2018年01月21日

試験監督の鼾

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
母校の大阪大学で、入学試験に関連しての不祥事が続いている。
一つ目は、昨年度の二次試験物理の問題、正解が二個以上あるのに出題者グループの考えていた模範解答には一例しかなかったようで、結果的には模範解答でない回答を示した学生には点が与えられなかったに違いない。ところが複数の解の有ることを予備校教師から指摘されたというのに、担当者が聞く耳を持たず、適切に対応しなかったという。最終的には予備校教師は文部科学省にまで掛け合い、ようやく大阪大学も重い腰を上げ検討を開始、結局ほぼ一年も経って30名の受験生に追加合格通知を出すことになったという。一年を棒に振ることになった受験生もいたろうから、責任重大に違いない。ここらあたりの事は新聞に詳しい。ただこの爺が数学の採点を担当したときは、採点会場でまず模範解答を示され、その後一時間ほど採点担当が銘々で解いてみて、別解などないかと検討した。実際予期せぬ解答が見つかって、事なきを得た経験もある。この頃はそんなことすらしてないのだろうか?
二つ目は先日のセンター入試、試験監督の一人がついつい居眠りをして鼾をかいたというのである。かつてなら
「まぁ微笑ましい!試験官も退屈でしょうからねぇ・・。」
といった具合で笑って済ませたところだろうが、今の御時勢こんな為体(ていたらく)は許されない。当然親御さん達が
「鼾が気になって、試験成績に影響が・・。」
と主張し、またまたの不祥事と報道が取り上げる。
まぁこの爺も取り上げて話題にしているのだから、他人の事は言えないけれど、5年前まで強弁を取っていた母校だけに、面白半分ではなく叱咤激励のつもりで取り上げている。
「ほんまに何やってんね!」
といいたいところである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年01月14日

誤報 ミサイルがハワイに?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
いやぁ、しゃれにならへん「誤動作」や。ハワイで
「弾道ミサイルがハワイに向けて発射されました!これは訓練ではありません。」
ちゅう警報が流れたんやて。ハワイは土曜日の朝の事で、学校の課外活動なんか中止になったり、高速道路の出口が渋滞したりと、ちょっとしたパニックやったらしい。日本の緊急地震速報も時々誤動作してバタバタすることあるけど、ミサイルが飛んでくるちゅう警報が誤動作で流れるんは、ほんまにシャレにならへんで。ちゅうんも、北の将軍様と西洋花札大統領の「子供の喧嘩」があるし、実際北の将軍様は核兵器やミサイル開発に必死やもんな。少しは現実味のある話やもん。
ところでや、平昌オリンピック絡みで南北会談があったし、北の将軍様と西洋花札大統領が電話会談するちゅう報道もあったんで、少しは緊張の緩和になるかと期待してた矢先これや。そいでめちゃめちゃ穿った見方したら、
「『緊張をもっと持続させたい誰か』がハッキングして、緊急警報流したんちゃうんやろか?」
とも思えるんやけど。
「そんなことして何が得や?」
ちゅう見方もあるやろけど、緊張続いたら「軍需産業」が儲かるもんな。はやい話防衛の装備、ますます売れるもん。せやから天邪鬼の爺は、
「ひょっとしたら、西洋花札大統領の自作自演か?」
かも知れへんと考えたりしてるんや。片一方の手ぇで北の将軍様と電話会談して、もう片一方の手ぇで、危機感煽るちゅう、ビジネスマンの得意技、二枚舌外交や。
穿ちすぎかなぁ?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年01月10日

