2020年09月15日

自民党総裁選に思う

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日は、きのうの自民党総裁選挙のことを書かんわけにはいかんやろうなぁ。
予定通り菅さんの圧勝はええとして、なんで石破さんが最下位なんや。
勝ち馬に乗りたがる我が同胞、爺は同じ日本人ながらいやになるなぁ。
過半数で圧勝して、そいで時点は岸田さんになるように、口裏合わせはったんやな。
それにしても石破さんは、自民党の議員センセイ方には人気ないんやなぁ。
皆で餓鬼大将の言うこと聞かへん一匹狼を、なぶりもんにしてるみたいや。
そんなことやってたら、学校のいじめを批判でけへんのちゃうかと思うけど。
まぁ政治家は大人になれちゅうことなんやろう。
古い話になるけど、同じはねっ返りの小泉さんはうまいこと勝ちよったなぁ。
石破さんとの違いがどこにあるんやろうと、考えてしまうなぁ。
石破さんの話は、まっとうやけど聞いてて面白ないのも事実やもんな。
ほんで自民党総裁に選ばれやった菅さんや。
確かにあのセンセイは、秋田県の農家の長男で、努力して自民党総裁にまで上り詰めた苦労人なんは認めるとしてもや、爺は好きになれん。ちゅうのも前総理大臣のイエスマンやったとしか理解できんからや。そういう意味で、爺は日本ちゅう国の政治がますます嫌いになるんやでぇ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2020年09月04日

炎上したんやてぇ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
松任谷由美の総理大臣センセイ辞職に対してのコメントに、
「荒井由実のまま夭折しておくべきだった!」
というコメントを出して、叩かれている大学教員が炎上らしい。
まぁ如何にSNSちゅうても、「夭折しておくべき」ちゅうようなメッセージは、この爺も頂けへんから当然の現象やろうなぁ。せやけど、この爺はお辞めになるちゅう総理大臣センセイは、ほんまにようやったと考えるかと尋ねられたら、肯定的にはなれへんなぁ。これは支持政党とか主義主張の違いやカラちゃうでぇ。国会の答弁見てても、法案の採択し方見ても、
「国民のため!」
とはどうしても思えん気ぃするねん。
せやけど最近の世論調査やったら、70%超の人が成果を認めているちゅう統計があって、日本ちゅう国の一般大衆の理解が判らんようになる。
時代ちゅや時代なんやろう。全体主義が世界に蔓延する勢いやもんなぁ。
日本も乗り遅れたらあかんちゅう考える人もきっと多いんやろうなぁ。
せやけど、この爺は歴史修正主義だけは受け入れとうない。お辞めになる総理大臣センセイは、日本の戦前の蛮行を、無かったことにしたいちゅうんが見え見えやもん、その点だけでも、少なくともこの爺は、総理大臣センセイの成果を認めとう無いんや。
愚痴っぽい内容でごめんやけど・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2020年09月03日

禅譲を許すんか?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
何日か前の「天声人語」に、川端康成と今東光の事が載っとった。
二人は仲良しで、今東光が参議院議員に立候補したとき、川端康成が事務局長やったちゅう話や。そんな話もあったなぁと思い出したら、水間観音の騒動も思い出した。この爺がまだ中学生やった頃の話や。
水間観音は比叡山延暦寺の天台宗のお寺で、そこから今東光が貫主に派遣されて来たんや。せやけど、水間観音は「寺座」ちゅうんかな、檀家の何人かが水間漢音を完全支配しとって、総本山延暦寺の意向が及ばへんね。せやから多分今東光は改革したかったんやろうなぁ。
水間漢音は、中学校から家に帰る途中にあるんやけど、
「家に帰るときは、水間観音の境内に入らないように!」
ちゅう注意された記憶がある。今でいう反社会勢力の連中も巻き込んだ騒動になったんや。あの頃は警察も出てたんちゃうかな。この爺は中学生ややったから、現場はよう見て無いけど、多分立ち回りもあったんやろう。
ついでにいうと、水間観音の寺座支配は、たぶん今でも続いてる筈で、今東光は貫主として一石を投じただけで、改革はでけんかった。何ちゅうても寺座は世襲制度で禅譲制度が確立してて、どっかの国の政治構造とも似てるような気がするもんなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2020年08月22日

