2018年10月13日

大学人の研究費2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
科学研究費の申請は12月初旬、採択の可否が知らされるのが次の年の4月初め。といっても大学の事務局の締め切りはさらに一カ月強早くて、10月下旬である。いずれにしても、申請書を仕上げて、採否の結果の出るまでは、針の筵状態に近い。ただ通常は三年から四年の計画で申請するので、一度採択されると引き続いての二三年は、精神的には楽である。
ところで昨日書いた1990年代終わりの頃の科学技術会議の答申がきっかけとなって、2000年代当初には、言うなら「世界に有用する大学を目指す!」だとか、「世界トップの教育を目指す!」とかいった超大型の競争的資金が組まれ、我々も当然応募することになった。ただ科学研究補助金制度とは違い、より大規模なグループを作って、さらに時には大学間の組織を作って応募することとなった。だから組織作り、申請書作成と一二ヶ月は忙殺されることになり、科学研究補助金の申請と併せれば、一年の三分の一近くが「浪費」されてしまうのであった。科学研究補助金はともかく、他のもう二つは採択されなければ大学の価値が下がることになるし、採択されればされたで資金を執行せねばならず、そうなるといくつかの研究室若手スタッフがますます多忙になるというジレンマに悩まされ、獲得するも地獄、獲得しないも地獄と言いう有様だったのである。その頃私は、専攻長を都合5年間も仰せつかり、
「雷の研究なんぞ古い!」
というそしりを受けながら、学科の本流である情報通信や半導体物性の「超大型競争的資金」の獲得に奔走・執行の羽目となったのである。
私自身はもはや教授となっていたからいいようなものの、若手の助教、助教授の方々には本当に良かったのか、悪かったのか、研究者として成長してゆくという意味からは、私は肯定的には考えていなかった。そしてそれは今でも同じなのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年10月12日

大学人の研究費

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
神無月も3分の1が終わった。
日本のテレビで見る天気予報によれば、明日は一時的に「西高東低」の気圧配置となって、急に冷え込むという。早い話し秋本番といったところなのだろう。そしてこの時期になると、冬季雷の観測やオーストラリア・ダーウィンでの観測の準備に忙しくしていたし、一方では科学研究費の申請締め切りに追われ、私自身は二重苦、三重苦の季節であった。それでも科研費は結構頂いた記憶がある。実際大阪大学に1989年に赴任して2013年に定年退職するまで、代表者として科研費の途切れたのは2001年一年間だけだった。それも2000年の12月に教授昇任があり、科学研究費の締め切りと教授昇任のための文書提出が完全にバッティング、泣く泣く研究費申請を諦めたのだから、実質100%の採択律だったという事になろうか?
こんなことを思い出したのは、ノーベル賞受賞が決まった本庶さんが、文部科学大臣に
「科学研究費をもっと出してほしい!」
と直訴したとの記事を見たからで、
「これ以上増やしたら、ますます大学教員が申請書書きに忙殺され、良い研究が出来なくなるでぇ!」
と、摂り越し苦労するからである。
定年退職してしまった元教員があれこれ差し出がましい様ながら、1990年代科学技術会議の、大学研究費(競争的資金)を増額して、世界に通用する研究者を増やすという計画は、大学の若手研究者の雑用を増加させ、本当の意味で疲弊していた時期を知っているからの取り越し苦労。一般論では、かつての科学技術会議の提言も、今回の本庶さんの直訴も間違っちゃぁいないけれど、現実にはますます雑用が増えることになるのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年09月28日

