2017年09月07日

瞬時電圧低下

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
近畿の168万件で、供給電力の瞬時低下があったとネット新聞で読んだ。
「瞬時電圧低下(瞬低)」と呼ばれる現象で、加古川の変電所で絶縁装置の洗浄中に、その水を通じて電流が大地に流れてしまったことが原因という。考えようによっては落雷と似たようなもので、落雷の場合には大電流による電力装置の故障を防ぐため、早い話各家庭で使っている電気機器も含めて守るため、意図的に大地に大電流を流すのが普通。こちらの場合にも、供給されている電圧が瞬間的に低下し、我々の目には、電灯などのちらつきと映るのが普通である。ただ落雷の場合には、この種の電圧低以下では一般には支障の無いのが普通。というのも落雷の電流はとてつもなく大きいとはいえ、時間的には100万分の一秒程度だから、その間大電流を地面に流して電力供給をその間止めたとしても、供給されている電力の周波数60Hz(もしくは50Hz)と比べても十分短い継続時間で、精密工業や化学繊維工業以外には、全く問題の無い(?)筈である。
しかるに新聞記事の場合、水の流れが地面に繋がっている間電流が地面に流れたのだろうから、一秒や二秒間程度はあったのだろうから、そんなに長い間なら大停電とはならないまでも、新聞ネタとなるような騒ぎになったのだろう。ちなみに一秒とすれば60Hz、二秒とすれば120Hzで、電力供給する側から見れば無視できない時間である。
いささか理屈っぽい話となるけれど、今日の電力供給はインターネットに勝るとも劣らない「網(ネットワーク)」が出来上がっている。というのも電力というのは生鮮野菜に似て原則保存は効かないことから、産地直送販売が原則を実現すべく電力網の中でどの利用者にも原則公平に行き渡る様設計されている。だから今回の加古川のようなことが起こると、運が悪ければ電力網全体が機能しなくなることだって起こり得て、今回は大事故にはならなかったようながら、それが先週だったっかなぁ、東京界隈の大停電が良い(悪いというべきか)例なのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2017年08月23日

室町時代の日向灘地震

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
インターネットで仕入れた知識。
室町時代にあったという(1498年)日向灘地震が、現実には存在しなかったという報告があったそうだ。古文書や物語を丁寧に読み解き、そう結論されたというから、地震学者(自然科学者)だというのに、大変な苦労であったろうと感心する。いや地震学者の中でも過去の地震史が専門の方って、古い地層を調査する方々と、古文書を調査する方々の二グループがいるのかもしれない。
さて1498年の日向灘地震、もはや理科年表にも記載されているそうながら、天変地異による難儀の強調を意図するため「源平盛衰記」の記述を模して、江戸時代初期の「九州軍記」の作者が創作したものらしい。早い話捏造ということなのだろうが、その捏造をもとに1980年代に認定された「日向灘地震」、今後専門家達は、どう裁定を下すのだろうと大いに興味が湧く。
有り難いことにといおうか、あいにくといおうか、雷放電活動に関しては古文書に記載があったとしても、何せ気象は日替わり故、先のような認定はまずされそうもない。例えば、菅原道真公の逸話にしても、どの程度雷活動が政敵藤原家に害を及ぼしたのかを「定量的」に正確に知る由もない。いや実際に被害に遭ったのかどうかも定かでない。我が国民の「判官びいき」が、そんな伝説を作ったのかもしれない。いずれにしても歴史上の雷活動を調べるなんぞ、原理的に無理な話。ただ唯一「雷管石」なんてのが、古い地層の中から時にはみつかるらしいので、これだけは例外であろうが・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2017年07月24日

秋田で大雨

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
日本の話題。
秋田で雄物川氾濫、またまた洪水被害。
つい二週間ほど前は、九州で豪雨・洪水の大被害。確か線状降水帯と物々しく報じられていて、死者・不明者併せて合計50名だったっけ・・・。
そして例年より早めの梅雨明けがあったと思ったら、北に押し上げられた梅雨前線が、今度は東北・秋田で大雨を降らす始末である。
米どころ秋田の洪水は、我々庶民には、
「おいしいお米の値上がりにならないか?」
と心配が先に立つ。
それにである。大洪水の有った九州では、被害に遭わなかった水田に水を送れないといった、皮肉な被害も発生しているようだ。つまり大量の流木が、用水路を完全にふさいでいるというのである。
それにしてもである。これだけあれこれ、豪雨・水害が発生するということは、やはり地球全体が温暖となっているのであろう。そして1980年頃から、温暖化の対策が国際的にも論じられるようになったのに、未だに全然好転していない。それに昨朝のニュース番組でも報じられていた旧聞の、アメリカのパリ協定からの離脱は、トランプ大統領の一存での決定だけに、なんといっても面白くない。
数年前のスイスでの国際会議で、「気象を人工的に制御しよう!」というプロジェクトの呼びかけがあった。あの時は、
「まだそこまで、でけへんやろう?!」
なんぞと考えたけれど、真剣に考えた方が良い時期に来ているのかもしれない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2017年07月23日

