2019年08月18日

未来志向より反省

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「未来志向の日韓関係」
確かに耳障りの良い言葉である。
ご本人が考えたというより、多分優秀な官僚が考え出されたに違いがない。ただ日本人でありながら、実のない言葉だともおもう。その根拠は、太平洋戦争に対する、我が国の指導者達の反省を聞かないから。とりわけ現在の総理大臣には、反省して謝ることが恥だと理解されている節があるから。
「一体何回謝ればいいのだ!」
というご意見もあろうが、謝るのは相手国に対してだけではなく、自国民に対してもなのだから、二度と戦争加害者にならないためにも、反省は謝ることはいくら続けても続けすぎることはない。
この爺とて1960年代の日韓の取り決めや、慰安婦問題に関しての非可逆的合意を知ってはいるけれど、徴用工や慰安婦として関わった戦争被害者の多くは、そんな国対国の形式的な合意なんぞより、
「迷惑を掛けました!」
という心からの陳謝を期待しているの違いない。ところが
「慰安婦と強制連行」
問題が、某新聞記者の創作と判明して以来、我が国世論は一挙に右寄りとなって、歴史修正が闊歩するようになった気がする。そして本当のところこういった風潮が、はなはだ爺には面白くないのである。
中国や韓国に、太平洋戦争では多大な迷惑をかけた。そして戦後賠償を果たしたけれど、それでもやはり、迷惑をかけたことを忘れてはならないのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年08月16日

訛った英語

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
またまた西洋花札大統領のネタで恐縮ながら、政治資金パーティで
「日韓両首脳が、英語で話す際の訛りを揶揄した。」
と、インターネット新聞で見かけた。あの大統領ならありそうなことで、今更驚くに当たらないとは、この爺の率直な印象である。
「日米はかつてないほど強固な関係!」
じゃないのかと、問うなかれ。1945年太平洋戦争の敗戦以来、いやペリー提督の来航以来というべきか、米国民の半数が本質的に白人至上主義を持っている筈で、
「アジア人の英語は、英語ではない。英語を話せないのは、猿と一緒だ。」
といった、固定概念を持っている。
実際国際会議などで日本人が講演するときなど、会場に残って退屈そうに講演を聴いている方々はまだましな方で、日本人の発表となると出ていく輩も少なくない。そのくせ発表が終わると、社交辞令よろしく
「This is really interesting presentation.」
なんぞというものだから、大喜びしている我が同胞を、かつてはよく見かけたものである。だから一緒に参加している学生諸君には、
「Interestingは誰にでもいう社交辞令。本当に興味があるときは、あれこれ議論してくる。」
と、助言したものである。最近の若い人達の英語力は確かに上がってきているとはいえ、本質的には変わらない。
「黄色い猿には、負ける筈がない!」
あたりが、本音なんだろう。
西洋花札大統領のスピーチの内容からすっかり変わってしまったけれど、日米の蜜月を信じているのは、あの総理大臣だけかもしれないなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年08月11日

語り継ぐ事の大切さ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
一昨日の朝日新聞天声人語氏、長崎原爆忌にちなんで、被爆一世、二世、三世の話題であった。被爆三世の素朴な疑問
「一体いつまで語り継がねばならないの?」
という。
確かに三世ともなれば、被爆の実体験が無いだけではなく、現実感も乏しかろう。
ただ私がもし問いかけられたとしたら
「地上から核兵器がなくなるまで。」
と答えたい。理想論というなかれ。長崎市長がおっしゃったように
「人間が作り、人間の上に落した。だから人間の手で無くせる。」
に違いない。今回たまたまトランプ大統領の気紛れで、おおよそ30年前の苦労が水の泡となり、中距離核戦力(INF)条約が失効、アメリカ合衆国もロシアも再開発にかじを切りそうな勢いであ設置る。もとより核戦力の廃棄は、そんなに簡単に行くものではないけれど、だからこそ唯一の被爆国だる我が国は、語り継いでいかねばならない。
短期で留学した高校生が、滞在した学校のシンボルマークがきのこ雲で、生徒の56%が
「原爆の投下は、戦争終結を早めたので良かった!」
と信じているらしい。
「けしからん!」
と怒るより、気長に核兵器の怖さを語り継いでいかねばならない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年08月10日

