2021年08月02日

感染爆発

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本では、新規感染者の数が一万人超えを続けているけれど、オリンピック開催責任者からは
「この開催が、新規感染者の増加に、直接関わっているわけではない。」
との、公式見解が示されている。
「直接」の定義を、「海外からの代表との接触による感染増加」と取るなら、実際のところ可能性は低いと思う。
一方、我が国選手の活躍による我々応援する側の気分高揚と、それにまつわる大騒ぎが、三蜜を作ることまでを「直接」に含めるなら、これは確実に原因の一つになる。
実際、オリンピック開催までは、反対派が70%を越していたのに対し、日本選手団大活躍の後今では、反対派が30%程度というではないか。
厳しい様ながら、我々の良識なんてその程度のもので、如何に首相が
「観戦は、自宅のテレビで!」
とお願いしても、それこそ馬耳東風に近かろう。
それに首相だって、金メダルを取った選手には、SNSでお祝いのメッセージを送っているというし、
「危機感を共有して欲しい。」
とのお願いは、それこそ空念仏なのであろう。
はてさて今日の新規感染者数は、いかばかりならん?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年07月30日

新規感染者数一万人超

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
新型コロナウィルス新規感染者数が、10,000人を越した。
過去最高である。
東京では、3,000人越え、神奈川では1,000人越えと、これらも過去最高。
早速新しいLINE 仲間に送ったら、G 君からは
「若い人達は、コロナをなめていますから。」
と、厳しめのコメントが来た。もう一人のU君からは
「オリンピックも自宅観戦ですし、飲食店も酒類提供無しですし、もう打つ手なしです。」
と、否定的で少し頓珍漢な返事である。
「自宅観戦ちゅうても、競技場前に人だかりちゅう報道もあるでぇ!」
とすかさず返したら、御存じなかったようで
「競技には触れられないので、多分盛り上がってないと思います。」
とあくまで、冷静沈着である。
確かにテレビや新聞での報道には、オリンピック開催に反対していたマスコミ報道の意図的なニュースの流し方もあろうが、それでも十分三蜜以上の込み様という雰囲気である。そしてこの時期の結果は、二週間後のお盆前後に出るのだろうから、新規感染者数がますます多くなり、医療関係もひっ迫するのではと危惧がぬぐえない。
そもそも論ながら、オリンピックの自宅観戦の視聴率は、テレビ各局分合計して50%程度だろうから、それなら日頃の視聴者数と大差なく、残りの50%の人達は街に出ている可能性も高い。
だから政治家センセイの言う
「人流が減っている!」
というご意見は、まぁあまりあてにはならないというのが、天邪鬼爺の印象である。
コロナ退散、コロナ退散!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年07月25日

大会二日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日ブログの最後に、
「日本人の活躍は、同胞としてこの爺も嬉しいけれど。」
と書いた。
ただ時代遅れかも知れないけれど、例えば今日金メダルを獲得したスケートボード、本音で爺は違和感を感じる。柔道や水泳の金メダルのようには、
「よく頑張ったなぁ!」
と、素直には喜べない。まぁ近年のオリンピックは、もはやすっかりお金儲け主義に走っているらしいので、爺が喜びを感じる古典的な競技種目も、五十歩百歩なのかもしれないけれど・・・。
それでも大会前半の競技、水泳、体操、柔道、後半の陸上競技等は、やはりオリンピックの花であると、頑固なようながら思えてならない。
だから野球、ソフトボールなども少し違うなあといった感じだし、卓球、テニス、ゴルフに対しても同じような印象はぬぐえない。とはいえ、私自身野球狂を自認しているくらいだし、テレビでもスポーツ競技観戦は好きだから、これらの競技を否定しているのではなく、
「オリンピックの競技種目としてはなあ!」
と思えてならないのである。
頑固で保守的と言われれば、返す言葉はないけれど。
「古代ギリシャの競技種目に戻れ。」
なんぞとまでは、主張する気は毛頭ないことは、間違いのないところながら、スポンサーの点きやすい競技が、オリンピックにはびこり幅を利かせているに違いないとは、穿った見方に過ぎるだろうか。
余談ながら、今日また一名67歳のLINE友達が増えました。福井県在住の旧友です。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年07月24日

