2019年01月11日

お節介ながら

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
よその国のことながら、トランプ大統領と野党民主党の議論が、実に不愉快である。大統領は国境の壁の予算を出せというのに対して、下院で多数党となった民主党は、認められないという。だから新年度の予算不成立で、政府が機能しない。昨日だったかなぁトランプ大統領は
「話にならない、バイバイだと席を立った上に、お得意のツイッターで野党をこき下ろしているとも聞く。
それにしてもと考える。
トランプ大統領にしても我が国総理大臣にしても、
「権力者の意のままにやって何が悪い!」
的な居直りが、見え隠れして
「難儀な風潮!」
と考える。月並みなようながら、世界的な右傾化で
「またぞろ世界大戦の前の雰囲気か?」
と気がかり。これもそれもアメリカ合衆国の大統領に、世界の多くの首脳が右へ習えを演じているのだろう。
ただ大統領選であれだけ「怪しげ」な事実があるというのに、多数党の野党民主党が弾劾裁判を主張しないのは何故なのだろう。かつてクリントン大統領の女性問題の醜聞では、弾劾裁判でお灸をすえたというのに、トランプ大統領の場合はロシア疑惑、女性問題等々山ほどあるのだから。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年01月09日

北からの漂着船

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
ちょっと気になるニュース。
島根県で、北の将軍様の国からの漂流船。4名が保護されたという。ネット新聞の記事によれば、エンジントラブルで漂着とのことらしいが、ここ数年燃料切れやらエンジントラブルによる漂着が後を絶たないように思える。
「意図的な脱北を、このような形で謀っているのではあるまいなぁ?!」
というのが、率直な印象なのだが、この種の報道めったと後日談のお目にかからない。
いずれにしても緊急保護措置だけに、いつかは帰国している筈なのだが。
話は変わるが1980年代から2000年にかけて、私は北陸の海岸で俗にいう冬季雷の野外観測に関わっていた。一番の北は山形県の酒田、新潟は海岸べりではなく内陸だった、石川は河北潟、福井は越前海岸や三方郡美浜界隈で、どの海岸でもハングル文字の書かれたプラスチック容器を見かけたものだ。
余談ながら、私の雷観測に関わっていた前半は、俗にいう「拉致以外」のあった頃で、運が悪ければ私や学生さんが被害に遭っていたかもしれない何ぞと考えると、背筋が寒くなる。
本題に戻れば、朝鮮半島の廃棄物が流れ着くのだから、漁船ならなおさら。転覆さえしなければかなり高い確率で、日本海沿岸のどこかに行きつく。だからというわけではないが、私は
「意図的ではないにせよ、最悪いっても良いか!」
程度の覚悟で、冬の海に乗り出しているのではあるまいか。そして見つかることなく入り込んでいる漂流者もいるような気がしている。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2019年01月08日

月の裏側

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
月の裏側に中国の探査機が着陸したという。
良く知られている様に、月は常に同じ側を地球に向けているので、裏側のことは知り様もない。中国のことだけに、またぞろいい加減なという告げ口もあるようだが、この時代にそんなことはあるまいと思う。半世紀も昔に、ロシアの衛星が月の裏側の写真を撮った時も大騒ぎとなったけれど、以来の快挙と言えば言いすぎかな。なんといっても通信の手段が無いだけに、中継のための衛星を別途準備してということになるのだから。
それにしても中国という国、人口が多いだけに「慣性力」は誠にすごい。1980年代に経済開放し、僅か40年弱でアメリカ合衆国と肩を並べるほどの技術立国に成長した。製品が粗悪との酷評もあるが、質の向上にも目覚ましいものがある。目標が目の前を走っているだけに、1970年代頃までの我が国と同じ。その目標がなくなった時にどうするか、どうなるかが「勝負」なのだろう。習近平主席の腕の見せ所だろう。
ただこの爺の研究分野で見る限り、真の意味の独創性はあまり感じられない。爺とて偉そうなことは言えないけれど、率直に言って彼らの研究内容は二番煎じ、三番煎じが多い。それでも合衆国の同業者達は持ち上げる傾向を示すのは、それだけ警戒しているからなのだろう。悪口を書き連ねるようながら、かかる意味で合衆国という国、国民性を信用できない。かかる意味で彼らは本音でAmerican first なのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年12月27日