十日戎

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
よう考えたら、今日は十日戎や。
商売の神さんやから、起業したわいも行かなあかんかも知れへん。
「商売繁盛で笹もってこい!」
ちゅう掛け声、シンガポールではまず聞こえてけえへん。
今宮戎、西宮戎ちゅうて有名やけど、わいの生まれた貝塚は、脇野浜の戎さんや。
本当のこというとや、わいのおかんは小学校の教師やったよって、戎さんには縁なかった。物心つくまでに行ったことあるんかも知れへんけど、覚えてる限りは行ったことなかった。高校生になっても行ったことなかった。だいたい素通りやったんは、戎さんの掛け声聞いても、本音であんまり高揚感が無かったからや。それが不思議なことに、50歳を超す頃から、なんや気になるようになって覗きに行くようになったなぁ。
十日戎若い頃に出かけへんかった理由はまだあって、正月三が日あんまり日ぃ開いてないこともそうなんや。なんせ若い頃正月の高揚感は、わいの場合高かったよって、その反動もあって、十日戎にまで眼ぇ向かへんかったちゅうのがほんまのとこかも知れへん。ところが不思議なことに、歳とってくると正月の高揚感はあんまり高ぅならへんね。シンガポールに住んでて、正月が特別でないことも関係してるかも知れへんけど、それは少ない思う。ほんでや、反動中わけや無いけど、十日戎まで眼が届くようになったんや。
ただ十日戎は、近畿以西の文化らしいなぁ。東京界隈は、酉の市やろ。おんなじ日本でもえらいちゃうもんやなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年01月08日

阪大の入試ミス

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
偉いことになってんがな!
いやなに、大阪大学の事やでぇ。
インターネットのニュースやと、去年の入学試験、問題ミスちゅうか採点ミスちゅうかがあってや、10カ月もたってから30人も追加合格やちゅう話や。こらもうきっちり社会問題になるなぁ。天邪鬼的にいうたら、合格してたもんの中で、その問題て点稼いだ受験生は、ほんまやったら不合格ちゅうことになるんやろけど、そこはもういわへんのやろうなぁ。
物理の問題で、条件に合うんが答えが二つあるんやのに、正解例は一つしか示されてなかったらしいんや。ほんで予備校の物理の教師がおかしいのに気付きやって、大阪大学に連絡したらしいんやけど、適切に対応せぇへんかったらしいんや。まぁ詳しい話は、新聞やテレビの報道に任せて、別の三方してみるとや、多分やけど問題作りはるときに答えからさかのぼる形で作ったんちゃうやろか。つまりや本来やったら、
「この条件に合う結果を導け!」
というのんが、問題やろ。せやから条件を数式に表すことが出来たら、その式を変形して結果が導き出されるんが普通で、そうやったらこの問題の場合に二つ解があったんや。せやけど、ほんで多分やけど、一つの結果から遡って、条件を考えはって出題しはったんやろ。それはそれでええんやから、一回問題からきちんと式立てて解いてみたらよかったんや。ほしたら二つの解の有ることが判ってた筈や。手抜きとはいえへんけど、
「上手の手から水が漏れた。」
んや。厳しういうたら物理の問題やのに必要十分確認せぇへんかったちゅうことになるんや。
母校の不祥事だけに気になるなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年01月06日

暴露本

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
新年早々、訃報が二件。
「真屋順子」さん、欽ちゃんのどこまでやるのというバラエティー番組でお母さん役をやっていた。爺自身はあの頃結構多忙にしており、毎週楽しんだわけではないが、それでもある種の社会現象化した番組であった筈。
「星野仙一」さん。野球狂にはいささかショック。特に大阪界隈の虎キチには衝撃である。
ともかくもお二人に合掌

米国・西洋花札大統領の話題。暴露本が出版された。大統領側が出版差し止めを裁判所に提出したと聞くが、裁判所の判断の出る前にという意味だろうか、出版日を数日前倒しでという事にしたそうである。すると書店店頭に並べた途端あっという間に売り切れ続出と聞く。爺も野次馬的に買い求めて読んでみたい気がしており、この地シンガポールにやってくるのはいつ頃なのだろう。アマゾンで買い求めるというてもあるのだろうが、プレミア価格となって良そうな気もする。ともかく
「大統領には、不適格」
「親族は、無能」
であるといった内容が、100名超からの聞き取りをまとめてあるという。
それにしてもアメリカ合衆国という国のおおらかさ、大統領をコケにする本が出るのだから・・。ただ西洋花札大統領は、
「嘘だ!根拠がない!」
と攻撃的である。
天邪鬼な爺としては、大統領選挙中のロシアとの醜聞や、加えてテレビなどを通して見聞きする大統領から「資質」に疑問符を付けている。これはご常連様も同じではなかろうか?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年01月04日