大会初日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本のLINE友達から、あれこれオリンピックに関連した話題が届く。
まず最初に届いたのがG君からで
「開会式を見ていましたが、眠くなったので寝ます。」
といったもの。何でもここ数日午前中テニス三昧だそうで、お疲れなんだろう。
梅雨明けで、テニス日和というにはいささか暑すぎるに違いない。
次は北陸のSさん。
「個人的には盛り上がりにはかけます。前回の方を思い出しますね。」
とあった。
「前回ってまさか、1964年のこと?」
と尋ね返したら、
「抽選に当たり、団体列車で観戦に出かけた。」
のだそうだ。
もう一人のMさんからは
「オリンピックは、秋晴れの下の方が良かったと思う。開会式も何かのショーみたいだし。」
と、いささか辛口。
実際日が暮れて後とはいえ、「酷暑」の下ではすがすがしさはあるまいから。
いずれにしても始まった。
開会に批判的であったマスコミ報道も、そんな態度をさらりと忘れ、提灯記事、報道ばかりである。
まぁ日本人選手の活躍は、同胞としてこの爺も嬉しいけれど。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年07月23日

シンガポールの感染爆発

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ここシンガポールでは、沈静化していた筈の新型コロナウィルス感染、最近数日の間に爆発的に増加した。聞くところによれば、KTV と呼ばれる日本でいうキャバクラでの集団感染が、そもそもの原因らしい。ちなみにKTVのKはカラオケの頭文字、TVは文字通りテレビジョンで、素直に読めばカラオケということになるのだが、実際は「キャバクラ」に近いものだという。そのKTVに近隣の国から観光ビザでやって来た若い女性が、男性客をもてなすらしいのだが、その客の中にこれまた日本でいう「魚市場」の従業員が居て感染し、さらには魚市場での集団感染となったというのが、本当のところらしい。その結果というべきだろうか、市民が鮮魚を買い求める「ウエットマーケット」の20に感染者が出て、急遽これらの営業は停止した。日本で例えるなら、豊洲の中央市場で感染が広がり、さらにそこから街の市場に広がったという感じだろうか?
だから月初めにhが、ほとんどゼロに近かった新規感染者が、昨日など200名に喃々とするほど。その結果レストランやホーカーは、一切の食事ができなくなり、持ち帰りのみ可能という、ロックダウン状態。それにしても、今回の惨状の原因は、人間の業」ゆえというべきだろうか。
シンガポール政府は、感染点検のキットを希望者に配布を開始し、爺は早速受けとりに行ってきた。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年07月22日

いよいよ開催

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
東京では、オリンピックが実質的に始まった。
開会式を前に、団体競技の予選。いの一番は、女子ソフトボール。
13年前の北京大会を最後に、オリンピック競技から外れていたのだが、この東京大会では復活した。
そんな話はさておき、開会式は明日23日金曜日午後八時からというが、観客も極力抑えるという。なんといっても、新型コロナウィルスの感染広がりが収まらない状況下での、オリンピックである。
考えようによっては、人類が経験する最も過酷な環境下の開催であり、得難い経験には違いない。素人の理解ながら、ウィルスは風みたいな、いや空気の流れみたいなもので、完全に密閉しない限りどこからか入り込んでくる。そしてきゃつらは、生き物ではないだけに始末が悪い。そんな厄介なきゃつらとの戦いに勝って、安心安全な大会にするなんぞというのは、なんといってもおこがましい。
私自身、このオリンピック開催には反対ながら、今となっては反対を唱えるのも現実的ではないだろうから、かくなるうえは大会参加の代表者の皆さんが、新型コロナウィルスに感染してということが、可能な限り少なくなることを念じることにしよう。
何十年か後に、パンデミック下でのオリンピックと、評価されるような東京大会であって欲しい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年07月20日

勝負に徹する

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の白鵬対照ノ富士の取り組みを考えていて、吉川英治作の「宮本武蔵」の一条寺下り松の決闘の事を思い出した。吉岡一門100人と宮本武蔵一人の決闘で、武蔵は不意を突いて攻撃し、その決闘の上では敵方の総大将である、13歳の少年をまず切ってしまうという内容であった。
私はこの宮本武蔵を高校二年の12月に一週間程で読み切ってしまったと記憶しているが、多感な高校生なりに
「なんとむごい!」
とも考えたし、
「決闘とはかくあるべきか?」
とも考えたように記憶している。
宮本武蔵は、映画やテレビでいろいろな役者が演じているけれど、一条寺下り松の決闘では、確実に年端もいかない総大将がまず切られてしまっている。それが史実か否か、原作者の創作かといった議論はさておき、戦いであるなら
「勝利するとは、どういうことか?」
を、読者に考えさせ教える内容であることは間違いなかろう。余談ながら、決闘の後自身の傷を治すために寺だったかなに籠るのだが、そこで黙々と仏像を彫る下りがあり、私なりに合点した。
横綱・白鵬と剣豪・宮本武蔵を同格にするつもりはないけれど、昨日も書いたように白鵬は相撲を競技と理解しているから、自分が勝者となるための最善手を考えるから、それが日本人的な「正々堂々」にそぐわないということなのだろう。とりわけ、「横綱審議会」のお偉方には、永遠に納得できないかもしれない。
古い話ながら、オリンピックロスアンジェルス大会の、山下さん対ラシュワンの決勝戦、大相撲なら膝を痛めた貴乃花対武蔵丸の優勝決定戦、これらは我々日本人好みの戦いぶりだった一方、異なる見方もある。
ご常連様方のお考えや如何に?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年07月19日