国際捕鯨委員会脱退

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
国際捕鯨委員会(IWC)からの離脱を決めたという。
確かに我が国に対する捕鯨禁止の要求は、度を越しているような気がしてならない。だからと言って、
「そこまで言うなら辞めますよ!」
というのは、居直り以外の何物でもない。何やらアメリカ大統領トランプ氏の
「合衆国は、パリ協定には縛られない!」
という態度を彷彿とさせる。昨今世界中
「我が国の意見に合わないから、・・・。」
という主張が横行しているように思えてならない。早い話自国主義がまかり通るご時世となっており、それに我が国も「お付き合い」ということなのだろうか?いやというよりも、トランプ大統領にお付き合いという方がふさわしいのかもしれぬ。いずれにしても、月並みながら世界中が「右傾化」し、国際捕鯨委員会からの脱退もその流れに乗っただけなのだろう。そんな右傾化に歯止めをかけるのが我が国の役目だろうとこの爺は理解しているけれど、そんな正論は通らないようだ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年12月25日

津波 2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
クリスマス(生誕祭) 真夏のクリスマスは、まさしく味気ないけれど、昨夜はマンションのバーベキューピットで、若者達が遅くまで大騒ぎをしていた。

さて津波の話題に戻る。
昨日も書いたように、朝日新聞の記事はまるで予言だった。
大地震が起こって可能性のある地域に警報が出た時でさえ、多数の犠牲者が出るというのに、今回のような場合には何の警戒もしないでいたら、どどっと津波がやってきたのだから始末が悪い。それでもこのような津波、海底の地滑りなどで起こる、は限られた範囲だからまだ幸い。現時点では350名近い犠牲者が出ていると報じられている。インドネシアの大統領が現地視察し、「早期津波情報のための装置の導入を!」と指示を出したとも聞く。
太平洋を取り囲む地震や津波のための国際的なネットワークはあるものの、現時点では必ずしもうまく機能していないうえ、今回のような地震もない局所的な津波には限りなく無力である。翻って、私達の考えているレーダーによる常時監視は、きっと効果的と信じているのだが・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年12月24日

津波

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日日本では、昨日の天皇誕生日の代休である。早い話土曜日からの三連休。クリスチャンの国でないだけに、さすがに25日のクリスマス当日は祭日とならない。とはいえ22日土曜日から、小中学校では一気に冬休みに突入している筈。年明1月7日までの二週間余りの長丁場である。
シンガポールに移り住んで5年、確か最初年の正月は帰国したけれど、その後はこの時期航空券が高くなることとも関連して、シンガポールでの越年を決め込んでいる。ただ例年も書いていることながら、この時期の「年末や正月風情の無さ」には、いささか拍子抜け。まぁ旧正月を祝う習慣を、今日でもしつこくまもっているから致し方ないのだろう。

話題変わって津波の話。
一昨日だったろうか、「大地震でもないのに津波!」といった記事をインターネット版の朝日新聞で見た。読んでみれば海底火山などで地滑りとか海底斜面の液状化で、海底での土砂崩れがそんな津波を引き起こすらしいと記されてあった。そしてそんな津波が1700年代に我が国でも起こっているらしいと解説してあった。
「そんな津波があるなら、津波の警報の在り方考えねば!」
と考えていたら、昨日インドネシアでそんな津波が起こって、現在までのところ死者の数が222とのこと。いやはやネット版記事のタイムリーさに感心している。
まるで予言だったんだ!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年12月16日

トナカイの鼻の色

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「トナカイの鼻の色は?」
こういう問いかけに、大概の大人も子供も
「赤!」
と答える。クリスマスのこの時期、「赤鼻のトナカイ」の歌の影響なんだろう。
でも実際の色は、黒か茶焦げ茶色と聞く。
そんな意地悪クイズの影響でもないだろうが、ここ数日の朝日新聞「しつもん!ドラえもん」は、クリスマス関連の質問が続いている。
それで教えられたのが、トナカイの角の話。トナカイの角は、雌雄ともあるそうで、あんな立派な形をしているのは、雪の中から食べ物を掘り出すためのものだという。道理でスコップのような形をしているはず筈だ。
このように考えると、野生の動物達は環境に適応させるべく進化をしてきたらしいことに合点がいく。例えばキリンは高い枝の葉っぱを採るため首が長くなったというし、シマウマの縞はある種の保護色効果等々。
今月半ばころには小学生の子供達と交流のある予定で、そんな折に先の話をあれこれ投げかけてみようかな?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年12月15日

