立は諦めたそうや。そいでも継続審議やよって、隙あらばと狙ってるんは、見え見えやで。
それにしてもや、今の総理大臣はめちゃくちゃやで。
まぁ確かに、与党の議席は安定多数やし、数だけでいうたら国民からそんだけ指示されてるちゅうことになるんやろうけど、何でもかんでも自分の思い通りにやってええわけちゃうやろ。
森友学園、加計学園、桜を見る会、どれもこれも本来やったら逮捕もんちゃうんか!
今は現職総理大臣やよって、司直の手は及ばんやろうけど、総理大臣止めた途端に
「潔く縛につけ!」
ともなりかねへんもんな。
「そうならへんための予防線で、検察法改悪して身内で固めとこうちゅう分けやないんか?」
ちゅうのは、わいの穿った見方やで。
もうだいぶん前やけど、ワイの高校生時分の友達に、弁護士センセイがおるんで、確か森友・加計学園が国会で審議されとったときに
「あんたは社会は弁護士や、あんなん告発でけへのか?」
ちゅうて尋ねたら、
「グレイには違いないけど、法的には責任追及でけへんなぁ!」
ちゅう愛想ない答えやった。
「庶民感覚では許せんこっちゃけどなぁ!」
と、地団駄踏んだもんや。
ほんでいつもの持論や。
「政治家センセイは、道義的責任を守って欲しい。法的にはグレイやったとしても。」
森友・加計・桜を見る会のどれも、道義的には許せんし、間違っとると思いませんかなぁ、ご常連さんは?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年05月12日

Still stay home

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
数日前、マレーシアの友人が
「ロックダウンが、来週から解除される。」
と知らせてきた。解除といってもすべて正常に戻るわけではなく、段階的らしいのだけれど
「それでも職場に行ける!」
というのである。
本来なら3月末には終わっている筈の議論もできておらず、
「職場に行けたら、皆と議論ができて懸案が解決できる。」
と、友人も前向きに報告してくれた。
3月末に結論を出し、9月末には開始予定であったプロジェクト、現時点では最低2か月は遅れている。コロナ禍で世界中同じ状況なのだろうから已むを得ないとはいえ、71歳の爺にはこの遅れが気懸りとなる。
歳を取ると気が長くなるという面と、せっかちになる面の二面があるのが普通で、先に書いたような状況の場合、大いに気がもめるのである。
そしてその友人が今朝
「外出許可を申請して、承認待ちです。」
と、愚痴っぽいメッセージを送ってきた。友人にしてみれば、暫定解除とはいえ公務に近い内容だけに、職場通勤は容易と期待していたのだろう。
いましばらくはStay home と、腹をくくりなおさねばなるまい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年05月07日

長征5号B打ち上げ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日のインターネット版朝日新聞から。
中国が、22万トンを宇宙空間に送ることのできる長征5号Bの打ち上げに成功したという。中国は独自に宇宙ステーションを計画しており、これで実現の目途が立ったのではとの解説まで付いていた。ともすれば、アメリカ合衆国に右へ習えという傾向にある、我が国の有り方から見れば、私なんぞ随分羨ましく思えてならない。
明治維新以降だろう、我が国は、西洋列強に追いつけ追い越せが国是となり、その反動として長く近隣のアジア諸国を見下しがちであった。とりわけ韓国や中国に対して、優位性を強調するような態度が、国対国、個人対個人のいずれにも見え隠れしていた。さすがに最近の若者には、そんな雰囲気は希薄かもしれないが、それでも大勢としては、かつての傾向は未だに強い。だからいまだに、中国製品の質の悪さをあげつらう風潮が強いけれど、
「中国独自で宇宙ステーションを!」
との気概は羨ましいし、さらにはその実現に足る技術力は、今日の中国には多分あるのだろうと信じている。我が国はいつまで、アメリカ合衆国追随を続けるのだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年05月06日

巣ごもり生活

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
毎日単調な生活を続けているのは、どちら様も同じだろう。
子供の日記ではないが、ウィークデーなら
「朝起きて、8時30分頃オンライン出勤、その際には体温を入力、会議があれば10時頃からZoomやマイクロソフトティームズのビデオ会議である。昼休みは小一時間程度で、午後の体温を入力して、またまたパソコンに向かう。降ってわいたような打ち合わせが起こるので、ビデオ会議、無ければパソコンで文献調査して、あれこれ読んでみる。夕方6時になるのを待ちかねて、パソコンで退室を打ち込み、その後一時間半ほど近所の公園まで散歩する。」
といった具合だろうか。
この内容は、毎日ほとんど変わりはない。まぁ私は曲りなりに現在の職場では、研究・開発に関わっており、本質的には大学教員だった頃と大差のない生活を過ごしている。とはいえ単調であることには変わりはない。だから夕方の公園までの散歩は、大いにありがたい。歩くコースは決まってはいても、確実に毎日新しい出会いや発見がある。愛犬家とも知り合いになったし、ご近所さんとも偶然出会うし、それにもまして、散歩中の公園で、貿易風というものを実感できたし・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年05月04日