フランスで突風

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
フランスで突風が吹いて、アルザス地方で22万世帯停電という。
スイスでは、スキー場で木が倒れ男性が死亡したとも、列車が脱線したとの報もある。
まさか春の嵐ではあるまいにと、気にかかる。ただ現時点では詳細は判らないので気を揉んでいるだけ。最初の22万世帯停電したという「突風」、秒速30mというから、ちょっとした台風並みだろうか。
ただアルザス地方と聞くと、小学校か中学校の国語の教科書で出会った「最後の授業」を思い出さずにはいられない。ドイツとの戦争に敗れ、フランス語での学校の授業が禁止される。そしてフランス語での授業の最後の日に、教師が黒板に「フランス万歳」と書いて授業を終えるという感動的な内容で、その舞台がアルザス地方であったと記憶している。つらつら考えれば、太平洋戦争に敗れたわが国に合衆国軍隊が駐留したのが、1945年。よくまぁあの時、合衆国軍が日本語での授業を禁止しなかったものである。日本の人口が多すぎて、日本語禁止は現実的ではなかったという実情も有ったろうが、合衆国軍がある意味大らかだったからかも知れない。実際わが国が半島や台湾を統治したとき、現地の方々に日本語を学ばせたし、太平洋戦争中のシンガポールなどでも、同じだったように見聞きしてきた。30年ほど昔二か月半滞在した北京郊外でも、結構な老人が、
「気を付け、前に倣え・・。」
等といった日本語を記憶されていて驚いた記憶がある。
かくのごとくであるから、戦争は敗者からともすれば言葉のみならず、誇りをも奪ってしまいかねず、理想論ながら爺は、戦争反対論者なのである。
フランスでの突風の話題から、とんでもないところまで話が及びました。
今年もよろしく。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年12月31日

名誉回復

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
2017年大晦日。あと一日で年が新しくなる。

一年最後の話題にふさわしいかどうかと考えつつ、2011年3月11日の大地震に思いをはせている。
ただしつい最近明らかとなった、
「メルトダウンを公表しなかったのは、官邸の判断ではなく電力会社の判断だった。」
という調査委員会の報告に関してである。これですっかり菅元総理の名誉回復というわけにはいくまいが、それでも震災以降すっかり「無能呼ばわり」されてきたので、少しはといったところであろう。
が二人研究室を訪ねて来ていた。訪問の目的は御多分に漏れずリクルート活動で、私の居室で三人で談笑しているときにグラグラっときた。私の居室は9階建ての9階にあり、耐震基準を満たしていないこともあってだろうか、ことのほか揺れた。それも結構長く揺れていた。揺れは二三分も続いていたであろうか、それでも建屋は崩壊することもなかったので、我々は最初
「これは結構大きい地震やで。東南海大地震かな?」
なんぞと気楽蜻蛉を決め込んでいた。ただ当時は携帯電話のワンセグでテレビが受信でき、弟子二人はNHKの地震速報で被害の状況を確かめていた。一時間ほどもたった頃であったろうか、福島の原発に津波が押し寄せてという速報が入った途端、両名の顔から笑顔が消え、
「これはえらいことになる!」
「急いで東京に戻らなくては。」
と言い始め、私も
「そうやな。リクルートにはまた来たらええんやから。」
といった返事をして彼らを送り出した。そして今から考えれば、当事者だけに彼らは事態の深刻さを実感していたのだろうと思わざるを得ない。実際一人は福島の現場状況を把握できる部署に配置され、その後
「先生にも全て話すことはできません。」
とえらく深刻な雰囲気であった。そして何年か後には退職してしまったのだから、彼自身の中でかなりの葛藤があったのだろうと想像に難くない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年12月28日