故郷を捨て

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の話題である。
「人は、生まれ故郷を捨てることができるか?」
という命題である。超古い言い回しであるけれど1970年代のテレビ番組の言い回しに
「故郷を捨て、国を捨て・・。」
というのがあった。その後1985年に一年間スウェーデンに留学したとき、当時内戦状態であったレバノンからの難民の家族と親しくなった。何度か家に招かれて食事を頂いたりもしたのだが、その折
「たまには国に帰りたくないのか?」
の質問に、
「命の方が大切だ!」
と言下に否定された。
ただこの話には落ちがあって、2006年か7年に国際会議があってスウェーデンに出向いたら、内戦も終わって、その家族は既に帰国したという事であった。
こういった経験から、この爺はついつい「生まれ故郷」と人との関係に興味を持っている。
先程のレバノン人の知人のような例は、江戸時代の「逃散」という、農民が集団となって国を捨てるという行動にも見ることができる。ただこの例は、「みんなで渡れば怖くない!」的な意味合いもあるので、あまり比較の対象にならないかも知れない。
話を本題に戻せば、この地シンガポール人には、8割程度の中国からの移民がいる。18世紀当時は、欧米列強が有無を言わせず連れてきて、労働力としたらしいとはいえ、今日の彼らの意識は、明らかにシンガポール人で、中国人を嫌いだと言い切る。いやはや不思議である。
明日さらに考えてみたい。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年09月25日

人間的なロボット

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝日新聞・天声人語氏から
今日本では、失敗をしたり記憶が怪しかったりするロボットが設計・製作され、注目を受けているという。そういやぁあのドラえもんも、ロボットらしくない失敗をよくしたっけ。ただドラえもんは虚構の世界のスターだが、天声人語氏の紹介は現実の世界。
そもそもロボットは、決まりきったことを可能な限り正確に、処理するように設計されているのが常識の筈。ただ目的にもよりけりだが、天声人語氏が紹介している様に、子供に童話を語るようなロボットの場合、若干怪しい方が親近感を持たせることができるし、反面教師的な意味で子供の教育にはいいのかも知れない。ドラえもんがそうであるように・・・。よくよく考えてみれば、この爺が影響を受けた、鉄人28号や鉄腕アトムも完全ではなかった。
私事になるが、かつてこの爺が学会で講演をしたとき、特に国際会議などで英語で講演の時には、講演の最中にあたかも「いうべき単語」を忘れたように振る舞って、聴衆からその単語を指摘して貰って、自分の言いたいことが聴衆に伝わっているかどうかを確かめたものである。そんな私を見て、学生の中には、とりわけ良くできると本人が自負している学生ほど
「先生でも上がるんですねぇ!?」
と、からかってきたものである。
天邪鬼のこの爺、
「あれはわざとだ!」
何ぞと弁解をしたことが無い。学生と言えども将来はライバルになる可能性があるのだから、薄情なようながら、全て手の内を明かすのは愚の骨頂と信じていたからである。
このように考えるとき、人間的なとでも言おうか、あれこれ欠陥のあるのも、まんざら捨てたものではない。とはいえボットだけに失敗も誤りも、いつもいつも同じになるのでは意味が無い。たまには間違いなんていうのも、ロボットの中では「さいころ」を振って決めているのだとしたら、いささか興ざめ。というのもそれでは人間的とは言えないから。そこいらへんの設計指針を尋ねたいものである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年09月22日

政治家は清貧であれ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「石破さんがよくやったとは思わない。現に国会議員票が前回より減っているではないか!」
と、例によっての麻生節だそうだ。さらに地方に対しては、
「現総理を応援しなかった地方は、差別を受けて当然!」
といった旨の発言をしていらっしゃるとも聞く。
いやはやとんでもない副総理がいたもんだ。まぁ現政権が似たような方々ばかりだけに、無理のない発言だろう。
理想論と言われようが、この爺は
「政治家は、自分を捨ててこそ!」
との強い思いがあり、総理の夫人というだけで、あれこれ役を引き受けたり講演をしたりという姿勢には問題と信じているし、一方そういった姿勢を容認し、期待する今日の社会にも問題があると、考えている。
子供の頃の年寄りからの教訓ながら、
「善一郎、政治家になったら財産を減らすちゅうでぇ!」
との言葉、未だに耳の奥に残っている。早い話しそう教えられたものだ。
というのも昭和初期の事、祖母方の曽祖父が村長を仰せつかり、疑獄事件に巻き込まれ、最後には政治の世界がいやになって隠棲したそうで、その経験からの教えである。
「政治家は清貧であれ!」
一地方都市と国という規模の違いは認めたとしても、政権政党の政治家のセンセイ方の姿、爺の理想論からは認められない。
だから爺は、若い頃から政治家センセイが嫌いなのである。そして今でも。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年09月03日

