2018年05月28日

宇宙人のミイラ?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「チリのAtacama砂漠で見つかったミイラ化された宇宙人アタと名付けられてはいたものの、20年以上も話題になることは無かった。」
そんな記事をネット新聞で見つけた。掲載されているミイラの写真も、SFに出て来るものとそっくりで、人間の胎児ほどの大きさなのに、歯も生えているという。そして頭部は異様に長いので、宇宙人というのもうなずける。それがDNAを調べたら、我々とどうも同じらしいという事が判明、さらにはアンデス先住民のそれに近いという事で、宇宙人説は一応決着したそうだ。
こんな記事が気になったのは、先日話題に上げたALMAの有るのがAtacama砂漠だったからである。何せ海抜5,000mの高地にある砂漠、降雨日も数無いだろうし、ミリ波観測に最適という事は、それだけ気象的な変化も少なく、何かの都合で行き倒れでもして絶命すれば、ミイラにもなりやすい環境にあることは確かだろう。ただ不思議なのは、体の大きさは胎児なみでも、一応成人という点であろうか。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年05月27日

米朝会談どうなる?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
アメリカ合衆国トランプ大統領が突然に、米朝首脳会談の中止を発表したのが、先週半ば。
「嗚呼やっぱりだめかぁ!」
と、一瞬世界中を落胆させた。
ただ北の将軍様は、急ぎ南北朝鮮首脳の会合を秘密裏に実施し、米朝会談の実現を諦めてはいない様子。それに合衆国と北朝鮮は水面下で依然交渉を続けているというから、政治は大統領程単純ではない。
この爺の個人的理解ながら、大統領も将軍様もそれぞれ思惑があり、本音では会合を持ちたいのだろう。巷間よく言われているように、大統領にはこの秋の中間選挙がある。そして将軍様は絶対的な、経済力の枯渇。どちらもすねに傷があり、一方ではメンツもありと。それでも大統領はある意味わがままだから、行き当たりばったりに近い。だから彼を支える合衆国官僚も大変だろう。まぁそれにしても、北の将軍様、今回は意外と粘り強い。それというのも、核にミサイル実現できたので自信たっぷりといったところか。さすがに使うことは無いだろうし、万が一使おうとしても合衆国の攻撃力を、おそらく知っているだろうから99%は使うことは無かろう。。
「核もミサイルもできたぞ!」
を切り札に、揺さぶりをかけていることは事実だろう。それにあれこれつむじを曲げ、腹をててている大統領が、はなはだ滑稽。そして大統領の発言のたびに、それに追随しているかのような我が国の対応、世界中の笑いものになっていなければいいが。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年05月26日

メロン二玉320万円也

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
九州南部が梅雨入りだそうな。
去年より11日も早く、平年に比べて5日早いという。
まぁこの程度のばらつきは、想定内だろうから取り立てて言うほどのことも無かろう。
ただ何度かこのブログに書いているように、ああいった季節の移ろいが、シンガポールにいるとうらやましくなる。確かにここでも、年中夏とはいえ微妙に違いがあるとはいえ、日本ほども際立っているわけではないものなぁ。
そんな季節感をうらやましく思ってネット新聞を読んでいると
「夕張初競り、二玉320万円。過去最高値!」
という記事に出くわした。さすが日本というべきか?
というのも昨日、職場の同僚と
「善さん、マンゴー5個で2ドル。いつも昼食に行くモールのスーパーで安売りしてる。一昨日も皆で一箱買った。とても美味かった。」
といったやり取りをしたから。
「5個2ドルなら、昼飯代わりにしてもいい!なんといっても安い!」
なんぞと、真顔で言う。確かにシンガポールの人達は、しまり屋さんが多いのは事実。だから一玉160万円のメロンというと、仰天されるだろう。仰天どころか、無駄使いと一顧だにされないかも。少しは美味かもしれないが、夕張メロンは夕張メロン。安売り〈あればの話だが〉のでも十分美味しい筈。だからきっと超がいくつも無駄遣いと彼らは理解するだろうと思う。
まぁこの爺も、一玉160万円のメロンは食べたいとは思わない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年05月21日

今日は、大谷投手

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
メジャーリーグの話題。
といえば今は、大谷選手だろう。とりわけ日本人には。
今日は先発して、7回あまり投げ失点2で勝ち投手。打者としては現在六本塁打だから、10本塁打10勝の名誉は、現実的になってきたという事だろうか。ベーブルース以来100年振りというから、「大記録」には違いない。
というわけもあってだろう、米国内では「大谷選手の二刀流」は、子供達に大人気だそうで、
「自分もぜ是非二刀流で!」
という、ちびっこ野球狂も少なく無いとか。
話変わって国内では、松坂投手が一試合二本以上の安打を放ってさらには二勝目を挙げたという事で話題になっている。そもそも高校野球で活躍していた当時から、松坂投手はよく打ったような記憶がある。松坂投手に限らず、高校野球の主戦投手を努めるような選手ならよく打って当たり前。ただその選手が、プロの投手として本当に資質があるのか当たり前。古くは桑田・清原当時の桑田投手、同じ頃に活躍した水野投手もよく打った。西鉄の稲尾投手や、国鉄の金田投手などが有名だろう。ちょっとマニアックながら阪急の300勝投手米田だってよく打った。
過去の大選手の話はともかく、何度も書くようながらアマチュアで主戦投手となる様なら打撃のセンスも良いのが普通。だから大谷選手の場合、二刀流で記憶に残るより、野球狂の爺としては記録に残る選手になってもらいたいというのが本音なのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年05月18日