公文書書き換え?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
東京都知事センセイの答弁の訂正、なんやこっそり書き換えられてるらしいで。
そんな記事を読んだ。
まぁ、国の公式文書も「忖度」やらちゅう、わけのわからへん理由で書き換えられたりしてるようやから、東京都がやっとても、驚くに当たらへんのかもしれへん。
せやけど本当はあかんやろ。
後世のちゅうと大仰やけど、後の時代に
「あぁあの時こういう間違いしてたんや!せやからここは気ぃつけなあかん。」
ちゅう配慮のできる資料が、公文書として残されていかなあかんね。
そう考えると、日本ちゅう国は、いや正確にいうと現在国を引っ張てる政治家のセンセイ方は、平気で歴史の認識を変えてしまいよるし、日本は困った国になってるなぁ。
それもこれもや、今のセンセイ方は「民主主義」を本当の意味でりかいしてのうて、
「数の多い方が、全権委任受けてる!」
と信じてるからなんやろう。
そう考えていたら、アメリカ合衆国でも前大統領のオバマさんが
「トランプ大統領は、仲良しのために政治をやっている。これは間違いだ!」
と発言したと記事がのっとった。
なんや、日本の国とおんなじような具合やなぁ。
政治的指導者層の、意識ちゅうか、レベルちゅうかの、低下なんやなぁ。

lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2020年08月16日

戦争責任

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
盂蘭盆会 京都五山の送り火
昨日の終戦記念日、総理大臣は戦争責任に言及しなかったみたいやな。
「何回謝ったらええんや?」
ちゅう言い分もあるやろけど、あのお方の場合は戦争責任は無いと信じてるとこあるみたいやしな。
いや総理大臣だけと違うて、俗にいう右寄りの大物のセンセイ方もそう考えてんやろうな。
そんなやから、
「敵地攻撃能力のある装備を!」
なんちゅうな、阿呆みたいなことを言い出すセンセイもでてきよるんや。
それにしても、困った国になってきたちゅうのが、正直なところや。
それもこれも、日本ちゅう国はいろいな意味で総括をせぇへん国やからかもしれへん。
太平洋戦争で、無条件降伏したときも、国としての総括より、戦勝国のうちの一つのアメリカ合衆国に、言うなら媚び売って、戦争責任者の何人かが居座ったん違うんっかなぁ。
せやから、あの戦争はやったらあかんかった戦争やったちゅう反省は、表面だけでやっといて、本音は侵略戦争ちゃうかったんやと、未だにつよう信じとるんやろ。
まぁ、日本は経済的に成長することできたから、アメリカ合衆国も面と向かっては戦争責任の話はせんし、政治家のセンセイも合衆国に媚び売っとったら、地位も安泰やから、お互い魚心あればちゅう所なんやろう。
せやけどな、気ぃつけんばあかんのは、アメリカ人は本音で
「どの国がせんしょうこくやったんか!」
と、本音で思うとるところや面うけどな。早い話、まだ許してはおらんちゅうこっちゃないかな?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2020年08月08日

核兵器はいらんで!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
明日は、長崎原爆忌だ。
そんな日にちょっと気になる、心に刺さりそうな文を見た。
「いずれ、被爆体験者はいなくなります。」
というものだ。
読みようによっては、核兵器を使わない平和な社会とも読めるけれど、実際には
「あの悲惨さを知っている者が、高齢となっていずれ全員亡くなってしまう。そうなったときに、核兵器使用に警鐘を鳴らせる生き証人が、誰もいなくなる。」
という、危機感を含んでいる発言である。
昭和40年台だったか、当時の大物政治家が
「太平洋戦争を知らない世代の、政治家が怖い。」
という内容の発言をしているのと、被爆体験者がいなくなるとの危機感は、本質的に同じである。げんについ最近もある閣僚が
「敵地攻撃能力を持つ装置が欲しい!」
といった、全く馬鹿げた発言をしているように、かつての大物政治家の懸念は現実のものとなりつつある。
政治家の話はさておき、理想論と言われようと、現実的でないといわれようと、唯一の被爆国である我が国が、核兵器廃絶を主張しないのはそれこそ、
「いかがなものか?」
と、この爺は長崎原爆忌を明日にしてしみじみ思うのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2020年08月06日

饅頭怖い

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
広島原爆忌
昨日の天声人語氏で知ったのだが、落語の「饅頭怖い」の元ネタは中国の古い笑い話にあるのだそうだ。そして天声人語氏は、日本人は外国の文化、習慣、食物その他諸々をいとも容易く自分達固有の文化、習慣、食物等々に変えてしまうとも続けていた。ラーメンがその例として挙げられていたが、私なりに考えるなら、室町後期から安土桃山頃にかけての天ぷら、明治になってからだとすき焼き、そういえばクリスマスなんぞも、いい例なんだろう。こういった文化・文明の同化は、何も日本人に限ったことではないだろうけれど、ある意味日本人は自分たちを主張するという面で、他の民族よりも若干弱い面があるような気がする。
「太平洋の向こうには、Baseballとは違った野球というスポーツがある。」
と、かつて大リーグの有名な監督だったか選手だったかが、言ったという記事を読んだ覚えもある。これなども、もう一つの例なんだろう。
だからという分けでもないのだろうが、日本人は創造性より真似が上手と、かつては酷評されていた。
しかしと天邪鬼の爺は考える。
今から千年以上も前に、源氏物語や枕草子が創られていたというのも事実で、
「物まね上手な国民性」
と揶揄されて、卑下などする必要は決してない信じている。はてさて
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2020年08月05日