日記を続ける工夫

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の朝日新聞天声人語氏から。
日記を続けることの難しさと、それを続けるための一工夫が主題であった。一工夫とは、その日の良いことを、三項目だけ箇条書きに記録することから始めるとあった。ちなみに69歳も余すところ4ヶ月半の爺にとって、昨日の良いこと三項目って何だろう。
この爺天声人語を読んだ時は、
「三項目なら簡単だ!」
と軽く考えた。
1. 久しぶりの完全休養日で、午前11時近くまで朝寝が出来た。
2. 夕方近所のスーパーに買い物に行った時、自転車で風を切る心地良さ
と、ここまではすらすらっと出て来たけれど、その後が続かない。爺ゆえの感受性の鈍化が原因かもしれない。ただこの爺はブログだけでも12年に喃々と続けており、ほとんど抜けが無い。そのコツと言えば、ふとした時間にでも
「今日のブログの主題は?」
と考えるようにしており、つらつら考えれば、
「その日良かったこと三項目箇条書き」
と、根っこのところは同じだろうと気付いた。つまるところ常に考えるという、格好良く言えば不断の努力なのである。だから三項目は
3.朝日新聞・天声人語で得た日記を続けるための一工夫
でも揚げておこう。
小学生の皆さん、夏休みが終わったしまったけれど、夏休みの宿題・日記ってのは無かったですか。鬼が笑うというけれど、来年の夏休みには今日の内容をぜひ役立ててください。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年08月29日

欧米人との付き合い方

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日の話は、決して黄色人種のひがみからではない。
ただ騒ぎも少し沈静化した様なので、爺なりの主張を掲げようと考えた。
実はこの爺、学術関係者の国際的な組織の代表をさせていただいた。この組織は1950年代に始まっており、おおよそ70年の歴史を持っている。任期は一期4年で爺の場合2007年~2015年の間である。この組織には上部団体があり、下部組織の代表になれば、自動的に上部団体の委員という仕組みが出来上がっている。
実は私達の組織が主催する国際会議、4年に一回の割合で開催しているのだが、いろいろなへ経過を経て2007年、2011年と開催されていたところ、米国側の都合で2014年の開催となった。そして代表の交代のための選挙をその際実施し、2015年の上部団体の開催の際委員の交代を報告しておいた。そしてそれを持ってこの爺は退任し、次の代表に託した。そして今年2018年の我々の組織の国際会議で、次期委員の選挙を行ったところ、欧米の委員からこの2018年をもって現代表は退任という声が上がったそうで、メールで盛んに意見交換が行われた。爺は
「現委員は、来年2019年の上部団体の総会までが任期!」
と信じていたところ、
「河崎の横暴で任期を変えるなら、規約変更をしなくてはならない!」
という声まで上がって来たそうで、この爺にしてみれば
「自分たちの都合で、国際会議の開催周期を変えておいて、何をいうてるんや!任期一期4年が我々の規則や。」
というのが本音、ただ当初メール会議は傍観を決め込んでいたら、現代表の立場が全く悪くなってしまった。
「あなたが続けたいから、かってに来年までと主張しているんだろう!」
とさえ中傷されたとあっては、爺も黙ってはおれず、爺なりの主張、といっても
「任期4年が原則!」
を強く申し上げ、さらには2003年以降の国際会議の経緯も書き添えたら、それ以降メールでのやり取りがパタッとやんだ。
といっても爺は全く安心しておらず、
「何かあいつら言い出すんちゃうか?」
と、注意しながら見守っている。
いずれにしても、物申さずにいると欧米の連中は自己主張はきちんとなさる。これは余程親しい間柄でも、いきなり足元をすくわれかねない。ご用心ご用心。
本日はしょうもない話で恐縮。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年08月11日