美らの海守れ!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日から沖縄・辺野古の埋め立て工事が始まったちゅうやないか。
知事選挙にしても国政選挙にしても、移転に反対するリーダーが選ばれてるちゅうのに、日本国政府はほんまに無茶しよんでぇ。ほんで一回埋め立ててしもうたら、「美らの海」の自然破壊が進むし、ほんまに困ったもんや。
それにしてもや、政治家のセンセイ方が抑止力を信じとるんやったら、おめでたいもんやでぇ。ついでに言うとや、いま抑止力を主張されてるセンセイ方は、「鬼畜米英!」いうて叫んでアメリカやイギリス嫌いやったんちゃうんか。それが手のひら返したみたいに、
「沖縄駐留のアメリカ合衆国海兵隊が、我が国を守ってくれる。」
なんやて、どの口がそんなこと言わすんやろう?
政治家のセンセイ方もわかって言うてるのやろけど、海兵隊を沖縄やフィリッピンに置いときたいんは、中国、北朝鮮、ロシアに睨み効かすためで、日本のためとちゃうでぇ。アメリカ合衆国の国益を守るためや。その睨みも、爆弾を宇宙から落とせるこの時代、ほ飛んで意味ないでぇ。
ともかく米軍のことはどうでもええ。沖縄県民の民意はどうしたら守られるんやろうなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年12月13日

寝過ごし救済バス

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の朝日新聞・天声人語氏の内容は面白かった。
師走のこの時期とも関連して、「終電に飛び乗ったのに眠りこけて、乗り越したり終着駅まで乗ってしまった。」話題を取り上げていた。その話題のきっかけは、東京八王子の西東京バスが、金曜日の夜に限って「寝過ごし救済バス」を走らせることになったことから。ちなみにこの爺は、若い頃にはあまり飲まなかったこととも関係してか、このような経験が一度もない。
さて深夜の救済バス、平均で30名程度の利用者があるらしいとはいえ、
「これでは儲けにはならないだろう!」
何ぞと、ついつい考える。そして
「そういやぁ、大阪吹田の千里では阪急バスが深夜バスをサービスしてたっけ?!」
と思い出した。もう十年も以上も昔のことで、今も続いているのか否かは不明。ただあのサービスは年末限定ではなかった。なにせ吹田千里地区はかつては「ニュータウン」と呼ばれた、俗にいう人工都市。深夜ともなれば、陸の孤島とは言わないまでも、結構不便をかこっていた。ただニュータウン建設後50年近くを経て住民も高齢化し、あの頃10年前はそれなりの需要があったのだろう。はてさて
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題

2018年12月06日

被害者が加害者に

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨年来、日馬富士から暴力行為を受けたということで被害者になって、大相撲協会に騒動を起こした貴ノ岩関、今度は加害者になってしまった。どうも付け人を、態度が悪いということでぶん殴ったようだ。爺は暴力行為を肯定するつもりはないが、世間はいささか過敏になり過ぎてはいないかと、ついつい天邪鬼が頭をもたげる。態度の悪い後輩に強く当たること自体、爺は決して悪いとは思わない。早い話頭をぽかんとひったたくことはありがちだろうし、大騒ぎするほどのことではない。ただ今のご時世、それを許さないから大変だと考えるのは、」へそ曲がりのこの爺だけだろうか?
態度の悪い後輩をしつけるのも先輩の役目であるだろうし、ある種の教育。そして教育とはしょせん理不尽なもので、時たまの脱線は容認されてしかるべきと、この爺は信じている。いや今の風潮が常態化すれば、やがてどこかで破綻するのではないだろうかと、気がかりなのである
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 時の話題