2018年05月07日

南北雪解け

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝鮮半島、南北朝鮮の動きが思いのほか早い。
中国や合衆国も呼応して、南北の融和に向けて走り出している感が強い。東西ドイツ統一の様上手くいくかどうかは、まだ未知数とはいえ、歓迎ムードが世界中に一杯である。鍵は北の将軍様の核放棄なんだろうが、一度身に付けた技術は、関連する装置を破棄したとしても、復元は可能だろうから、今回は北の将軍様はよほどのことが無い限り、
「やーめた!」
なんぞとは言わないだろう。それよりむしろ、はなはだしく遅れている経済の発展に力を入れたいのだろうから、今日の経済封鎖解除が最優先課題だろうし。
爺なんぞ天邪鬼だから
「半島からの核廃絶は、北の将軍様の国も合衆国も!」
といった主張もあるだろうとも考えたりしている。だから朝鮮戦争の終結も合意項目に上がっているのだろう。
以前にも書いたとおり、親子三代かけて核兵器を開発し、十分出来上がったところで雪溶けを演出するとは、北の将軍様は全くもってしたたかと感心する。早い話しこれで米国とも対等に話ができるとの判断なのだろう。今までは米国含め先進諸国は一方的に
「核不拡散の観点から、核開発は止めよ!」
の圧力だけだったのが、もはや核開発は止めよとはいえず、核を放棄せよと迫ることしかできない。だって多分、開発しつくしたのだろうから・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年05月04日

改憲?護憲?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日は憲法記念日。改憲だ護憲だとかまびすしい。この爺自身、本音では戦争放棄に賛同しているので、護憲派になるのだろうが、一方ではいつまでも合衆国の太鼓持ちというのもと面白くはなく、
「専守防衛という規則の下で、自衛隊をより確かなものにするときかもしれない!」と考える気持ちもある。それにもはや高齢者で、この国の行く末にはあまり責任を持てない立場故、あれこれ強く主張するのは差し控えている。
ただ改憲にせよ護憲にせよ、その議論の前に多くの国民が合意できる国のグランドデザイン無しでとはいかがなものかと気にかかる。今の総理何ぞ、
「現在の憲法は、進駐軍のおしつけ!」

程度の理解しか持ち合わせておらず
「だからみっともない憲法で、変えなければならない。」
とわけのわからない使命感ばかりが先行している様だ。そのくせ歴史観は甚だお粗末で、南京事件はなかった、慰安婦問題はなかったと歴史修正主義者、さらには自己矛盾に陥ると、歴史や憲法の議論は学者に任せるとおっしゃる。そもそもきちんとした歴史観も持たずよく総理が務まるものだとの批判もあるけれど、そんな批判は馬耳東風と
「総理大臣だから間違うことが無い!」
とまるで専制主義者然とした振る舞いで、だから改憲は彼には任せたくはない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年05月02日

復活松坂投手

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
4月30日、中日ドラゴンズ松坂投手は、6年ぶりの勝利投手となった。あれこれ言う評論家もいるけれど、野球狂としては素直にうれしい。功成り名を遂げた投手だけに、過去の栄光を捨てての一からの復帰は、多くの野球ファンから共感を得ている。この爺の愛弟子の一人・今は名古屋大学に職を得ているDSさんは、大のドラコンズファンで松坂投手の事をフェースブックに揚げていた。試合を見に行っていたようだ。
さてさきに功成り名を遂げたと書いたけれど、松坂投手の名を冠して、同年輩の野球選手を「松坂世代。」と呼ぶのだから、本当に大したものである。その大した選手が、大リーグに行き数年は活躍したけれど、肩や肘を壊して帰国、それでも野球を続けたいと、一兵卒に戻っての中日入団。月並みな言い様ながら「頭が下がる」とはこのことか。
まぁ、いろいろな考え方があるだろう。あれほどの成績を残していた男が、そこまでしてと仰る方もいよう。日本人の潔さといったところ。一方ではボロボロになっても野球をやるというその信念も理解でき、執念深さというと聞こえが悪いけれど。この爺にはどちらの生き様が良いとの判断はできないけれど、爺自身なら後者を選ぶに違いない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年05月01日