パンダの話題から3

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
パンダの赤ちゃんシャンシャンの話題から、情報操作・印象操作についてあれこれ思案を巡らせている。爺自身の中でも、主張の右往左往していることを自覚しているとはいえ、それでも書かずにはいられない。とりわけ政治向きの事に関して、日米両国首脳がマスコミ報道にやけに神経をとがらせる雰囲気があり、圧力をかけているように感じてならない。
話は変わるが、わが国には平安時代の頃から「落首」という、政権批判の文化があったというから、1000年も昔からである。政治が荒れてくると、庶民が政治の向きを批判する狂歌、川柳を高札としたという。高札は本来、為政者から民衆への周知を目的としたものだったから、正確には「私設高札」とでも示すべきかも知れない。そんな慣習、文化を持った国に有って、
「報道に偏りがある!」
と、取り締まろうとする政権与党には、辟易とする。
というのも、これはこの爺の持論ながら、
「マスコミ報道の使命は、政権に対峙し常に批判することである。」
と信じているからである。つまりこういった批判が、政権にとっての反省材料になるからである。人間が考える以上完璧は無いので、独善的になることを防いでくれる、それがマスコミ報道の批判に違いがないから。
「総理大臣である私が間違うはずがないのです。」
「非戦闘地域は、私が非戦闘地域と判断するからです。」
等々の迷言があるけれど、こういった積み重ねが国を専制国家に進ませることになる。そういった事例を、私達は時の流れとともに経験し、歴史を通じて学んできた筈である。悲しいことながら、昨今のマスコミ報道は、平成の落首・高札とはなっていない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年12月27日

パンダの話題から2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
上野のパンダ「シャンシャン」のテレビ・新聞での扱いを爺なりに考え、マスコミ報道の一般大衆への影響というか、この場合『悪意の無い情報操作』だろうが、を思案している。確かにパンダは赤ちゃんでなくても愛嬌があり、この爺のような年齢でも可愛いく感じるのは事実である。だから和歌山県白浜のアドベンチャーワールドのパンダにだって、もっと大騒ぎがあってしかるべきだろうにと考えるが、それはさておきである。
さきにも述べた様に、「悪意の無い情報操作」であっても、この差なのである。だから意図して印象操作したらどうなるかは、第二次大戦中の「大本営発表」の経験を通じて私達より上の年代は良く知っている。
「あぁそれなのに!」
と嘆くべきであろうか、最近のマスコミ報道は、「善意ではない情報操作」までもが跋扈しているような気がしてならない。例えば大相撲の事、北の将軍様の国の事、などがそうなのだが、その一方でわが国の政権政党は、マスコミ報道に圧力をかけているような気がしてならない。ついでに言うなら、こういった気配はわが国とアメリカ合衆国の両方の指導者に感じる。さらにはトランプ大統領のマスコミ攻撃は、TwitterなどにFakeの四文字が躍っていて目に余る気がする。もしかして報道の方が、今年流行りの言葉ではないが「忖度」しての報道なのかもしれないが、マスコミ報道が政権批判を忘れたのでは、いつの日か政権が暴走する。その一例が「イスラエルの首都はエルサレム」と言い放った米国大統領の、蛮行である。ちなみに政権批判と、印象操作や情報操作とは全く違うものなのに、日米の首脳は、そこをどうも誤解していらっしゃり
「報道の偏りは、情報操作・印象操作だ!」
と、世論からのフィードバックを切り捨てようとしていると、この爺は懸念している。
(この稿続く)
lanking.gif
クリックして投票を!


続きを読む
posted by zen at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2017年12月26日

パンダの話題から1

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
上野動物園パンダの赤ちゃんシャンシャンが大層な人気である。
テレビや新聞を通しての情報だけに、東京周辺の地域限定の盛り上がりなのか、日本という国を挙げての盛り上がりなのか、判然とはしないものの、天邪鬼の爺としては
「なぜこんなにもマスコミ報道が騒いで、人気を煽る必要があるのか?」
と不思議に思う。29年ぶりの公開という事だから、確かに上野動物園としては快挙には違いあるまい。ただパンダの繁殖という意味では、和歌山県白浜のアドベンチャーワールドは既に13頭もの繁殖に成功しており、本家中国を除いては、世界一の実績を残している。
おりしも和歌山県知事が
「パンダ飼育は、東京だけではありません。和歌山も!」
とコメントしていたけれど、新聞の片隅に申し訳程度の記事が載っただけで、依然として
「パンダといえば、上野動物園!」
のステレオタイプのマスコミ報道である。早い話、和歌山県のパンダはあまり盛り上がらない。だから、
「パンダですらかくのごとき『情報操作』がまかり通るのだから。」
と、穿った見方をしたくなるのは、この爺だけだろうか?
政治向きの話題、北の将軍様の国の事、隣国の中国の情勢、中東の現状、さらには同盟国アメリカ合衆国の有り様、マスコミ報道は政府に忖度して政府の気に入るような内容ののみ報じていないのだろうかと気がかりなのである。
(この稿続く)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題