大相撲五月場所中止?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
いやぁ、大相撲五月場所、どうも中止になるらしいでぇ。
なんせお相撲さんに7人も感染者が出たし、緊急事態宣言も五月いっぱい続くちゅうんで、中止にせなしゃぁないちゅうわけや。裸でぶつかり合うんやから、それこそ「濃厚接触」やもんなぁ。3月場所は無観客で挙行したちゅうのに、お相撲贔屓にしてみたら残念なこっちゃろ。
大相撲の中止は、八百長問題で揺れてた2011年以来ちゅうこっちゃ。その前の中止ちゅうたら、太平洋戦争で国技館壊れてその修理が間に合わんかった、1946年やちゅうて新聞に書いとった。ちゅうことはや、長い大相撲の歴史の中で中止は三回、その内二回がここ10年の内にあったちゅうこっちゃ。毎年毎年6回ずつ大相撲本場所の有るんが当たり前や思うとったけど、その当たり前が、いかに難しいんか、新型コロナウィルスに教えられた気いするなぁ。
ちょっと悲観的な気分になってるんで、ついでに書いてみるとや、平成は自然災害多かったやろ。地震だけでも、阪神淡路大震災、中越地震、東日本大震災、熊本地震、北海道地震、せやせや大阪北部地震。次に大雨や大風も九州、広島、長野、関東や東北でもあった、ちゅう具合や。せやから平成の日本は自然災害の日本や。してみると、令和はウィルス災害の日本になるんかも知れへん。そうなって欲しゅうないけど、こればっかりは分らんもんなぁ。
新型コロナウィルス退散、新型コロナウィルス退散ちゅうて唱えとこう!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年05月01日

メーデー

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
メーデー 労働者の祭典なんて異名もあるが、はてさて?
朝日新聞・天声人語氏によれば、1886年の5月1日に米国の労働者が、1日8時間労働制を求めて、ストライキをしたのが起源だったという。そして日本ではちょうど100年前に始まったというから、米国に遅れること36年、大正9年(1920年)のことである。(ちなみにこの時は5月2日だったとある。)起源や意義はともかく、今年は新型コロナウィルス騒動で、メーデーの集会は中止だそうな。近年はメーデーの存在感も薄れていたので、今更ながら中止と聞いてもというのが、本音である。
私がメーデーを初めて意識したのは、1979年名古屋大学空電研究所に赴任した年の5月1日である。30歳になるまで学生でいたので、赴任した当日先輩の教官から
「河崎さんは、職員組合に入るよねぇ?」
と誘われて、二つ返事で日教組に加入した。研究所は職員、教官併せて50名前後の組織だったと記憶している。不文律に近い形で、教授に昇進すると非組合員となっていた。そんな小さな職員組合ながら、名古屋大学教職員組合の下部組織であることは間違いなく、メーデーの前日
「明日は豊橋のメーデーの集会に、名古屋大学の空電研究所支部として参加します。」
と声をかけられた。当時5月1日は、祭日でも祝日でもなかったけれど、多くの組合員は豊橋の東三河メーデーに出かけた。私自身は、なんとなく行きそびれ、その後何回か職組支部長を勤めたけれど、一度も出かけたことがなかったように思う。何年かして当局からのお達しがあり、
「メーデーに参加する自由は認めるが、必ず休暇届を出すように。」
とのこと。さすがにこのお達しには、私は反対したけれど、思えばあれが労働運動弱体化の始まりだったような・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2020年04月29日

昭和の日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
きょうは、かつての天皇誕生日,そしてみどりの日となって、今日では昭和の日だったっけ・・・。
この祝日の趣旨を
「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」
としているとのこと。
私は昭和24年生まれ故、最初の3分の1は歴史でしか知らない。それでも
「大恐慌から、中国大陸への進出に伴う、中国との戦争から泥沼の太平洋戦争を経て、すべてを無くしてしまったに近い敗戦を経験したのが、1945年である。」
という歴史は、おおよそ知っている。
ところで私は、終戦の4年後に生まれたのだが、物心ついたころの思い出として、食糧事情の悪かった記憶は、かすかに残っている。食糧事情に限らず、停電もよくあったし、照明といえば電球だったから、家の中も今日ほど明るくはなかった。。昭和32,3年頃だったろうか、我が家の直管球の蛍光灯が点き、夜の部屋が明るくなったのは、子供ながらに驚きだった。とはいえ5部屋あった内の一部屋だけが蛍光灯だったに過ぎなかったのだが・・・。
丁度そのころ世間では
「もはや戦後ではない!」
といわれるようになり、しばらくして池田内閣の所得倍増計画が走り出した。昭和の日の定義でいうなら、これは復興時期であり、その後20年ほどの間に、世界中が驚くほどの発展を成し遂げたのである。オイルショックや、ドル安ショックを乗り越えてである。電子立国日本がもてはやされ、経済的には世界第二位にまで上り詰めたのが、昭和の時代なのである。
やがて昭和天皇の崩御があり、平成が始まった頃バブルが崩壊し日本は失われた10年、20年、そして30年をを経験したのが平成なのである。この間阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本大地震や、未曽有の洪水を何度も経験、そして今新型コロナウィルスの猛威で、世界大恐慌以来という事態を招きつつある。
話を昭和の日に戻せば、あの頃の「繁栄」をどう考えるか、ということなのだろうか?ニューヨーク・マンハッタンのほとんどのビルが、日本のものだったというあの時代、実は幻影にすぎなかったというのに。ただ元気、勢いのよかったのは事実である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題