メイデー

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
皐月朔日
シンガポールは「レイバーディ」という国民の祭日。
日本では、西洋文化の影響もあってかなメイデーと呼ばれているけれど、祭日でも何でもない、ただ労働組合が主催して各地で集会とデモ行進。この爺が名古屋大学に就職したのが1979年の4月1日付で、一か月後にはメイデーの集会があった。1989 年夏に大阪大学に移動するまで、職場のメイデー集会には必ず参加していたとの記憶がある。名古屋大学に就職とはいっても、研究所はメインのキャンパスから50qほど東の三河豊川市にあり、職員総勢70名前後の小さな組織だっただけに、集会自体の気勢はあまり上がる筈もなかった。本来ならメインキャンパスの集会に駆けつけるべきなのだろうが、何せ遠い。それに
教員はともかく、日常の観測が業務だけに、集会を終えれば午後から職場に復帰してという技官の人が多かっただけに、名古屋キャンパスへの参加は難しかったのだろう。三河地区には豊橋市があり、この街は新幹線の駅もあったくらいだから、メイデーの集会もあった筈で、仲間の何人かは「名古屋大学空電研究所支部職員組合」と染め抜かれた赤い旗をもって参加していたこともあったようだ。何せ私が職を得て以降、この爺の在職中に新しく入ってきた教員、入ってきたと言っても正式には学生から博士課程を終えて教員になった者は一二名であったから、この爺はいつまでたっても最年少グループの一人で、あの頃から少子高齢化社会へ移行していくという予兆はあったのである。そんなだから就職5・6年頃からは、盛んに支部委員長の命を仰せつかることとなって、学長交渉には名古屋大学のメインキャンパスまで出かけたことが今でも記憶に残っている。
メイデーの想い出から話が変な膨らみ方をしてしまったようだ。ちなみにこのシンガポールでは、メイデーの集会はあるのかしらん?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年04月29日

南北首脳会談

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先日の北朝鮮と韓国両首脳の会談、大きな歴史の転換点になるのだろうか?
マスコミ報道では、今までに北朝鮮の対応に騙されていると懐疑的な意見の有るけれど、それでも総じていうなら歓迎ムードである。それに北の将軍様、思いのほか機知にも富んでいるようで、爺の個人的理解ながら肯定的である。加えて今回の「板門店宣言」は、本当に熟慮の上の産物なのだろうと確信している。
縦えば、「朝鮮半島の非核化!」という条項、米韓日は北の将軍様の国の核放棄しか念頭にないのだろうが、将軍様の本音は
「私の国は捨てるから、駐留米軍も出ていくべき。」
と、きっと譲らないだろうと考える。この種の議論、基本は常に大国の論理に立っての交渉しかなかったけれど、爺の解釈では金親、子、孫の三代をかけてようやく「核保有」という意味で米国と対等に話し合える状態を作り上げ、
「大国の脅しには負けませんよ。対等に話しましょう。」
というのが、今回の性急なまでの雪解けに至った背景だろう。個人的に好きか嫌いかはさておき、北の将軍様の国は長期視野に立っての外交戦略があり、それがようやく今回なのだろう。つまり時代遅れながら、抑止力としての核兵器開発だったに違いない。原理的には核なんぞ抑止力にはならないが、政治家のセンセイ方には、まだまだ抑止力として有効で、叩かれながらも、非難されながらも、親子孫三代の結実。だからもう無駄な兵器開発は辞めて、一日も早い国際社会への復帰をと、爺は祈っている。
「北朝鮮に核開発を止めさせる!」
なんて発言は、あなたには100年早いんですよ、日本の政治家のセンセイ方!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年04月28日

モアイ像

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
モアイ像で有名なチリ領のイースター島、なんと我が国の領土になっていたかもしれないといったことが、1930年頃の公文書で明らかになったという。全くもって唐突な話ながら、あの頃チリという国は軍艦を建造するための費用が必要となり、イースター島の売却を当時の列強に持ち掛けていたそうだ。そしてあの頃の列強の一つであった我が国にも、その交渉の有ったことが公文書から明らかになったというのである。公文書とは、かくのごときものであり、それぞれの国にとってその歴史の一部ともなり得るものなのである。
そもそもわが国は公文書を大切にしない国の様で、太平洋戦争の敗戦受諾に呼応して、責任ある立場の人に類が及ばぬように、多くの公文書に火をつけて燃やしてしまったという話も聞いたことがある。そして責任ある立場の人を守るために「公文書を改竄する、隠蔽する」という許し難い行為は、今の世でも平然として行われているのだから、何をかいわんやである。
政権の疑獄を隠すのは、その時は良いかもしれないが、長い目で見て100年後、200年後にこの国考えるとき、残念ながら正当な、今はやりの言葉でいうなら「まっとうな」評価ができない。太平洋戦争だって、現在の首相を筆頭に「歴史修正主義者」が跋扈しているのは困りもの。「誤った戦争」をしてしまったことを、消す必要は何もない。爺が一番気に入らないのは、現総理が一時よくおっしゃる
「歴史の評価は、学者に任せて!」
というあれで、
「歴史を判らない、政治家は必要ないし。国を誤った方向にまた導く!」
可能性がある。またまた唐突ながら、だから南京虐殺や慰安婦を無かった物と葬り去ろうとするのは、やはり間違っている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年04月20日

