2020年09月11日

中秋の名月は?

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
気になるんで調べたら、今年の中秋の名月、早い話お月見は10月1日やって。せやからMooon Cake は旧暦葉月朔日になったら出てくるんやろうなあ。つまり今年は9月17日が旧暦の八月朔日や。シンガポール人のいうてるように、中国本土より彼らの方が伝統守ってるちゅうことが正しかったら、来週にはMoon Cakeが一杯店頭に出てきよるで。ただ今年はコロナ禍中やよって、少し下火ちゅうてもまだまだ警戒中やさかい、Moon Cakeの大売り出しは、今年は無理かもしれへんなぁ。まぁ例年シンガポールの友人達からMoon Cake仰山もらうけど、個人的にはあんまし好きちゃうよって、今年の状況はその点に限って有り難いかな。
そんでや、同じころに日本のお盆の習慣に近いもんがあって、ルールはやっぱしようわからへんけど、道路傍に線香立ててお供えもんしたりするねん。最初の頃尋ねてみたけど、若い子ぉ達からは、あんまし明快な答えが返ってきよらんかった。今年は確かめてみたい気ぃしてるんや。七年もシンガポールに住んでるんやし、もうちょっとこっちの習慣に慣れたい気ぃしてるんや。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年09月08日

強い日射し

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
映画「男はつらいよ」で、フーテンの寅さんが、沖縄で炎天下を歩く下りがあり、その日射しの強さに閉口し、思わず電柱の影に身を隠そうとするシーンがある。
そして
「あのシーンは渥美さんのアドリブで・・・。」
といった解説を聞いた記憶がある。監督の山田さんだったか、あるいは映画解説をされた方だったかは記憶に定かではないが、さりげないアドリブを高く評価されていて、爺なりにそんなものかと感心した。
さて毎日が熱帯のシンガポール。この時期太陽が真上で、日射しの強さは半端ではない。だから信号待ちの交差点では、寅さんと同じように、信号機の柱の陰に入ろうとする若い女性をよく見かける。そんな光景は全く持ってありきたりながら、「男はつらいよ」を、ついつい思い出して笑ってしまう。そんなこの爺を見て、怪訝そうな顔つきで見つめ返されることもあり、
「変な爺だと思われたんかなぁ?」
と、自己嫌悪に陥ることも少なくない。それでもそんなことはついつい忘れ、信号待ちではまたぞろ笑ってしまうのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年08月28日

大歩危したなぁ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日、大歩危した話や。
午後の作業が終わって、4時頃職場を出た。
次の案件が、チョンバルちゅうMRT駅の近くであったんやが、一緒に出た友人が
「善さん、車で送ったる!」
というんや。
ただチョンバル駅の周辺まで車で行くとなると、却って時間がかかるんで
「チョンバルの先の、車が入りやすい駅がええでぇ。」
と少し遠慮して答えたら
「そんならクレメンティ駅が、おいらには都合よい。少しチョンバルより先になるけど、4・5駅戻るだけだから。」
ということで、高速道路を走った。幸い渋滞も無く30分程度で到着。
「善さん、MRTに乗ったら10分程度でチョンバルに着けるから。間に合うよなぁ?」
ということで、私達は駅のタクシー乗り場で別れたんや。
ここまでは、何の大歩危もなかったんやが、ふっと西行きの車両に乗ってしまうた。
習慣ちゅうのはある意味恐ろしいもんや。チョンバルに行くのは西行きの電車ちゅうて、体が覚えてんやろうなぁ。ほんで席に着いて、急ぎ手にした文献を読み始め、10分ほど経って目を車窓に戻したら、見慣れへん風景やんか。
「あれここはどこなんや?」
と、社内の表示見たら、なんとブンレイちゅうから、そこで初めて西行きに乗ったことに気付いたんや。ちゅうことで30分ほど無駄にしたけど、ギリギリ約束の時刻には間に合うて、大歩危も無事セーフやったちゅう話や。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年08月14日