総括しろよ!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
毎年この時期になると、太平洋戦争の事、原爆の事がドラマの主題になったり、ドキュメンタリで取り上げたりと、本当に多い。原爆の事はともかく、太平洋戦争の総括が未だにできていないからだろうと、この爺は常々考えている。
「戦後73年も経って、総括できていない筈はなかろう。」
と、仰るご常連様もいようが、総括できていないから依然として歴史修正主義者が跋扈しているのじゃないだろうか。
この爺は戦後の生まれながら、あの戦争は無謀な戦争だったと認識している。近隣の諸国にそれこそ信じられないほどの迷惑をかけたことも事実として知っている。ところが歴史修正主義者の緒センセイは、
「そんなことは無かった!」
とうそぶかれる。いや未だに半島の国や大陸の国より、「大和民族は優秀!」と本音で信じていていらっしゃって、ついつい上から目線でものをいわれる。欧米のいわれなき支配から彼らを解き放ったのは、あの戦争をやったからだとも主張される。この爺は、アジアの諸国を食い物にしていた欧米列強が、結果として支配権を断念する契機となったことは否定しない。けれどだからと言って、私達の諸先輩の起こした戦争が肯定されるものではない。
さらに、歴史修正主義者のセンセイほど、今日のアメリカ合衆国を「礼賛」というと大げさながら、盲目的に追随なさっているような気がしてならない。
つまるところ、自分達のしでかした「太平洋戦争」を総括できないから、「被爆」の事も総括できないのだろう。73年も経っているのに、困ったことである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年08月08日

教員の夏の賞与

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
近頃、
「そんなことがあってえぇんか?」
と、声を上げたくなることが多い。その中の一つ、大阪市で学校教員の夏の賞与早い話ボーナスが、統一テストの成績に左右されるという。新聞報道によれば、これは大阪市長殿の差配であるらしく、元大学教員のこの爺としては、全く看過できない暴挙である。
そもそも論ながらこんな事態となっているのは、例の人気集団政党元リーダーの
「私達が選挙で選ばれたのだから、私達の意見が民意である!」
とのむちゃくちゃな論理で、やりたい放題をなさった元市長センセイの流れを、現市長がそのまま踏襲していらっしゃるからなのだろう。しかしこの爺には、信じられない。
確かに教育の場は、子供達にあれこれ教え知識を豊かにし、成長した暁には実り多い人生を歩めるための手伝いをするとともに、さらなる次世代を育める大人として彼らを社会に送り出すことにある。子供時代に成績が芳しくなかろうとも成長して素敵な生き様を見せるものもいれば、神童と言われた者が成長して後、何事もできない場合さえある。だから教育現場に有っては、学業成績だけで判断してはならないのは当然だろうに・・・。
以前にも書いたけれど、選挙で選ばれるというのは
「かじ取りを任せますよ。」
という付託であって、決して
「あなたの思うとおりにやってください!」
という意味ではあるまい。そんなこともご存知ないのなら、そんな市長センセイには困ったものである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張

2018年08月06日

核兵器は許さない!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
広島原爆投下の日。
一昨日少し早い目に、恒例の「生ましめんかな」を掲示した。考えてみるにブログを始めた頃から、毎年の様にこの時期掲示してきている。本来なら著作権に敬意を払わなければならないのかも知れないけれど、あまりにも有名な詩だしという「甘えも」あって拝借を決め込んでいる。というのも、人類唯一の被爆国故、この詩を読めば
「太平洋戦争を終結させるために・・。」
何ぞといった、戦勝国の詭弁を容認何ぞ決してできなくなるから。
今朝の新聞に、マンハッタン計画に参加した科学者の中にも、実際の使用は止めるようにと大統領に進言した人がいたらしいと書いてあった。本当のところは知らないけれど、開発し実験をやってみて、その威力のものすごさを知れば、とても容認は出来なかったろうと想像に難くない。さらには放射線が人体に及ぼす影響なんぞも、現代ほどんでないにせよ、いくらかは予想していたろう。
確かに太平洋戦争の開始は、我が国の奇襲攻撃が発端で、合衆国国民からすれば「だまし討ち」と取りたくなる気持ちも判らないではない。だからと言って、一般市民を対象に核兵器を使うなんぞは、人間のやることではないというのが、私の理解であり持論である。もう20年近く昔のことになるが、ハワイでの国際会議に参加した時、親しい米国人から
「パールハーバーを見に行こう!」
と言われ、
「それなら、広島の原爆資料館も見ようぜ!」
と切り返したことがある。戦後何年たっても彼らの何割かは、原爆投下の正当性を頑として譲ろうとしない。悲しいことである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の主張