訃報 2件

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
しつもん!ドラえもん」の話題は先日も取り上げた。
ただ今日は、結構マニアックな問題もあることを紹介したい。
ここ数日はお茶編なのだが,
「ジャスミン茶は、沖縄ではなんと呼ばれているか」
なんて問題。さすがにこれは、大人も子供も難しかろう。ただここまでマニアックだと、どうしても答えを知りたい子供なら、必死で紙面を漁るだろうから、意図的な出題なのだろうと、性善説で理解しているけれど・・。ちなみに答えは「さんぴん茶」で、想像もできなかった。そういえば先日の富山のお茶の問題も、似たようなものだった。知識として必要かと尋ねられれば、答えは十中八九は否であろう。ただこのコラムの目的は、子供達に紙面を開いて、「紙面サーフィン」させることが目的だろうから、已むを得ないと、爺なりの理解をしている。

話は変わるが、西城秀樹さんが亡くなった。脳梗塞を発症して、それでも喫煙の習慣があったようで、不養生に違いない。それにしても、先日の岸井さんの御他界もショックながら、岸井さんの場合は、サンデーモーニングに出なくなって、
「かなり悪いのだろうか?」
と、心配していただけに
「あぁやっぱり!」
と納得がついてくる。ただ西城さんのようなタレントさんの場合は、突然のお別れで違った意味で寂しい。
岸井さん、西城さんに合掌
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年05月16日

10年前の今日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
10年前の今日
昨日午後に大阪市内で会議があり,結果としては職場と大阪市内を,一日に二往復するはめとなった。会議の後直帰すればいいのだろうが,まんの悪いことに夕方から,工学研究科の名誉教授の先生方を招いての,ちょっとした立食パーティーがあり,止むに止まれぬお付き合い,それなら二往復も億劫がっている時ではなかろうと考えた次第である。おかげで朝の観察,若者のi-pod使用の動性観察,を継続できると,禍わい転じて福となしてしまう事にした。不思議な事に午後の車内は思いのほかi-pod使用率が低い様で,まさか朝のブログが即若者に届いているとも思えないし,訝しくてならない。午後だから仲間と一緒に乗車していて話し合っているからかとも思われそうだが,実のところそうでもない。というのも,プリント風の何かを取り出して読んでいるうちに船を漕ぎだすの若者,退屈そうな顔をしてあらぬ方を眺めている若者,マンガ雑誌を小脇にかかえ乗り込ん出来て席につくやいなやそれを開いて見入る若者等々一人で乗車してきた若者達が,i-podを使用していそうにないのである。わずか小生の隣には,二人で並んで席を取り就職活動の現状を語り合う若者がいて,話の内容からi-podで自分自身の世界には入り込めそうにないのは事実である。とは言え,朝の情景が日常なのか,午後の情景が日常なのか大いに気になる。常連様方の感想やいかに???

さて今日2018年のシンガポールの若者達。もはや高機能となったスマートフォンが、10年前のi-podにとって代わり、ただ朝の光景そのものは似たようなもの。はてさて
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年05月15日

続報京大のタテカン

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「京大タテカン」事変のその後である。
そもそもの発端は、京都市が「屋外の広告物」を禁止している条例にある。ただ先日も書いたように、京都大学のタテカンは、政治色の強い物も結構あり、考えようによっては京都市が現政権に忖度してのとも考えたくなる。そして大学側も13日に撤去に踏切り、京大の周囲はある意味「こざっぱり、こぎれい」になったらしい。ここに至るまで、学生側もあれこれ策を練ったようだが、一斉撤去にまで対抗しての抵抗はなかった模様である。ただ昨晩には撤去されたタテカンを取り返すため、夜半になっての撤収物置き場への侵入が試みられたようだが、今日では監視カメラもあるうえ、街の人からの通報もあって、奪還騒ぎは騒ぎだけに終わってしまったと、ネット新聞にある。
この爺、元大学人として思うのは
「なぜ大学側が、自主的に撤去活動にまで及んだのかという疑問」
京都市が政権に忖度してタテカン排除をせまるのは良い(よくはないがしようがない)、大学当局が学生諸君に撤去を命ずるのもよくはないがしょうがない。ただ命じるだけで学生が効く筈もないだろうから
「学生が聞かないんです!」
と、京都市に報告すればよいではないか。そこで京都市の実力行使があって、学生諸君がさらに覚醒するというシナリオを、期待していたのに・・・。
世の中残念ながら、右傾化の風は強いというべきか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年05月12日