慰安婦問題

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
現在も御存命の元首相が海軍の将校だった頃のこと。
「インドネシアで土人狩りをして、慰安所を作った!」
という文書が見つかったという。
この文書存在の真偽のほどはともかく、太平洋戦争中には慰安所の存在したことは、疑いようのない事実であろう。それが朝日新聞の「韓国女性を強制連行して慰安婦とした」との記事が、事実に基づかないということが明らかになって、以来歴史修正主義者達が、まるで慰安婦制度そのものがなかったかのごとくに吹聴しまくるようになった。釜山の日本総領事館の前に設置された「少女像」は、こういった我が国の風潮に抗議しての意思表示だったのだろうとは、この爺の理解。それを慰安婦の少女像は、日本人の心を踏みにじるものだと、我が国の指導者達までが抗議の意思表示をしている。サンフランシスコ市との友好都市関係を打ち切ってしまった大阪市などもその他一つであろう。
ただ何度も述べてきているように、慰安婦の件は我が国の犯した過去の過ちとし潔く認め、将来同じ過ちを犯さない決意が大切なのであって、なかったものにすることは決してあってはならない。
「人間は誤るもの。だから赦す。」
の意味は、決してなかったものとすることではない。
核兵器の使用も、二度とあってはならない。使用したアメリカ合衆国も、大被害を受けた我が国も、二度と使用しないの決意を持たねば、犠牲になった方々に申し訳ないのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年08月06日

改憲議論には応じるな!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
国民民主党の玉木代表、「改憲議論に応じる」姿勢を見せたというので物議を醸しだすこととなり、早速あれこれ言い訳をなさったり、マスコミ報道も世間もかまびすしい。どう落ち着くかは、さておき爺の声など届かないけれど、一言御忠告申し上げたい。
確かに玉木代表の仰る
「反対ばかりではどうしようもない。民主主義なのだから対案を出して議論しなければ。」
というのは、確かに正論に違いがない。ただ現在の政府、国会で議論を始めたら、結局数に物を言わせて国会で質疑応答にはまともにはこたえず、挙句の果ての強行採決、その言い訳にというべきだろう、連立内閣を組んでいる政党がある。民主主義の何たるかをよく理解されていない指導者たちなのだから、議論に応じることすなわち、賛成しますということになってしまうので、このあたりを十分にお考えの上・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年07月25日

何が大事やねん?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
いやぁ、ほんまに訳の分からへん国やで。
朝テレビつけたら、大概の放送局で吉本興業の問題を取り上げとる。芸能ネタやから視聴率をとれるんやけど、国中で大騒ぎせなあかんほどの話題か?せやのにコメンテーターが、あれこれ言うて世論をどっちにもっていこうちゅうんやろか。ほんまにええかげんにして欲しいもんや。
北の将軍様の国が、今朝もミサイル打ち上げたちゅうのに、取り上げ方も偉い少ない。ついでに言うと、昨日梅雨明けでいきなり京都の街が猛暑日やったちゅう話題も影が薄い。毎度のこっちゃけど、マスコミ報道も質が引くなったちゅうこっちゃろ。
例えばや、日韓のWTOでの議論、「大統領が潔白でない!」ちゅうて議会証言しはった特別検察官、福島第二の廃炉に40年、沖縄自民県連の地元紙への圧力、報道せなあかんことはなんぼでもあるでぇ。せやのに、新聞の片隅に載ってるだけやし、新聞よりテレビで報道をちゅう時代なんやから、テレビ報道毅然として欲しいなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年06月29日

我が国の行く末

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
指導者が、大衆からの批判を拒むようになったら、その国は決して良い方向には進まない。このことは歴史が証明している。よく知られているのは、第二次大戦前のドイツや日本。
北の将軍様の国なども同様ながら、こちらはまだ歴史の洗礼を受けてはいない。かくいう我が国だった、総理大臣センセイは、異常なほど批判に対して反応する。政治なんてものは人間がやるのだから、必ずしも最善の選択をしているとは限らないからこそ、大衆やマスコミ報道の批判が大切で、その声を聴きながらかじ取りをしなくてはならないのである。
先に述べたように、我が国の総理大臣センセイは、この声を聴く耳持たず、はぐらかす、恫喝する。これはご本人の自信のなさだろうとこの爺は理解しており、自信がないからこそ聞かねばならないのに、今となってはマスコミ報道は忖度して批判しないし、政権政党の仲間達も見ているだけである。だから歴史の洗礼を受けた何十年か後の評価が気になるところだが、マスコミ報道の方々には、何としても批判し続ける努力をしてもらいたい。日本という国を最悪の国にしたくないなら。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年06月20日