チョンバル駅で

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨日、久しぶりに街中に出かけた。
チョンバルちゅう、いわば下町やな。
仕事仲間との打ち合わせのためや。
普通やったら、どっか近くのホーカーで打ち合わせするところやけど、その仲間が打ち合わせの後、チョンバルの近くで次の仕事があるちゅうんや。
「チョンバル駅のタクシー乗り場で善さんを拾うから!」
拾うちゅうのんはもちろん車で来るちゅう手筈なんや。
そんで、この爺は約束の五分前に約束のタクシースタンドに到着した。
タクシースタンドに一般車が、長いこと停まってられへんやろうし、先についてたら迷惑かけへんと考えたんや。まぁこの国密告文化があるよって、長う停まってて罰金払わされたら気の毒やもんな。
仲間もそこんとこよう心得取って、爺が着いて二三分後に
「三時より一二分遅れるから。タクシースタンドで立っといて。」
と、連絡があった。せやのに三時五分になっても現れよらん。
「時間に厳格な奴やのに、不思議やなぁ?」
と,訝しがっとったらまたまた電話があった。
「善さん今どこや。ほんまにタクシースタンドか?」
ちゅうんで、
「ずっと立って待っとるでぇ!」
と返事したら、
「見えないなぁ。ところで客待ちなタクシー何色や?」
ちゅうんや。
「コンフォートのブルーのタクシーや、その後ろに立ってるんやけど。」
と答えたら、
「タクシーは見えるけど、善さん見えへんで。透明人間になったんか?」
と、阿呆な冗談言いよる。ほんで
「係員が、タクシースタンドに入れてくれへんね。僕の車の前には、三菱の車が停まってるねんけど。」
ちゅうんで、道路側見たら三菱の車や。ほんでその後ろに仲間のホンダ車や。
せやから爺は、道路まで出て手ぇ振り上げたら、
「なんやずっと待っとったんやなぁ!」
ちゅうて、車線変更して道路に出てきてくれやった。
「前の車がブロックして、全然善さんが見えんかった。すまんすまん。」
ちゅう具合に、ちょっとトラブルあったけど、無事会えたんや。
まぁどこにでもある笑い話やけど、当事者には笑い話にはならへんなぁ。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年08月02日

効率悪ぅ!

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今日大凡4か月ぶりに職場に出かけた。
といっても、土曜の午後の出勤(?)である。
同僚が迎えに来てくれたのが午後2時頃で、会社にはすぐに到着。
出向いたのは、懸案の実験をどうしてもやる必要があったから。
ただ段取りが悪く、なかなか実験ができない。
本来なら自分で準備する方がずっと楽だけれど、この国にあっては規則に従わねばならず、私には機械、器具を準備する資格がないのだそうな。
ただ売ったり、買ったりする装置ではなく、動作原理を確認するための実験なのだから、私にだって準備はできるのにという不満が、どうしても消せない。
そんな不満を抱きつつ、待つことおおよそ二時間。
実験の内容はさておき、この国の効率の悪さを再認識した次第。
確かに私の故国日本も、しゃくし定規な点はあるけれど、ここまでひどくなかった気がする。いやひょっとしてこれは、この国の問題点ではなく、私がお世話になっている会社の問題点なのかもしれない。そんなことを考えた土曜の午後である。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年08月01日

葉月朔日

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
葉月朔日
早いもんやなぁ。2020年もあれよあれちゅうてるうちに、もう8月や。
今年は新型コロナウィルス騒ぎで、在宅勤務を強いられてるんやけど、夕方には思い切ってウォーキングできるんで、ある意味却って健康かもしれへん。なんせ5月以降、毎日最低8,000歩、一か月間の一日平均10,000歩を目標にしてるんや。その甲斐あってちゅうべきやろうな、明け方に足がつるのん、随分と減ったでぇ。それに毎日の眠りが深こうなった気ぃするなぁ。
ちなみにや、7月の目標達成できんかった日は、わずか一日や。言い訳やないけど、その日は夕方になって雨が結構激しかったんで、どうしても出かけられへんかったんや。いずれにしても、ええ習慣で来たんで、ずっと続けたいもんや。サーキットブレーカー中は、在宅勤務は終われへんやろうから、8月も頑張りたいもんや。
それにしても月日の経つのんほんまに速い。
あと一か月したら、シンガポールにきて丸七年や。
この七年の間に、いったい何ができたちゅうんや。
若くもないのに、徒労ばっかしやもんで、ほんまに困ったもんやなぁ。若い時の徒労は、そらそれで、ええ経験になるんやが、還暦はおろか古希も過ぎた爺さんが、ええ経験してもどうもならんで。
ちゅうても、愚痴を言うとったらますます悪うなるやろうから、ケセラセラや!
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年07月30日

コロナにデンギ

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
今年6月、7月のシンガポールは雨の日が多い。とりわけ7月になってからは、雨の多さが気になる。フィリッピン沖の海面水温が例年に比べ低いのが原因だそうな。その結果というべきだろうか、七月になってからの台風発生も現時点ではゼロだそうで、こんなことは統計を取り始めて以来初めてだともいう。
余談ながら、これで台風でも発生するようなら、日本の大雨による被害がさらにひどくなったろうと考えるのは、考えすぎだろう。つまるところ、太平洋高気圧がなかなかしっかりしないから今夏の日本の梅雨が長引き、線状降水帯に因る被害が相次いでいるのであって、フィリピン沖の海面水温が高いようだと、太平洋高気圧が張り出してきて、梅雨前線を押し上げることとなっているだろうから・・・。
日本のことはさておき、シンガポールでは、雨天の日が多く蚊が発生しやすいから、今年のデンギ熱の流行、記録的なのだそうだ。すでにこれまでの年間記録の倍以上の人数の感染者を出しているとのこと。その一因として、新型コロナウィルスによる自宅待機も大いに関係しているとの予想もある。確かに公園や駅前の広場なんぞ、雑草がのび放題で蚊も発生しやすそうな時期もあった。それもサーキットブレーカーがフェーズ2となり、ワーカーさんたちによる草刈りも、いつの間にやら実施されている。だから私には、今年多くなっていることとCOVID19の因果関係は分からないけれど、シンガポール保健庁はそう発表している。
この国の徹底しているのは、
「蚊の発生を容易にする不潔な水たまりの責任者は、罰金3000ドル!」
と、例年より1000ドルアップしている点であろうか。常夏の国ながら、雨が多くて涼しい季節には却って蚊が多く発生して、デンギ熱が流行するというから、何やら矛盾を感じてならない。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年05月16日