しつもん!ドラえもん

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝日新聞朝刊の第一面に、「しつもん!ドラえもん」というコラムが連載されている。毎日一問が載っていて、答えはその朝刊のどこかの紙面にあるのだが、この爺良い思い付きだと感心している。コラム名からも想像できるだろう、問題の対象は概ね小学低学年から中学年だろうか。何せ若者の新聞紙離れが危惧されはや10年以上もなるだろうから、子供の内から新聞紙面をくまなく読んで回る習慣を付けさせようという「魂胆」なのだろうと理解しているからである。
さきにも書いた通り問題は概ね子供対象なのだろうが、この爺でもおっと驚くような問題もある。例えば昨日なんぞ
「日本国内のお茶の産地として有名なのは、静岡と宇治。さて三番目は?」
とあって、考え込んでしまった。早い話し、一、二はあって三番目は無しと長く思っていたのだが、しつもん!ドラえもん氏は「埼玉狭山」を上げていた。鹿児島も三番の可能性があるとも記されていた。余談ながら、爺の一、二があって三は無しという理解もまんざらでなかったようだ。
さて、「しつもん!ドラえもん」今日の問題は富山で飲まれている発酵茶とあって、ここまでくると超マニアック、富山の人以外はまずは判るまい。とはいえ、結構工夫を凝らしたコラムで、最近爺は「天声人語氏」よりも贔屓にしているのかもしれない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年05月10日

京大のタテカン

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
京都大学の「タテカン」問題が気がかりである。
京都大学の吉田キャンパスを訪れた方なら多分ご存じであろう。百万遍界隈には、主義主張のタテカンから、部員勧誘のタテカンまで、読んでいてついつい時間を過ごしてしまうほど。ところがその名物のタテカンの撤去を、大学当局(なんだろうなぁ?)が学生諸君に迫っているという。当局側の主張は、街の景観を損ねるといったところにあるらしい。このニュースを最初聞いたときは、実はわが耳を疑った一方で
「大学当局も、そう本気でないのだろう!?」
とたかをくくっていた。ところがインターネット新聞で読む限り、タテカン一掃に当局もかなり本気らしく、一方学生諸君もタテカンがダメなら「寝看(ネカン)」をと、あるいは垂れ幕にしたりと知恵を絞って対抗しているという。
ただこのニュースを読むにつけ、
「京都大学もいよいよ忖度する大学に成り下がったか?!」
と、残念な気持ちもしている。
タテカンはある意味、そして月並みながら「京都大学」の文化でもあると私は理解している。残念ながら我が母校大阪大学にはそんな文化はない。大阪人らしく、
「長いもんには巻かれた振りしてたらよろしいやん。」
とあっけらかん、ところが京都人は、
「お上が右いうたら、わてらはひだりです。」
の、矜持がある。私の勝手な理解ながら、両方とも目指しているところは同じでも、方法論は正反対。だから大阪は商売人の街、京都は公家の街と言われるのだろう。
ただである。
京都大学が、誰に忖度しているのか、学生の自由闊達な主義主張を封じ込めるようでは、世も末であろう。学生の批判の心を押さえつけるようでは、京大らしいう無くなる。それに摂り越し苦労ながら、今回の京大当局の態度は、戦前の思想弾圧の動きにも通ずるのではと危惧している。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年05月08日

大谷選手の活躍に思う

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
野球狂だからというべきか、大リーグでの大谷選手の活躍がうれしい。
評論家の方々のおっしゃるように、日米野球の差は随分と縮まったという事も関係しているのだろうが、それでも投手として3勝を上げ、本塁打も四本、そして以前打率は三割を維持しているとくれば、「二刀流」として十分な結果という事になるのだろう。米国でも大いに評判をとっているようで、御同慶の限りである。
ただ私の持論は、天邪鬼爺だからでだけではなく、いささか異なっている。それは以前から何回か申し上げてるように、二刀流でそれぞれ一流となっても、なかなかそれぞれでちょう一流なり得ないのではないかという点。確かに二刀流は現時点ではある種の注目を受けるだろう。ただ記録的には、余程良い成績を残さない限り、はなはだ中途半端になってしまう。けがもなく一シーズン勤めおおせれば、規定打席にも足るだろう。だから三割打者となる可能性って、決して低くは無いとさえ思える。三割打者は多分超一流への入り口だろうが、それでもたかが三割なのである。本塁打だって今のペースなら20本前後だろうから、超一流からはまだまだ遠い。さらに投手としても、まぁ15勝は結構厳しい筈で、一流ではあっても超一流でだはまだまだない。
早い話し、私としては大谷選手には、超一流の選手になって欲しいのであって、どちらもほどほどでは、単なる「客寄せパンダ」で人気を得たってそれではつまらないと思えたりするのである。「鶏口となるとも牛後となるなかれ」といったところであろうか。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題