酷暑・ブロッキング現象

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「ブロッキング現象により、北半球は猛暑」
そんな記事をネット新聞で見かけたのは数日前。
そもそも、10年か20年に一度ある、超寒波の原因としてこのブロッキング現象の存在を知ったのは、もう20年以上も前の事だろう。私自身、気象学は独学で学んだので知識もいびつながら、それでもあれこれ理解できるようにはなっていた。ただ北極域を周回する気流のブロッキングについては目新しかった。北半球の多くの都市が凍り付いた超寒波が我々を悩ませた年の事である。
少し素人なりの解釈を披露するなら、地球が自転しており、それを取り巻いている大気は、自転に引きずられて、しかしながら自転よりはゆっくりとした速度で追いかける。加えて、上空には結構強い偏西風があり、北極上空から見ると反時計回りの周回運動をしている。極域の高気圧や低気圧の分布と影響しあって、その偏西風を蛇行させることもある。だから反時計回りの周回運動、いくつかコブがあり、随分と南に張り出すコブとむしろ北極に近づいている部分とがある。言葉で書くとなかなか判ってもらえないが、アルファベットのSの字をいくつか繋いだわっかを思い浮かべてもらえば良いだろうか。そのわっかが地球の自転につられて、北極の周りを半時計まわりに回っていて、二週間ほどで一周するのが普通の状態である。だからお天気が、晴れたり曇ったり、暑かったり寒かったりとなるのだが、有る条件が整うとその動きが極端に遅くなり、時には一二週間もほとんど止まった状態となり、それをブロッキング呼称している。こんな状態が冬に起これば、北極からの寒波が一二週間も同じ地域を襲うこととなる。夏ならば、低緯度域からの熱波が、これまた同じ地域に流れ込むことになり、猛暑の夏となるのである。
ただ私は20年ほど前、
「これってわっかが「定在波」になっているだけやん。そりゃあ居座った寒波が動かへんわけや!」
と、私なりの理解をした。今年の酷暑も早い話、同じ具合なのだろう。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2017年07月21日

梅雨明け三日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
「梅雨明け三日」の話題は、実は昨年の梅雨明け頃に書いてある。(筈である。)
ただ歳を経ると、人間くどくなる傾向にあるので、今年もう一度取り上げる。つまり「梅雨明け三日」の意味についてである。
実は二通りの解釈があるとされている。
その一、梅雨が明けると気圧配置が安定になるので、数日間は晴天が続き暑い日が続く。
その二、梅雨が明けたといえども、気圧配置はまだまだ不安定。数日間は急な雨に注意。
と、真逆の解釈が二通りできる。そしてどちらも間違っているわけではない。早い話自然の営みなんて、大まかな傾向は似通っているようでも、微細に至るまで同じというわけではない。ある年の梅雨明けが、太平洋高気圧が大いに発達しての場合、その一となるのに対し、へなちょこ太平洋高気圧の場合、梅雨前線を押し上げたと思ってもまたぞろ戻って来たりすることもあり、その場合にはその二となるのである。そして今年は、多分その一で、暑い7月8月となるのだろう。
ついでながら、「夕立三日」という言い回しもある。こちらは夕立のある日は三日続くことが多いことによる経験則。地球の自転は一日一回、それに引きずらて動く大気は、数日間かかることを、先達は経験的に学習したということなのだろう。
一方ここ数日マスコミ報道をにぎわしている猛暑の原因となっているブロッキング現象、これについては私達の祖先は経験的には学習できなかった。まぁめったに起こらないだけに、繰り返しによる経験が不可能だったというのが本当のところである。
そんなわけで明日は、ブロッキング現象をとりあげようかな?
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2017年07月03日

スーパーフレア

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日朝日新聞科学欄、太陽のスーパーフレアの解説興味深い。
奈良時代にもあったというのだが、その検証は樹齢1900年の屋久杉を用いてとある。その西暦747〜748の年輪について調べ、炭素14の含有量が通常の20倍もあることから推定したというのである。ただこの記事の書き出しが、多分近未来を想定してだろう、SF調で面白い。
「太陽が笑っている。」
その日スモッグを通して太陽を直視できる北京では大騒ぎになった。ぱっくりと口を開けたようなしみが現れたのだ。巨大な黒点の長さは地球の30〜40個分。