乾季到来

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
シンガポールは、乾季(モンスーン期)を迎えている。
4月から11月まで、南西から北東に季節風が吹く。そして降水日は比較的少ない。あくまでも、比較的ながらである。さらにこの辺りの降水は、当然のことのように雷様を伴う。雨季に当たる11月から3月の間は、もちろん雷雨日は多いけれど、これから半年間だってあまり少なくもない(そうである)。
さて厄介なのは南西からの風は、スマトラ島からのヘイズを運んでくることである。依然として焼き畑農業を続けているインドネシア・スマトラ島からの「煙」である。一番ひどいのは9月から11月にかけてだが、今の時期もわずかながらヘイズ禍はある。そう考えているせいか、今朝もかすかにヘイズのにおいを感じた。とはいえ、まだまだ空が灰色にといった具合にはなってはおらず、夕方には青い空に入道雲が浮かび上っていて、青と白のコントラストが、とりわけ強烈な感じであった。これこそまさに乾季である。
「このまま、ヘイズが深刻になる季節が来なければよいのになぁ!」
というのが本音なのだが、叶わぬ望みにまずは違いない。
IMG-6645.jpg
ともかく今日の入道雲を、お楽しみください。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年04月20日

Covid19 in Singapore2

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
昨夕、NHKのニュース解説番組を見ていて、驚いた。
新型コロナの発症数を、台湾とシンガポール両国で比較して、
「台湾はうまく抑え込んでいるが、シンガポールはうまくいっていない。」
という内容で報じていたのである。
さらにはその理由として、
「シンガポールの取り組みが甘い!」
ことを、根拠として挙げていたのだ。ただ現地に住んでいる私から見たら
「取材した記者さん、全然判っていないなぁ!」
といった感が、否めない。それはこのブログの内容を、理解して頂ければ合点が行く筈であるが、敢えてもう一度。
確かに二月時点では、マスクの着用推奨や、繁華街の夜間営業等に関してはあまり厳しくなかったのは事実。ただ3月の声を聞く頃から、バー、スナックの営業休止が推奨され、そして4月の声を聞いてからは、原則Work From Homeが徹底されている。さらにはマスクなしで歩くと罰金300ドルが科せられるし、厳しさはなかなかのものなのである。その結果、通常のシンガポール人の発症数は一昨日など全発症数のわずか2%程度で、残りの98%は近隣諸国からの出稼ぎ肉体労働者層なのである。かかる意味で、私個人としてはシンガポールは抑え込みに成功していると理解している。取材した記者さんと、話してみて真意を確かめたいものである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活

2020年04月19日

Covid19 in Singapore

⇒⇒⇒⇒⇒ 投票を願います!
シンガポールのコロナ禍の現状を話したい。
昨夜真夜中に入った情報によれば、4月18日の発症数が942名だという。シンガポールの総人口560万名程度で、日本の人口の20分の一程度。それが日本の一日の発症数と同程度と考えれば、確かに多いことになる。総発症数も、日本では10,000名程度で、シンガポールは6,000名程度程度だから、これらの比較からもシンガポールが多いという印象が強い。
数だけ見れば、その実感は間違ってはいない。
ただ発症数の内訳は、帰国者0名、国内シンガポール人14名、永住権所持者6名、就労ビザ及びその家族2名の、合計22名、だから大した数ではない。ところがシンガポールが建築・建設現場の肉体労働力確保のために居住を許可している近隣諸国からの「低所得者層」の発症数が893名(日本のかつての飯場相当のドーミトリーに居住)、ドーミトリー以外に居住27名の合計920名で、なんと97.6%を占めているのである。普通のというと適当な言い回しでないかもしれないが、それでも敢て「普通住民」の発症は2%強なのである。これをどう考えるかは、難しい問題ながら、シンガポール政府が規制を厳しくした結果、発症数がかなり限定され、あまり居住環境の良くない生活を強いられている、出稼ぎ外国人に集中してしまっているのである。
そしてこれが、私の実感なのである。
lanking.gif
クリックして投票を!


posted by zen at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活