体育の日考

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
またまた大阪弁で書かせてもらう。
朝日新聞の「しつもん!ドラえもん」
「体育の日が、来年から呼び方が変わる。」
ちゅうのんがあって、その答えが
「スポーツの日。その理由は、なじみやすいように。」
ちゅうて書かれたった。
わいはカタカナ言葉を意味もなく否定するわけちゃうけど、この変更は気に入らんなぁ。
わいの親しい友達に、徹底的にカタカナ表現に逆らってるのんがおるけど、時代ちゅうのもあるんで、已むを得ないこともある。せやけど「体育」を「スポーツ」に変えて、親しみが持てるとは思えんし、小中学校の授業「体育」ちゅわんと「スポーツ」ちゅうんか?全く論理がないやんか。
話変わるけど、来年の東京オリンピックに併せて、呼び方変えておまけに来年だけ「スポーツの日」を、七月に移すらしい。カタカナ書きも腑に落ちんけど、オリンピック開催時期に移すちゅうのんも気に入らんなぁ。これも交通渋滞を避けるためちゅうてるけど、本音は国民総動員して馬鹿騒ぎ盛り上げたいからちゃうんか?そもそもスポーツの日(体育の日)と来年のオリンピックは、何も関係ないやろ。確か体育の日は、1964年の東京オリンピックを記念して、全国民の健康増進を図る意味から作られた祭日やろ。せやから毎年、体力測定なんかやって啓発に努めてんちやうんか。来年だけちゅうても、まさか真夏の炎天下で体力測定も出来んし、いやオリンピック中継見てたら、それこそ運動不足になって本来の狙いから外れてしまうんちゃうんか。今の内閣は、平気で長い休み作ったり、休みの日変えたりあれこれ閣議決定したり、全体主義のにおいがプンプンや。ほんまにこれでええんやでかいな。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年05月31日

豚肉じゃないと思えば?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「豚肉じゃないと思えば?」
と、モスリムに告げたというインターネット版の記事をよんだ。そして
「モスリムのことを、知らなさ過ぎた!」
という自己反省の分析も記載されていた。
これはとある日本の会社で、同僚にモスリムがいて食事時だろうか、ふと口をついて出た言葉なのだろうと、推測している。確かに、モスリムに豚肉を食べるよう強要するのは、明らかに間違った行動だろうと確信する。豚肉の摂取を禁止する文言が、彼らのコーランにあることも事実で、子供の頃からそのように教えられてきているので、豚肉に対しては乗り越えがたい障壁のあるのは事実だろう。
それでもとこの爺は考える。
豚肉を受け付けないのは、結構精神的なものであろう。実際わが国でも、明治維新の頃には牛肉を食する英米人を見て気持ち悪がったという話を聞く。それとモスリムの豚肉に対する障壁を同一視はできないけれど、一方モスリムの言う豚肉は体に悪いという論理は全くなりたたない。だから彼らも、豚肉に対する偏見を捨てることができたらよいのになぁと、この爺は考えている。というのも、かつてある晩さん会に招待されたモスリムの友人が、何も考えず飲み込んだという話を聞かされたことがあり、
「気持ちは悪かったけど、病気にはならなかった!」
と、付け加えていたから。宗教上のこういった禁忌は、論理的には無意味に違いない。ついでに言うと、ヒンズーの、牛肉だって・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2019年05月28日

化けの皮

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
先日、全くの偶然で高名なお方のSNS記事に出くわした。
この爺、本質的に理科系とか文科系とかいう括りで縛ることは本意ではないが、それでもあえて言うなら「理科系」の分野で御高名なお方である。現役を引退され、なおかつ国の機関の要職に就かれているお方、園遊会や桜を観る会にも出られたと聞いている、そして出くわしたSNSには、本名で記事を記載されており、何やら文人を気取った雰囲気で内容であった。
「さすがになぁ!」
と一人感服しながら読み進むうち、
「・・・五月・卯月も終わる。」
と結ばれていたのには、若干いや大いに興ざめ。鼻白むだというべきだろうか?
「なんや、背伸びして書いてはったんかいな。無理せんでええのに!」
というのが実感で、そう考えて読み返すと、何やら薄っぺらい内容に思えてしまった。
話は代わるが、西洋花札大統領の「Reiwa One!」にもしらけさせられた。正しくは「Reiwa the first!」というべきじゃないのかなぁ。いやなに、大相撲の表彰式の「表彰状」の話ですが。
背伸びしても、化けの皮が直ぐ剥がれるという話です。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張