明日は原爆忌

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今年もまた、原爆忌が近づいてきた。
そして今年もまた我が国総理は、核兵器廃絶を主張しないのだろうなぁ。
「それなら記念式典に出席しなければ良いのに!」
とこの爺は思う。
そんなことを考えていたら防衛大臣が、敵基地をも攻撃できるようにしなければ、なんぞと空恐ろしいことを言い出している。太平洋戦争を引き起こした我が国の反省のもと、国際間の紛争には武力を使わないと誓った、あの決意はもはや風前の灯火なのだろうか。
それもこれも、やたらと武器をアメリカ合衆国から購入するためか?
アメリカ合衆国に媚び、追随することが我が国の平和を担保するのか?
こんなことを書くと
「理想論を主張してもつまらない。中国やロシアがせめて来たらどうする?」
と、未だにイデオロギーに凝り固まった大人どもがいる。
この爺も本質的には共産主義を良しとはしないし、共産主義が長い目で機能しないことは歴史が証明したというのが理解である。それに自分の主張ができないような社会には、住みたくはない。とはいえ、アメリカ合衆国と縁を切ったからと言って、今すぐに中国やロシアはせめては来ないだろう。
こう書くと、「理想論者」とレッテルを貼られるんだろうなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2020年08月04日

経済成長0でも

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
1985年5月、私は一年の予定でスウェーデンを訪れた。
その頃スウェーデンは、確か世界の長寿国の一つであった。早い話すでに高齢社会に突入していた筈である。ただそんなことより、私は多くの建物が結構古いのが気になった。それにもまして、古色蒼然とでもいえそうなエレベーターが、依然として活躍していた。言い換えれば、古い建物を大切に使っていたのである。
一方そのころの日本といえば、経済の高度成長とも関連して、古い建物をどんどん新しいものに建て替えていた。それは建物に限ったことではなく、ありとあらゆる面で消費文明最高潮だった。だから私は、何でもかんでも新しくしていくことが、すなわち国の勢いと受け取っていたところがあった。
当時私は30代半ば過ぎで、いけいけどんどんといった面もあり
「日本に比べ、もはやスウェーデンもおくれているのか。」
としか受け取れなかったというのが正直なところであったろう。
ところが、2000年代にスイスを訪問する機会を何度か持ち、スウェーデンで経験したのと同じ、古い建物や古色蒼然とした関連設備を目のあたりにして、全く異なる印象を抱くようになった。
「成熟した国はかくあるべき。やたらスクラップアンドビルドをするばかりが能じゃない。日本も考えねば・・・。」、
そうすれば、経済の低成長だって国民が満足感を味わえるお金の使い方、早い話税金の使い方ができるに違いない、と考えるようになったのである。
確かに私の印象は一面的かもしれないけれど、右肩上がりを追求するために、背伸びをしているよりははるかに有意義と思えてならないのだが、実際のところは果たしてどうなんだろう?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2020年08月03日

NON GO TO キャンペーン

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
COVID 19 日本では第2波の発生は間違いのないところだろう。
そんな中政府肝いりのGO TOキャンペーンが、物議を引き起こしている。
「この時期に、本当に必要か?」
というのが、一般大衆の率直な疑問で、それでも一般大衆は
「安くなるなら、旅行に行こう!」
という、相矛盾する側面も持っている。
私の持論はすでに何度か披露しているように、不景気や経済的にマイナス成長を良しとしないから、こんな政策が出てくるのであろう。
少子高齢社会にあって、右肩上がりの経済を志向することが間違いであって、ゼロ成長でも国民は幸せになる方法がある筈だ。
話が飛躍するようながら、地球温暖化の警鐘が鳴らされ、エネルギー消費を控えなくてはならないとの意見に対し
「それなら、皆さんは昔のあの不便な時代に戻れますか?」
と訳知り顔の権威者がいたっけ。この件に関して敢て言及はしないけれど、経済成長だって全く同じで、ゼロ成長いやマイナス成長だって国民が幸せになる方法がある筈。
マイナス成長で困るのは、政治家センセイや大企業の指導者達なんだろうから、経済の専門家に今一度お願いしたいのは、
「経済成長を止めてでも、国民が幸せ感を抱ける社会システムを目指す!」
そんな方向性を考えてもらいたいものである。
こんな思いを強く持つのは、北欧の諸国やスイスあたりを旅行して、個人的に強く印象付けられたからである。(この稿続く)
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張