これが書き出しで、巨大な黒点出現が、スーパーフレアの予兆というのである。私の理解によれば太陽の黒点は磁極のS極かN極で、だから黒く見えている。そしてフレアとはその局所的な地場構成が崩れ、早い話黒点が爆発して、閉じ込めていた高エネルギーのプラズマを宇宙空間に放出する。その爆発規模は通常のフレアの1000倍とも予想されていて、大量の高エネルギープラズマが地球にも押し寄せて来る。当然地球の磁場は乱され、電力系への被害はもちろん、多くのITや電子機器が故障するかもしれないというのである。実際1989 年には、スーパーフレアではなかったものの、カナダケベック州で送電が9時間止まるという被害も出ている。もしスーパーフレアが起これば、もたらされる被害の修復に最長10年もかかるという試算もあるそうだ。通常のフレアで水爆数個分、数パーフレアはその1000倍との触れ込みだから、さもありなんといったところかもしれない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 09:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 科学一般

2017年06月28日

しつもん?ドラえもん

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
朝日新聞第一面「しつもん!ドラえもん」はここ数日は電気(でんき)編で、はばかりながら本来の専門だけに気にかかる。
今日の問題は、
「120年以上前に売電のために作られた発電所はどこにある?」
というもの。何度か見学にもいったので、これは自慢にもならないが、大いに優しい。
ちなみに解答は、京都市の蹴上、琵琶湖からの水で発電する水力発電所が1891年に作られた、とこれは正確に書いてあった。ちなみに1891年は明治24年である。
昨日の問題は、
「電気を普及させるために電灯を商売にした人は?」
言わずと知れた発明王トーマス・エジソン。このエジソン、我々の年代にはあこがれの一人だったが、今はどうだろう。この人小学生時代は問題児であったといった伝記を読んで感激したっけ。余談ながら、野口英世、シュバイツァー、ヘレンケラー等も、あこがれの対象だった。
一昨日の問題は、
「電気を作るのに、身近なものを使うが何だろう?」
解答は敢えて示さないが、まずはまともな問いであろう。
一昨昨日の問題は
「電気に触れると、びりびりしたり痛みが走ったりする、なぜだろう?」
と、えらく難しい。電流が体内を流れるので、痛点を刺激する。あるいは神経回路に電流が作用する、なんぞという解答は小学生の理解を超えるといってもおかしくない。だからこの爺、この問題は小学生にはふさわしくないと批判的に捉えながら、解答を探してみたらなんと、
「人間の体には、心臓や筋肉を動かすため弱い電流が流れている。必要以上の電気が入ってくると、体が壊れてしまうので痛みで警告しているんだ。」
とあった。誤ったことは書いてはいないものの、この答えって「なぜだろう?」に直接答えてはいないような気がするのだが。
「怪我をすると、痛いのはなぜだろう?」
と問われた場合
「怪我をすると、体が壊れるから痛みで警告している。」
と答えるべきと、ドラえもん氏はいうのだろうか?不正解というわけではないですが・・・。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2017年05月20日

重いおもりを見つける

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
五人のちびっこファンご常連への問題です。
この爺が勤務していたころの同僚が、昨日フェースブックにのっけていた問題で、きっとちびっこにも考えることができるだろうと考え、拝借することにしました。
「見た目が同じ8個のおもりがあり、1個だけ少し重いことが判っている。天秤ばかりでその1個を見つけるには、最低何回測ればいいか。」
というのが問題です。
問題というより、なぞなぞに近い感じがしますが、決して頓智やひっかけ問題ではありません。あえていうと「算数」になる筈です。1年生のちびっこは、ひょっとすると
「天秤ばかりって、何なの?」
と思うかもしれません。もし知らなかったらシーソーを思い浮かべてください。友達と二人で遊ぶとき、体重の大きいほうが下がっちゃいますよね。天秤ばかりはシーソーと同じで、両方におもりをのせて、重いほうを見つける機械です。
「重さが違っていたら、手で持てば判るよ!」
なんていう答えではありませんよ。次を読まずにまず考えてください。

考えてくれましたか。で、答えは?
実は二回です。
やり方は次の通り。
8個を3個、3個、2個の組に分けます。そして天秤ばかりの両側に3個と3個をのせます。もし両方が同じなら、残りの2個に重いのがあるわけですから、次もう一回天秤ばかりを使えば、重いほうが判りますよね。
一方、3個と3個で重いほうが見つかれば、その3個のうち適当に2個を選んで天秤ばかりを使います。2個の重さが同じなら残りの1個のおもりが少し重いということになりますし、2個の一方が重ければ、それが探している少し重いものということになります。
ですからこのようにすれば2回で重いのを見つけることができます。
ということで、今日はちっびっこへの問題でした。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2017年05月02日