名古屋場所千秋楽

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
大相撲、名古屋場所が決着した。
私の友人の言葉を借りるなら
「土俵でプロレスまがいの相撲を見たよう」
な白鵬と照ノ富士の対戦で、気迫に優る白鵬が勝利した。
いろいろ批判もあろうが、横綱・白鵬は相撲を競技という観点でとらえているのだろうと思う。
だから「勝つ」ためにはどうするのが最善かを考えに考えて、取り組んでいるに違いない。
言い換えるなら14日目の正大との対戦、八角理事長は
「横綱は、奇策を弄してはなりません。」
とコメントされたようながら、あれは正大関が横綱と同じようにボソッと立ち上がるのではなく、普通にあたって行ったらよかったのだろうというのが、この爺の理解である。
千秋楽の照ノ富士戦、体力的には多分大関の方がはるかに勝っている筈で、左手で猫だまし風に視線を遮り、続く右腕でのかち上げ、白鵬は
「それ以外に勝機はなかろう!」
と判断したに違いない。つまり立ち上がりざまのかち上げは、外された際のリスクが大きく、引退した稀勢の里には通じなかった筈である。だから自身が有利な形で照ノ富士を組み止めるための作戦が、「プロレスまがいの相撲」となってしまったというのが、本当のところだろう。そして結果的にはうまい具合に組み止めて、小手投げでの勝利となったというのが、昨日の対戦なのである。
厳しい様ながら、強い横綱があれこれ作戦を練っているのに、他の力士達はあまり考えなさすぎる。ただその強い横綱の引退時期が、確実に近づいているというのが、この爺の印象。
好漢照ノ富士が、後を継ぐことになる。
照ノ富士頑張れ!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年07月17日

祇園祭

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
京都では、祇園祭本番の日を迎えている。
本来なら、山鉾巡行の日である。
ただ残念ながら去年は、新型コロナウィルスの流行で、取りやめになった。
室町時代から続くという、京都人にとって最も大切な祭りの中止であった。
さて今年は鉾が出ているのだろうか?
インターネット新聞によれば、今年は山鉾の飾りつけのみで、やはり巡行は中止だそうな。
今年巡行取りやめでも山鉾を出したのは、文化継承が目的で、
「若い世代に、飾り付け含め諸々のしきたりを継承していかねばならない。」
からとある。
月並みながら、少子化がすすみ日本中でいわゆる「町の伝統行事」を続けていくことが容易でなくなっている。例えば大阪泉州岸和田のだんじり祭り、曳き手の減少が深刻とも聞く。愛弟子のMT君10月の村祭りは、万難を排してでも帰省して参加している。如何に伝統ある祇園祭でも、この種(若い人達の減少)の困難は御同様だろうから、仮に二年も三年も鉾を出さずにいたら、それこそ数年先にはと、悲観的にならざるを得ないのかもしれない。
ちなみに泉州岸和田のだんじり祭り、今年は無観客で実施と聞いている。
東京五輪も無観客開催、だんじり祭りも無観客開催。
新型コロナウィルス禍は、まだまだ続きそうだ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2021年07月16日

新聞から二題

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
インターネット新聞で、バイオリン奏者の辻久子さんの訃報を読む。戦前から天才少女として活躍されたそうで、随分とご高齢。私はクラッシックファンでも、バイオリンファンでもないけれど、辻久子さんお名前だけは憶えている。確か1970年代の初め、ラジオのパーソナリティが、
「辻久子さんが、世界の名器ストラデバリオスを手に入れられました。」
と報じ、続けて
「購入されるのに、宝塚の自宅を売却されたそうです。」
と聞き、プロとはこんなものかと、強烈な印象を受けたからである。
残念ながら、辻さんの演奏は、聞いた記憶はないけれど。
合掌

もう一件は、イルカの欠伸。
大学院生が、二週間だか三週間だか観察を続け、
「イルカが水中で欠伸をするのを見つけた。」
という。生物行動学の著名な雑誌に掲載され、欠伸の定義が変わるかもと、付け加えられていた。
欠伸は従来、
「酸素不足の補うための動作で、眠くなった時など酸素を取り込んで覚醒する。」
と理解されていたのだから、水中での欠伸なら、肺呼吸のイルカには酸素の取り込みができる筈もない。
まぁ新聞記事は不正確なことも多いけれど、新発見ならおもしろい。
本当のところどうなんだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題