スターバックス全店休店

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝日新聞・天声人語氏で、「全米のスターバックス閉店」の話題を読んだ。
読み始めたときには訳が分からず、
「スターバックス、あれだけはやっているのに、倒産か?」
なんぞと頓珍漢なことを考えた。ただ読み進めるうちに、黒人客に対する差別的な対応を反省し、社員教育を徹底のための一時休店と知った。皮肉屋の爺は、
「まぁ、スタンドプレーだろう!」
と冷ややかながら、
「それでも、やらないよりはやる方が良いよなぁ。」
と思ったりっもする。そしてこんな話題を見聞きすると
「若干は改善されたのだろうが、根底にある白人至上主義は変わらないのだろう!」
と諦観さえ心をよぎる。
数十年も昔のことながら、読売巨人軍がフロリダで春季のキャンプを行ったとき、広岡さんが朝一番にグランドに入って練習をしていると、大リーガーが遅れてやってきて
「どっちが戦勝国だ。アメリカ合衆国が日本か?」
と罵倒されたという。早いはなし
「君達敗戦国は、我々の練習が済んだ後でやればいいんだよ!」
という事だったらしい。
いみじも、昨日まで日米首脳会談がフロリダで開催されていたけれど、トランプ大統領にしてみれば、
「なんでもイエスの、Shinzao Abeが朝貢外交にやってきた!」
ぐらいにしか考えていないのだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年04月17日

ワールドカップ大丈夫?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先週の事、サッカーワールドカップが二か月後に迫っているというのに、その監督ハリルホリッジが解任されてしまった。最近数試合の敗戦に加え、選手とのコミュニケーションに問題がというのが解任の原因らしい。
この爺、野球程には思い入れはないけれど、それでもこの時期の解任と聞いて、
「ほんまにワールドカップは大丈夫なん?」
と考えてしまう。
そもそも論ながら、選手とのコミュニケーションが悪くなるのは当たり前、というのも言葉の違いや日頃共に生活できる頻度。ついでに言うと、育った文化や環境の違いによる「価値観」の相違。だから爺はいささか唐突ながら
「なぜ自前の監督を育てない?早い話し日本人監督という考えをなぜ優先しないのだろう?」
と常々考えている。今回は時間の無いこともあってだろう、結果としてワールドカップ・ロシア大会では日本人監督が指揮を執るようながら、常にそうであった欲しいと願っている。
ついでに言うと、「選手とのコミュニケーションが悪い。」なんてのは、選手の誰かがサッカー協会の大御所様にチクったのかなぁ?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年04月16日

一機に政局??

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本ではいよいよ政局かという雰囲気らしい。報道が調査した最近の支持率、とうとう30%を割り込んだようだ。それもこれも、あれこれ無い筈の文書、あってはいけない文書が出てきて、官邸がおおわらわだから。国会答弁でも、総理が例によって、質問者を煙に巻く答弁を続けている。
そんな中首相秘書官が国会でヤジを飛ばし、官房長官は
「あれは野次ではなく、総理への助言だった!」
と苦しい答弁までしている。ちなみにインターネット版によれば、国会内での国会議員以外の野次は1938年以来とか。あの頃は軍国主義が幅を利かせ、国を誤った方向に引っ張っていたっけ。まぁこの話は別の折にでもすることにして、本題に戻す。
ところで無い筈の文書を列挙するなら
文科省 怪文書(と官房長官が命名した)
財務省 改竄文書
防衛省 隠蔽文書
厚労省 捏造文書
農水省 暴露文書
といったあたりであろうか。明日また何が出て来るか、興味津々といえばふざけすぎながら、一般大衆の一爺としては
「もう好い加減にしてほしい。」
といったところが本音である。
ただ今日の為体(ていたらく)は、政権というか官邸の思惑に反する文書を、野党に晒さないための官僚や取り巻きの忖度から出たことで、政権政党に自浄作用があるなら、短時間で「一件落着」するに違いない程しょうもないの事。それを森友、加計、両問題は一年以上も延々と泥仕合を続けているのは、総理が
「嘘だというならその証拠を見せろ!」
と強弁するけれど、本来身の潔白はうそを疑われている側が証明すべきもの。
今の政権政党にはそんな道理も判らないらしく、
「驕る平家は久しくないぞ!」
と思案を巡らす、爺である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年04月15日

レアアース資源大国?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝日新聞インターネット版で見た記事。
南鳥島近くの太平洋海底、水深5700mの海底に世界需要の数百年分のレアアースが存在。効率よく取り出す方法も併せて検証。
これに類するニュースは数年前から何度か聞いており、ただ併せて深海からの採掘だけに採算性が鍵とも言われていた。今回の記事はその効率性も担保可能かのような内容だけに、
「わが国も資源大国になるのか?」
といった夢が膨らむのは、この爺だけではあるまい。
ただ天邪鬼の爺はこうも考える。
「数百年分といったって、100年もすれば技術革新もすすみ、代替品も見つかるだろうから、あまり意味がないのかも?」
それに
「本当に高い効率が実現できているのだろうか?今はやりの『フェークニュース』とは思はないが、本当の意味で実用的なレベルまで十年も二十年もかかっていたら、意味がないかも?」
とも考える。
早い話し今日の技術革新の速度、とてつもないのだから、方々宝の持ち腐れとなりません様に。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題