直感って?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
中学生棋士の藤井聰太さん、昨日の対局でプロデビュー以来の15連勝を記録した。
「すごい新人が現れた!」
と、マスコミ報道は絶賛している。
藤井さんの活躍を取り上げた何かのバラエティー番組で、プロ棋士とアマチュアに将棋盤を見せたときの、MRI画像の差を紹介していた。素人目にも働いているらしき部位の違いが明確で、プロ棋士の場合、脳の中でも直感の働く部位の活動が活発化している。ただこのように聞くと、何やら誤解をしてしまいそうなので少し書き下すなら、直観が働く部位とは言っても、瞬時にいろいろな可能性を検証しての直感であることは間違いなかろうと思う。私見ながら、プロの棋士たちにはその直感の判断に加え、さらになんて先もの可能性を加味して、次なる一手を選んでいるに違いないというのが、私の理解である。
こんな風に私が理解するのには、私なりの経験がある。
いささか自慢たらしく聞こえるかもしれないけれど、私は物心ついたころから、あみだくじに負けたことは無かった。瞬時とは言わないまでも、あみだくじ全体を眺めると、不思議なことに経路を目で追わなくとも、当たりを読むことができた。そう小学校高学年から、高校卒業するまでのおおよそ10年間の記憶である。最近の若い人たちにあみだくじと申し上げても通じないかもしれないが、ある種の余興もかねてよく用いられたものである。私自身、当たりが見えることを別段不思議とも思わなかったし、決して目で追ってあたりを探していたわけでもない。極端にいうなら1秒か2秒ほど目を凝らすだけで、当たりの経路が太線で示されているように、自然と見えたのである。先日のバラエティー番組の解説を参考にするなら、あの頃は多分直感で判断できる脳の部位が、私なりに活発だったのだろう。あみだくじでよくやるように、最後の一本を誰かが加えるようなときでも、新しい当たりを確実に見ることができた。そんなわけで子供の頃から、あみだくじにはめっぽう強かったのである。
ただ30歳を過ぎた頃だったろうか、名古屋大学に就職して何かの折に、それこそ久しぶりにあみだくじを職場の仲間とやったことがあったのだが、20歳の頃とは明らかに違っていた。そして私は単純に、感が悪くなったのだと判断していたけれど、年齢とも関係して脳科学的に何かが変わっていたのだろう。そして68歳となった今では、目で追う以外あみだくじは全く読めなくなっているのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般

2017年04月17日

卵を立てる2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日の続き、「卵を立てる」はなしである。
昨日のブログを読んで、ちびっこのご常連様がその卵立てに挑戦してくれたらしい。先月末シンガポールを訪問してくださったご家族のお子様方、Mちゃん、Dちゃん、そしてAちゃんの三人である。その模様を母上がLINEメッセージで知らせてくださった。それもビデオメッセージだから感激である。頂いたLINEメッセージによれば、Dちゃんがまず成功、少しおいてお姉ちゃんのMちゃんが、末の妹のAちゃんはどうもうまくいかなかったらしい。ビデオメッセージでは、Aちゃんが最後にはそっぽを向いていらっしゃった。その様子が、これまたいたく可愛かった。Aちゃん頑張れ!
そして夕方今度は、ご近所の姉妹が母上と訪ねてきた。三人組とほとんど瞬時に仲良くなったEちゃん、Yちゃん達である。そして当然のように卵立てに挑戦と相成った。さすがに年少のYちゃんは根気が続かず、ほどなく断念。姉上のEちゃんもなかなかうまくいかない。そのうち母上が負けずとやり始め、少しずつことが分かってきたらしく
「お母さん、あと二分くらいで立ちますよ。」
と予言すれば、果たして二三分程で無事「卵立て」に成功され、三人で大喜びされていた。
IMG_2318.JPG
「卵が立つか?」
という有名な「難題?」は、コロンブスの卵の逸話が有名になりすぎて、立ててみようとする数寄者はあまりいない。だから大多数が卵が自立できるなんぞとは考えない。しかし根気よく取り組んでみると、器用不器用の差こそあれ、必ず自立する。さすがに不安定な自立だけに、風が吹いただけでも転んでしまうけれど、間違いなく卵は自立可能なのである。要は卵の重心を指先で知ることに尽きるのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学一般